【2822】160319 SPユニットの再チューニング?・・・(^^; 

って、違うやろ!(^^;・・・単なる修理やろ!(^^;・・・ハハハ、その通りで(滝汗

いやはや、なんだかんだで、しばらくは、持ち応えていたと言うか・・・半ば無視していた(滝汗・・・拙宅の情けない音・・・

ダンパーを弄ったことで、バランスを崩したメインSPのユニットですが・・・そもそもは、クラシック向き?な繊細で緻密なツイーターが物足りなくて・・・

シンバルやタムやギターの金属弦がちょっぴりはガツンと、バキバキと鳴って欲しくて・・・足掻いていたころに・・・ダンパーに塗り物しちゃって・・・

で、それを全ユニットにやっちゃったもんですから・・・パリッとカチッと鳴るべきスコーカーも曇り勝ち?・・・ウーファーに至っては、ガバガバユルユル・・・(滝汗

ってわけで・・・これに関するお話しは、もう何度書いたかさえ分からないほど・・・

ま、ユニット交換か修理ってのが本来の答えなんでしょうけど・・・追い討ちをかけるように、過程の事情?・・・子供の成長・・・教育費の増大・・・結果、干乾びたキリギリスに・・・

ハハハ、もうすねは痩せ細り・・・首も回らない状態で・・・ハハハ(^^;

ま、それゆえ、自力で何とか聞けるように・・・出来なきゃ、自業自得と諦めるしかない・・・そんな事態を打開すべく・・・ダンパーに硬化剤を塗ったり・・・やり過ぎて軟化剤を塗ったり・・・行ったり来たり・・・

それとは別に、高域偏重だった聞き耳も・・・次第に中低域、低域を求めるように・・・

結果、システムのチューニングも何だか、分けの分からない状態に・・・

っと、その辺りの不満・・・ま、お出かけして、音友達のお宅で、あまりに素晴らしい音楽を聞かせていただくもんですから・・・そのギャップを埋めることも難しくて・・・

いつしか、なるようになれ?・・・ってな諦め混じりの自暴自棄?・・・(^^;

ところが・・・そうこうしているうちに・・・ヒモのぶっとびサウンド体験から・・・急遽、ヒモ族入信・・・勢い余ってアナログ盤も聞くように・・・

と、出ないと諦めていた、音の芯・・・空間の雰囲気が・・・極めて少ないながらも、感じ取れるほどに・・・(^^;

って、これは、システムのパフォーマンスに変化があったわけではなくて・・・音源側にその要素が色濃く入っているので・・・ヘボなうちのシステムでも、感じ取れただけなんですが・・・ま、そのお陰で・・・悪阻様のお宅で聞いた、あのイメージ、このイメージ・・・その片鱗を思い起こすことが出来るように・・・ハハハ、脳内変換、プラシーボの世界(^^;

ま、何はともあれ、自衛手段が身に付いたわけで・・・しばらくは、根本的な問題は抱えたままながら・・・音楽を聞くことでの不満は、我慢できるレベルに収まってたと・・・(^^;

ところが・・・いつ頃からか?・・・気が付くと・・・何か、音数減った?・・・音が飛んでこない?・・・音楽が死んでる?・・・ちっとも楽しくも、熱くもない・・・あれれ?

ちょっと、あまりのお粗末さに・・・ちょっと愕然・・・大汗り・・・

何で、こうなっちゃったの?・・・さすがに、脳内変換のトリガーを見つけても、ここまでしょぼいと・・・ハッピーにはなれない・・・ガクッ_| ̄|○

で、あれこれ考え・・・やった悪戯が・・・マルチアンプ駆動への再チャレンジ・・・グライコでの、矯正的なイコライズ・・・

しかし・・・やっぱ、根本的に・・・音が飛んで来てないものはどうしようもない・・・

ってわけで・・・あれこれ考え・・・たどり着いた結論が・・・ダンパーが、また硬化し過ぎてるんじゃない?ってこと・・・

低域は滲まないけど、量も無い・・・これにつられるかのように、他の帯域もフン詰まり感があるし・・・

【ダンパーに軟化剤を】
2822-01ダンパーに軟化剤を

で、またまたやりました・・・ダンパーの軟化・・・

でもって・・・しばらく聞いてますが・・・ちょっぴりは緩んだ気も・・・出音もストレスが減ったような気が・・・ほんとは、緩くならずに量が出て欲しいんだけど・・・(滝汗

ま、しばらく様子を見るしかないので・・・

ってわけで、今日のお話は、これにてお終い・・・なんじゃそれ?ですが・・・

ま、いいかげんなσ(^^)私のオーディオなんで、こんなもんです・・・(滝汗

で、明日は・・・相変わらずの息継ぎネタ・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2906-325d5236