【2829】160403 WE-308の補修&タンテシート製作&SME3009の補修?・・・(^^; 

いやあ、無知でも弄れるレベルに故障したジャンク品ってのは・・・干乾びたキリギリスでも、物欲も工作欲も満たせて・・・その後の実運用にも使えるって言う救世主のようなお宝(^^;

ってわけで・・・昨日の今日ですが・・・再び補修のお話しを・・・(^^;

えっと・・・ますは、掘り出し物プレーヤーのトーンアーム・・・

アームリフターが、ストンって下降しちゃうんですよね・・・(滝汗

で、画像を撮るのを忘れちゃったんですが・・・

トーンアームをDK-100から取り外して・・・トーンアームからアームリフターを取り外して・・・って、後で気付いたんですが・・・トーンアームを外さなくても、アームリフターだけ取り外すことが出来たんですね・・・(滝汗

で、取り外したアームリフターを見ると・・・底にネジ式の蓋があって・・・道具が無いので外せないかな?とも思ったんですが・・・

試しに、クリップを伸ばして、Uの字にして・・・蓋に開いた2箇所の穴に差込み・・・ラジオペンチでこのU字クリップを回すと・・・おお、何とか蓋が開いた!(^^;

で、リフターのアームを固定しているバネワッシャ?を外して・・・リフター部分を分解して・・・古いグリスをふき取って・・・300000番のシリコングリスを補充して・・・

再び組み付け・・・底の蓋をして・・・トーンアームに戻して・・・

【アームリフターの下降がスムーズに】
2829-01アームリフターがスムーズに

お!・・・アームリフターの下降がスムーズになりました!・・・(^^;

で、おつぎは・・・DP-3000のプラッターは、中央部が盛り上がってて、フラットじゃないので、普通のターンテーブルシートが使えない・・・

なので、パイオニアのバラックプレーヤーで使ってた、ViV Labのリムサポートのターンテーブルシート?をDP-3000で使うことに・・・と言うのも、このターンテーブルシートは、裏にケブタフェルトシートが貼ってあるので、DP-3000の中央の盛り上がりにターンテーブルシートが干渉しないのです・・・(^^;

で、その結果・・・パイオニアのバラックプレーヤーで使うターンテーブルシートが無くなってしまった・・・(^^;

ってわけで・・・これ用のターンテーブルシートを製作することに・・・

【オーテクのセラミックシートとケブタフェルト】
2829-02オーテクノセラミックシートとケブタフェルト

材料は・・・酒仙坊さんからお借りしたオーディオテクニカのセラミックのターンテーブルシートと、ケブタフェルトシートをチップにしたもの・・・

【ケブタフェルトチップでリムサポートに】
2829-03ケブタフェルトチップでリムサポートに

ケブタフェルトチップを外周に等間隔で貼り付け・・・レコード盤のリムを保持させる・・・

【新シートの完成】
2829-04パイのバラックプレーヤーの新シート

ってわけで・・・パイオニアのバラックプレーヤーのターンテーブルシートを、ケブタフェルトチップによるリムサポート式に・・・\(^^)/

で、おつぎは・・・これまた同じくアームリフターの補修・・・(^^;

【SME3009の補修】
2829-05SME3009の補修

SMEの3009を・・・分解ついでに、あちこち清掃も・・・

【まずは分解】
2829-06まずは分解

分解して・・・アームリフターを取り外し・・・

【アームリフターの分解】
2829-07アームリフターの分解

アームリフターの蓋を開け・・・中のグリスを清掃・・・リフトのレバーも取り外し・・・古いグリスをふき取って・・・グリスアップ後、再度組み付け・・・

リフター部分に300000番のシリコングリスを充填して・・・ドライヤーで過熱して空気抜き・・・で、1時間ほど放置して・・・蓋を閉めて・・・出来上がり(^^;

【アームの分解清掃】
2829-08アームの分解清掃

で、おつぎは・・・アームの軸受部分・・・エッジ周辺を分解して清掃・・・

【アームとリフターの動作確認】
2829-09アームの動作確認

でもって・・・再び組み付け・・・アームとリフターの正常動作を確認・・・

ほんの少し、レバーの動作に引っかかりがありますが・・・まあ、いい感じ!・・・(^^;

【バラックプレーヤーの補修完了】
2829-10バラックプレーヤーの補修完了

ってわけで・・・バラックプレーヤーの補修も完了し・・・

今日のお話しは、これにてお終い・・・(^^;

で、あすは・・・またまた、息抜きネタ?・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2913-543d7bd9