【2797】160205 今日の収穫?とトランス聞き比べ・・・(^^; 

さてさて、気が付けば、タイムスタンプが・・・2ヶ月遅れ(滝汗・・・輻輳状態が続くため、おさらいの進みが鈍くて・・・ぼちぼちやってたら、こういう事態に・・・(汗

ま、でもこの後は、ヘロヘロの中の癒し中心で・・・ゆえに、息抜き、息継ぎネタの連続になっちゃいますので・・・するっと進むかも?・・・(滝汗

ってわけで、今日は・・・このところの鬱憤晴らしとして癖になっちゃってるワンコイン盤のポチで届いたブツ・・・

【今日の収穫(その1)】            【今日の収穫(その2)】
2797-01今日の収穫(その1) 2797-02今日の収穫(その2)

えっと・・・まず、アートペッパーのライブ・・・1981年の録音なので、まだデジタルになる前でしょうか?・・・ステレオって書いてあるけど、かなりモノラル的・・・中音中心で・・・更に30年くらい前の録音のような帯域・・・(^^;

つづいては、アートブレイキーとジャズメッセンジャーズのライブ盤・・・1986年の録音で・・・こっちは一応ステレオで、録音も、年代相当な感じで、音数、鮮度、解像度ともそこそこで・・・演奏は静かに熱い感じの曲が多いかな?・・・期待のドラムが結構控えめな録音なのが残念な気も・・・(^^;

おつぎは、ジーンハリストリオのライブ盤・・・これも1986年の録音で・・・同じようなクオリティー・・・まあまあクリアでいい感じの録音・・・でも、ちょっと引き気味?ってか、あまり前に出てこないのは、うちのシステムのせい?・・・(滝汗

つづいては、バドシャンクのライブ盤で・・・これも1986年の録音・・・アンビエンスが少なめなのもあって・・・結構静かなライブって感じ・・・録音年代が同じ廉価盤だから?ここまでのどれもが似たような録音の印象・・・悪くはないけど・・・もう一息、インパクトが欲しいなあって思ってしまう・・・(^^;

おつぎは・・・その2の方で・・・カウントベイシーのカンザスシティ6・・・1981年録音のリマスター盤・・・スタジオ録音なので、ここの音はクリアでしっかり入ってますが・・・これもモノ的な配置で・・・

つづいては・・・アートファーマー・・・1958年録音のリマスター?・・・高域はやっぱ薄いですが・・・60年近く前の録音としては・・・こんなもん?・・・中域が厚く、濃く・・・結局中域がしっかり入ってて・・・演奏がよければご機嫌(^^;

最後は・・・変り種?・・・単に刺激的な音聞きしたいなって思ったんですが・・・結構再生が難しそうなんです・・・凄く自然っていうか・・・和室で、ちょっと引き気味のマイクで一発取りって感じで・・・

【今日の収穫(その3)】
2797-03今日の収穫(その3)

で、今日の収穫の3つめ・・・えっと、これについては、また改めて・・・

で、とにもかくにも、洗いながら聞きまくり・・・

【洗っては聞く】
2797-04洗っては聞く

ってわけで、毎度のごとく、自作超音波洗浄機で洗いつつ・・・レコード鑑賞を・・・(^^;

で、おつぎは・・・昨日のターンテーブルシート聞き比べにつづき・・・酒仙坊さんからお借りした、お宝アイテムのお試し試聴の第2弾!・・・昇圧トランス&ヘッドアンプの比較試聴ってことに・・・

【トランス聞き比べ(その1)】
2797-05トランス聞き比べ

で、まずは・・・拙宅使用中のentre ET-100から・・・その上に乗せた、親亀の背中に小亀を乗せて状態のDENONのAU-320に繋ぎ変えて・・・

カートリッジを、DL-103Rスケルトンで聞いてみると・・・

おお!・・・全体に重心が下がって、音が太くカチッとした感じで・・・カートリッジを他からDL-103に変えた時と同じような感覚・・・エッジを効かせてちょっとゴリッとした力強さを色濃くするような方向で・・・相性が良くて、いっそうその特徴を分かりやすくする・・・

で、おつぎは・・・キット屋さんのプリの上に、親亀の背中に小亀を乗せて状態のヘッドアンプ・・・マークレビンソンのJC-1ACに繋ぎ変えてみると・・・

おお、さっきDENONで音を整理して太く濃くすることで、重心低く、ゴリッとした力強さを出した傾向に似てて・・・もう一段前にグッと迫って来る感じで・・・音数がグッと増えて、暖かく、濃く、豊かに広がる音に包み込まれる感じ・・・ただ、ピアノの音色は、ちょっと硬質で電気的になるきらいがありますね・・・トランスより、ちょっと音数が多くて解像度が高くなるって印象が興味深かった・・・(^^;

で、最後は・・・パートリッジの昇圧トランスをを試し聞き・・・

【トランス聞き比べ(その2)】
2797-06トランス聞き比べその2

おお!・・・なるほど!これがブームになったって言うのがよく分かる!・・・さっきのレビンソンのヘッドアンプの重心低く暖かで包まれ感のあるバランスに似てて・・・より音の太さ、濃さを増した感じで・・・こちらへグッと音楽が迫って来る感じに・・・

これは、演奏の雰囲気や思いが・・・ググッと伝伝わって来るような感じで・・・とてもいい感触が得られ・・・なかなかいい雰囲気・・・

ってわけで、お借りした昇圧トランスとヘッドアンプの、さわりだけ程度のプチ比較試聴をさせていただいて・・・今後もじっくり試していくことにして・・・今日のお話しは終了・・・

明日は?・・・勿論、息継ぎネタを・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2881-3f3461c9