【2826】160326 この日の収穫?&洗っては聞き・・・(^^; 

さて・・・タイムスタンプの通り、日々の生活は、年度末の超輻輳状態で・・・連日帰宅も遅く、帰宅後もヘロヘロで、オーディオに向かい合う余裕はなく・・・

結局、鬱憤晴らしのワンコイン盤のポチが止まらず・・・(滝汗

で、この日届いたのは・・・こちら・・・

【この日の収穫】
2826-01この日の収穫

残念ながら・・・ワンコイン盤が無くて・・・ちょっとワンコイン+αですが・・・(汗

と言うか・・・少々気になるのは・・・アナログが再燃?しているのか・・・じわじわと中古相場が上がってきているような気がすること・・・

特に、Jazzは全般的に・・・クラシックは名盤中心に・・・ジャンク盤でも、ワンコインでは入手出来なくなってきた・・・特に、ジャケに見覚えのある盤は、結構上がって来てるように感じるのは、気のせい?・・・お願いだから、これ以上、上がらないで~!(^^;

っと、それはさて置き・・・この日の収穫は、先の画像の4枚で・・・

【勿論、洗っては聞き】
2826-02洗っては聞き

今回、久しぶりに、洗う前に一度聞いて・・・自作超音波洗浄機で洗ってから、もう一度聞いてみました・・・(^^;

で、まずは・・・キースジャレット・・・なんですが・・・ちょっとジャケットが、イメージと違うと言うか・・・タイトルも生と死の幻想・・・ちょっと変わってるなと・・・

でもって、聞いてみると・・・うん?・・・いきなり民族音楽的パーカッションで・・・音的にもちょっと曇った感じ・・・あれれ?・・・

と、ジャケットを見返すと・・・impulsee!東芝EMIって・・・あれれ?ECMじゃないんだ・・・だからなの?・・・期待した透明感と空間の響の広がり・・・が、全然無い(汗

何だか、曇った感じで・・・で、自作超音波洗浄機で洗ってから、再び聞いてみると・・・

ハハハ、残念・・・確かに、プチパチが全く無く、静かな中から演奏が聞こえるようになって・・・ちょっぴり、抜けがよくなったけど・・・やっぱ、曇った感じは拭えない・・・(汗

で、おつぎは・・・本田竹曠トリオのジス・イズ・ホンダ・・・帯を見るとスイングジャーナル氏の1972年度のジャズディスク大賞で、最優秀録音賞を受賞って書いてて・・・菅野録音ってことのようで・・・

ああ、なるほど・・・どの楽器もオンな録音ですけど・・・響を上手く合わせてて・・・実体感のあるクリアなスタジオ録音って感じで・・・でも、今時からすると、ちょっと中高域の抜けがもうひとつって感じで・・・

で、自作超音波洗浄機で洗ってから、再び聞いてみると・・・まあ、少し中高域の曇りが取れ、よりSN感の高い背景から演奏が浮き上がって来る感じに・・・

ただ、これだけのトピックス・・・菅野録音でジャズディスク大賞の最優秀録音賞・・・なのに、ワンコイン+α程度で入手できるのは・・・ってのが、何となく分かる感じ・・・演奏空間への没入感が薄いというか・・・熱気が薄いというか・・・演奏も録音も技巧的に感じてしまうと言うか・・・っと、でもB面は、演奏が盛り上がって、次第にご機嫌に・・・ひょっとすると、再生環境がちゃんとしてれば、素晴らしくなるんじゃ?・・・どっちやねん!(^^;

で、おつぎは・・・デビッドマシューズオーケストラ?・・・マンハッタンジャズクインテッドではないんですね・・・と、グローバーワシントンジュニアとアールクルーのセッション・・・ま、フュージョンってことですね・・・

これは、元から期待通りに気持ちのいい音・・・自作超音波洗浄機で洗って、再び聞いてみると・・・おお!意外にも、この盤の抜けのよくなり方が、一番大きかった!(^^;

ま、元から中高域がたっぷり入ってたのが、洗浄でよりスカッと出るようになったってことしょうかね?・・・(^^;

で、最後は・・・本田竹彦の魅力ってアルバムで・・・これまた、菅野録音、本田竹彦(P)、渡辺貞夫(AS)と、豪華なメンバー・・・

おお、こちらは、凄く力強く熱い演奏!・・・先の菅野録音より、更にオンでクリアな録音・・・こっちの方が、σ(^^)私的には気持ちいですね!・・・

で、自作超音波洗浄機で洗って、再び聞いてみると・・・これは、やっぱり凄くいいんじゃないでしょうか?・・・非常にダイナミックレンジの広い録音で・・・その細かなところから、めっちゃ力強いところまで・・・しっかり演奏の熱気が伝わって来る・・・

ひょっとすると、ゴリッとした感じや、溜めや熱さを色濃く出すカートリッジで聞いたほうが、もっと気持ちいいのかも?・・・

ま、今後そんな聞き方もしていきたいなあって思った次第でした・・・

ってわけで、これと言った話題も無く・・・今日のお話しは、これにてお終い・・・

明日は・・・またまた実家へ帰って・・・えっ!って話・・・ハハハ(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2910-46718da2