【2801】160213 マルチアンプ駆動の再チャレンジ?(その2)・・・(^^; 

さて、祝日のプチお遊び・・・久しぶりのマルチアンプ駆動に再チャレンジ・・・で、以前はデジタルチャンデバでしたが、今回はアナログチャンデバ・・・

で、やってみたけど・・・どうも期待に反して?・・・予想通り?・・・バッと音数が増えて、スカッと見通しよく解像度があがって、鮮度の高いサウンドが飛び出してくると思ったら・・・なんだか、あまり変わらない・・・(滝汗

むしろ、こなれてきた?耳が慣れて来た?・・・ネットワークでの音のエネルギーバランスの方が好印象・・・

しかも、廉価なプチPA用チャンデバゆえか・・・音の質がもう一つ・・・SN感も下がったような気もするし・・・シャーってノイズも・・・

ま、考えるに・・・チャンデバのクオリティの問題と・・・もう一つ、ネットワークをチャンデバに変えたのに、その効果が出ないのは・・・やはりSP側が出し切れてない?って印象・・・

ってわけで、とりあえず出来るところから・・・

【インシュをチタ~ンに】
2801-01チタ~ンでセッティング

まずは・・・プリをCU-80経由に戻して・・・チャンデバの設置方法を変更・・・インシュをチタ~ンにして、一気に改善を図ろうと・・・

で、その効果は・・・ちょっとSNもよくなって・・・にじみを減らして音の純度が上がり・・・高解像度な緻密で繊細な方向へ・・・

ただ、やはりまだ、どこかざらつきと言うか・・・音の背景の静けさが感じれない・・・

で、更にこの方向の効果をアップさせるため・・・

【ケーブル類の上質化を】
2801-02ケーブルを上質に

ケーブル類を変更・・・XLRを極細銀線系の自作ケーブルに変え・・・電ケーを久しぶりの登場?・・・太刀魚君に変更・・・

っと、これで、結構ざらつきがなくなって・・・音数が増え、滑らかに、上質な方くへ・・・

ただ、結構いい方向へ変わったとは言え・・・やはりまだ機材のベースレベルに不満が・・・

なので、一気に内部に手を入れてみることに・・・(^^;

で、思い出したのが・・・CMC(カーボンマイクロコイル)のシート・・・

【CMCとアルミ箔テープで】
2801-03CMCとアルミ箔テープ

以前、ノイズ低減に効果を発揮した・・・CMCを巻いて、その上からアルミ箔テープを巻くって方法を思い出した・・・

【フラットケーブルにCDMとアルミ箔を】
2801-04フラットケーブルにCMCを

で、早速、巻き巻きして見る・・・

【巻き付け完了】
2801-05CMC貼り付け完了

ってわけで、フラットケーブル3本とも・・・CMCを巻いて・・・その上からアルミ箔テープを巻きました・・・

で、もう一つの対策・・・電源系にファインメットビーズを・・・

【電源線にファインメットビーズを】
2801-06電源線にファインメットビーズを

ってわけで、トランスからオンボードの電源回路に入るところ・・・電源線の付根に手持ちに残ってたファインメットビーズを挿入・・・

【施工完了】
2801-07施工完了

で、一気に出来そうな対策を一通りやって・・・これで聞いてみると・・・

うん、まあ、やった分の変化はあって・・・SN感は上がって・・・音の滑らかさ、上質感も出て来た・・・

ま、でもしばらくは、クロスとレベルの調整で、もっと聞き込んでみないと・・・

一応、下は400Hz前後を・・・上は2KHz~3KHzの間で模索を・・・

で、問題は・・・レベルをMAXにしても、低域の音圧が出ないこと・・・なので、下のクロスを下げると・・・音の土台が中抜けで軽い感じに・・・

それと、上を上げると高域が大人しく聞きやすくなるけど・・・鮮度感や見通しが悪くなる・・・で、下げると・・・中高域はよくなるんですが・・・高域がきつい感じに・・・

ってわけで、もっとクロスとレベルを追い込まないと・・・

っと、それよりも気になるのは・・・どうにも反応が鈍感・・・変化の全てを出し切れてない感じがして・・・機材側はこれ以上は難しいので・・・後は、弄り過ぎたユニット側の問題か?・・・どうしても、どこかフン詰まった感じが気がかり・・・

なので、どうにも欲求不満・・・はてさて一体どうやって?・・・

って、悩んだところで、今は進展が無いので・・・ぼちぼち聞き込みながら・・・

ってわけで、今日のお話はここまで・・・明日は、不満爆発の工作ネタ?(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2885-0737eaf8