【2817】160312 M2TECHフォノイコ試聴会(2)・・・(^^; 

おお、話題が中断するが・・・インフラノイズの4/22のブログ記事が気になったので(^^;

リベラメンテシリーズで、デジタル音源の音楽としての質の確保に腐心されてきたわけですが・・・以前は、あまりその対比先が明確な言葉にされていなかったような印象があるのだが・・・このところ目指す音楽の質が、確実に明確化されて来たような気がするのですが・・・

え?単にσ(^^)私がそこに興味を持つようになって来たから、そう思うだけ?(^^;

ま、それはどっちでもいいんですが・・・この数年で、もっぱら世の主流とは逆行してきた(既に若い頃に充分体験された方々からすると、何を今更なのかも知れませんが)・・・σ(^^)私的には、このブログの記事は・・・ああ、やっぱりそうなんだ・・・と言う内容で・・・(^^;

ああ、アナログマスタークオリティのサウンド・・・もっといろいろ体験してみたいなあ(^^;

何て、毎度の寄り道は置いといて・・・昨日のお話しに戻りましょう・・・(^^;

さて・・・酒仙坊さんにお誘いいただいた・・・M2TECHの新製品・・・デジタルフォノイコライザー兼A/Dコンバーター「Joplin MKII」ってやつの試聴会・・・

開始前の、プレ試聴?では・・・今一つの違いでしたが・・・さて、本番は?(^^;

【この日のシステム】
2817-01この日のシステム

M2テック デジタルフォノイコライザー Joplin MKⅡ
M2テック D/Aコンバーター YOUNG-DSD
ZYX MC型カートリッジ R100YATRA
ラックスマン ベルトドライブプレーヤ- PD-171A
ラックスマン プリアンプ C-900U
ラックスマン パワーアンプ M-900U
B&W スピーカーシステム 802D3

というわけで・・・まずは、当日のメイン機器であるM2TECHの「Joplin MKII」についての技術説明が、ディーラーの担当の方から説明が・・・

っと、これがかなり細かくて・・・1954年ですか?・・・統一されることになったものの・・・各レコード会社とも、表向きは同意しつつも、実体は・・・ってな話が盛り沢山で・・・

で、途中、痺れを切らした参加者の様子を見るに見かねて、ショップから・・・技術的な説明は、試聴会の後でやればいいから、早く音を聞かせて!って・・・ハハハ、さすがに30分も音無しで説明ばかりってのは、ちょっと顰蹙ですね・・・(^^;

でも、どうやら、この後をオーディオライターの田中伊佐資さんが担当されるので・・・元々音は、田中さんに任せて、前半は説明のみって予定だったみたいですね・・・(^^;

ってわけで・・・超長~い説明が終わって・・・田中伊佐資さんにバトンタッチ・・・

【後半は、田中伊佐資さんが】
2817-02田中さんの講演

で、田中さんからは・・・難しい話でしたが、どんな凄い理屈あったとしても・・・結局、音を聞いて全てって話に・・・(^^;

と言うことで・・・冒頭にクラシックでのカーブの違いを聞き比べてたので・・・最初は、エヴァ・キャシディをと・・・

【エヴァキャシディのナイトバード】
2817-03エヴァキャシディのナイトバード

20年記念でやっと出たアルバム、ナイトバードのレコードから、フィールズ・オブ・ゴールドを再生された・・・

おお、雰囲気いいですね・・・柔らかで、滑らかで・・・ただ、これってアナログ録音なんですかね?・・・SN感や音の透明度とか、響の広がりは非常にいいんですが・・・音像が少し大振りな気がするのと・・・奥行きと言うか、前後感が、少し寂しい感じで・・・デジタル音源のような雰囲気が・・・

って、どっちにしても、A/D変換して、もう一度D/A変換してるんだから・・・PCM的な要素がどこかにあってしかるべき?・・・(^^;・・・と、それに・・・1990年代録音で2016年プレスってことなんで・・・・

で、田中さん・・・実際にこのJoplin MKIIを、ご自身でも購入されたとのことで・・・

【クリスチャンマクブライドトリオ】
2817-04クリスチャンマクブライドトリオ

こんども・・・新しい録音で・・・クリスチャンマクブライドトリオのヴィレッジバンガードライブから、チェロキーを・・・去年、グラミー賞のベストソロ賞をとったそうで・・・

おお、なるほど!・・・これは凄い演奏!・・・ライブの拍手も生々しいですが・・・ベースのブンブン感がもの凄く、ドラムの生々しさもドキドキものですね!・・・ピアノがわざとらしくないので、余計に作った音じゃないって真実味があります(^^;

いやあ、ずっと聞いていたかったんですが・・・時間の関係で、途中までで・・・残念(^^;

と、田中さんが・・・いわゆるオーディオファンが喜ぶ音って言うのではなくて、ビレッジバンガード込みの音で、ちょっともわ~っとした感じもあるし、ピアノのキレがいいかって言うと、そんなでもないんだけど、クラブで聞いた時のそのままの雰囲気がよく取れているんじゃないかな?って言う感じで受け取っていますと・・・

おお、なるほど!・・・仰ること、よく分かります!(^^;

じゃあ、ここでカーブの違いって言うのを行きますかねと・・・

っと言うことなんですが・・・今日はここで時間切れ・・・

なので、つづきは明日に・・・ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2901-10318724