【2827】160327 実家からの帰りに掘り出し物を拾った?!・・・(^^; 

さて、完全な息抜きネタ・・・鬱憤晴らしのポチで入手したワンコイン盤を、自作超音波洗浄機に水の激落ち君混じりの水を入れて洗っては聞き・・・(^^;

メインSPのユニットの弄り過ぎで駄目にしたつけは大きく・・・ダンパーの硬化や軟化のチューニングを必要とする始末・・・

ま、そんな駄目駄目システムを騙し騙し?使いつつ・・・このところ、何かと実家へ戻らないといけないことが多くなり・・・

実家の2階の筒抜け部屋の、10cmフルレンジFE-108EΣの桐箱「乙」くんシステムで、空間の再現性や音のバランス、お音触を確認しては、大阪に戻り・・・

大阪のメインシステムの立ち位置?健康状態を確認するって日々を送っているわけで・・・

で、この日も実家へ戻って・・・でも、残念ながら時間が足りなくて、音は何も聞かず仕舞い・・・で、その帰りに・・・いつもの寄り道を・・・

ここでは、基本的にガラクタ漁りが中心で・・・っと言うのも、干乾びたキリギリスには、いわゆる中古品の棚のものには手が出ない・・・(滝汗

ってわけで、この日は、レコードコーナーへ立ち寄り・・・

【この日の収穫】
2827-01この日の収穫

ハハハ、懐かしの因幡晃のアルバム・・・何か言い忘れたようで・・・勿論、300円盤です(^^;

で、これをかみさんに渡して・・・レジに行ってもらう間に、σ(^^)私は、ちょっとトイレに用足しに・・・

っと、ジャンクコーナーにふと目が・・・あれ?!(@@;

ダストカバーが割れてるけど・・・DENONのDP-3000をDK-100に入れて・・・SAECのWE-308を付けたターンテーブルが・・・そして何と!・・・オーテクのオートアームリフターが!

電源入るが動かないとのコメントが入った値札には、5Kと記されてる・・・ええっ!(@@;

ちょっと待ってよ!・・・オーテクノオートアームリフターだけでも、中古価格は1諭吉近くするよ!・・・それにSAECのWE-308だって、数諭吉はするはず!

これはとんでもない掘り出し物!・・・ビックリ!(@@;

ってわけで、慌ててレジにいたかみさんに、待ったをかけて、これも追加!(^^;

で、大阪の自宅に戻って・・・改めて確認・・・

【ダストカバーは割れてるけど】
2827-02ダストカバーは割れてるけど

確かに、ダストカバーは割れてるけど・・・

【オートアームリフターとWE-308】
2827-03オートアームリフターとWE-308

オーディオテクニカのオートアームリフターとSAECのWE-308が付いている!・・・

【アームレストの樹脂クリップが折れてる】
2827-04アームレストの樹脂クリップが折れてる

ああ、アームレストの樹脂クリップが折れてるなあ・・・ちょっぴり残念(^^;

でも、アームの動作はガタも無く、問題はなさそう・・・(^^;

ってことは・・・後はターンテーブルが回りさえすれば・・・

【トランジスタの足を磨いて】
2827-05トランジスタの足を磨いて

で、早速ターンテーブルを取り外し・・・分解して・・・制御基板のトランジスタの足をピンセットで磨いて・・・無水アルコールを付けた綿棒で拭き拭き・・・

でもって、電源入れてみると・・・おお!モーターが回った!(^^;

【再度組み立てて動かすと】
2827-06再度組み立て動かすと

ってわけで、再度DK-100にDP-3000を組み付けて・・・プラッターを乗せて動かすと・・・

おお!・・・ちゃんとストロボメーターが33rpmも4rpmも、多少ダイヤル調整すれば固定されるみたい・・・\(^^)/

なので・・・手持ちのフォノケーブルを繋いで・・・レコードをかけてみると・・・

【レコードもちゃんと鳴る!】
2827-07レコードもちゃんと鳴る!

ななな・・・なんと!・・・ちゃんとレコードも鳴る!・・・ビックリ!(@@;

たったの5Kで、結構ちゃんとしたプレーヤーが手に入っちゃた!(^^;

いやいや、これはちゃんとメンテすれば、メインプレーヤー2号機・・・1号機はPro-Jectのカーボンアーム9cc付きの6.1プレーヤーがあるので・・・(滝汗

ってわけで・・・ちょっとビックリ!な、掘り出し物を拾ったお話しでした・・・(^^;

で、明日は・・・このメンテの話に・・・

ま、そのまんまだけど・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

サエクのアーム

WE-308ですか。懐かしいです。いっとき軽針圧のMM用に使っていましたが、ダブルナイフエッジの調整がクリティカルでした。その後、重量級のMCが増えましたので、オーディオクラフトのオイルダンプに交換し、FR-64Sと併用してきました。ガラード401に付いてきたSMEも含めてアームの経験は4機種で、アナログ全盛期の良い時代を経験しました。先日O氏秘蔵のアントレEC-45、Ikeda 9、FR-7fzなどを聴かせてもらいましたが、現行機種にひけをとらない魅力的な音を聴くことができました。

Re: サエクのアーム

酒仙坊さん、コメントありがとうございますm(_ _)m
おお、やはりお使いでしたか!(^^;
ナイフエッジ部分の分解確認と清掃をやってみたいところですが・・・今のところ、ご機嫌に動作しているので我慢しています(^^;
そのうち、不備を感じるようなことがあるか・・・興味が我慢を勝るようになれば・・・やっちゃうかも?(^^;
最近、ようやくアームと言うか、カートリッジの水平調整で、思いの他、音が大きく変わることを体験し、あれこれ調整して楽しんでおります(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2911-3351fe0d