【2812】160306 STUDER C37の復活への道(2)電源入った!・・・(^^; 

いやあ、まさかこういう展開になるとは・・・これっぽっちも思ってなくて(汗・・・でも、Gabacho師匠の布教活動の影響は、お江戸の方にも飛び火しておりますので・・・(^^;

えっ?・・・いや、おそらくσ(^^)私がお聞かせしなくても・・・遅いか早いかの違いだけで・・・きっと、そう言う巡り合せになったと思いますよ・・・(滝汗

ってわけで・・・一部の音友達からは・・・

【2718】151206 Ray邸ヒモ聴き会(STUDERの確認)前編・・・(^^; [2016/01/16]
【2719】151206 Ray邸ヒモ聴き会(STUDERの確認)後編・・・(^^; [2016/01/17]

これが原因だと言われているんですが・・・これは、単なるきっかけであって・・・この巡り合せは必然だったんだと思いますが・・・(^^;

ま、それほどのインパクト、魅力のあるサウンドだったということで・・・

で、必然の巡り合せとなった、かめきち邸でのSTUDER C37の復活作業・・・おもむろに、制御部の設置が行われ・・・外されていたケーブル類が繋がれて・・・

っと、さらっと書いてますが・・・実際には・・・トップがメンテ用に開くことが出来て、その開閉をサポートするため、油圧ダンパーが装備されていることに驚き・・・

回路図を確認しながら、トップ裏面の制御ユニットから、フレーム下部に並ぶユニットへのケーブルを接続して・・・あれ?このキャノン7ピンだ・・・7ピンなんて、巷にほとんど無いぞ・・・どうしょう?・・・なんて焦ったら、コンソールボックスのVUメーターの方に相方があって・・・いやあ、よかった!・・・なんてドタバタとか・・・

っと、Gabacho師匠が・・・この機材は220Vの50Hzだけど・・・電源はどうなってるの?って話から・・・電圧は、コンソールBOXの方にありますよってことが・・・

【コンソールBOXに昇圧トランスが】
2812-01こんそーるBOXに昇圧トランスが

で、周波数は・・・かめきちさんから・・・EMTのプレーヤーに使っているので、変換機がありますよってことが・・・ほっ(^^;

でもって、話題はちょっと脇道へ・・・西はアメリカから発電機を導入して・・・東はヨーロッパから導入したから60Hzと50Hzに分かれたんだそうで・・・

ま、そんな話はさて置き・・・それじゃあ、コンソールBOXの方へ乗せましょうかと・・・

【台車にコンソールBOXを乗せて】
2812-02台車にコンソールBOXを乗せて

で、後々の移動を考えて・・・まずは、台車の上にコンソールBOXを乗せて・・・

【フロントパネルにカギが】
2812-03フロントパネルのカギが

どうやって乗せるんだ?・・・あ、フロントパネルにカギが・・・で、鍵を開けると・・・

【あ、ここが開くんだ】
2812-04ここが開くんだ

ああ、ここが開くんだ・・・で、おまけに一旦乗せる作業台みたいになるんですね・・・

【4人がかりで持ち上げて】
2812-05もう少し奥へ

で、4人がりで本体を持ち上げて・・・うん?もう少し奥かな?・・・

【何とか設置できました】
2812-06何とか設置できた

っと、何とか設置できました・・・\(^^)/

【スイッチはどれ?】
2812-07どれがスイッチ?

これで、元の電源から・・・こたつスイッチを経て・・・コンソールBOX裏の昇圧トランスを経て・・・電源ユニットに電源が行って・・・これをテスターで測定されるとちゃんと220Vが出ていることが確認され・・・

あれれ?・・・一体どれがスイッチなの?・・・

Lanciastさんと技術の方が、回路図を追いかけつつ・・・同席の皆さんも、ああでもないこうでもないと・・・

っと、話題は、一時、イコライザーの切替スイッチがついていて・・・CCIRとNABの切替がスイッチ一つで出来るってことで、かめきちさんが大感激!・・・(^^;

【おお!ランプがついた】
2812-08おおランプがついた

っと、あれやこれやと皆さんが触っていると・・・突然、ランプが点灯・・・(@@;

おお!・・・メンテナンス用の作業ランプが点灯した!(^^;

あれれ?・・・でも何やったの?・・・(滝汗

っと、どうやら、テープスピードの切替スイッチを押した時に電源が入って・・・再生ボタンを押すとこの作業ランプが点灯するみたい・・・(^^;

なんだか、からくり屋敷みたいに、仕組みが組み込んであるのね(^^;

っと、いいところなんですが・・・今日はここで時間切れ・・・

なので、つづきは明日・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

当時のプロ機の凄さに圧倒されました。
油圧ダンパー、フロントパネルを使ってメンテ用棚、圧巻は内部の照明。半端ではないですね。凄いです。
今後どうなってゆくのか楽しみです。

コメントありがとうございますm(_ _)m
STUDERが巨額を投じて開発した機器だそうで・・・半端ではないこだわりが随所に・・・
こういう機材は、ほんとすごいですね!(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2896-73a61c90