【2794】160130 酒仙坊邸:カートリッジ聞き比べ(終)取り付けビスで?・・・(^^; 

さて、人間ドーピングがどんどん進み・・・なかなか強烈なお話しがつづくように・・・評論家が視聴会で使う曲・・・何ゆえこの曲?このアーティスト?・・・なんて(^^;

と、そんな状況のおさらいが要るの?ってことですが・・・言葉は結構きつくなってますが、話の内容は、なるほど、確かに!って内容ばかりで・・・いろいろ勉強になります(^^;

っと、そろそろ残り時間も少なくなってきたので・・・

Mさんが・・・それじゃあビスの違いを聞いて見ましょかと・・・(@@;

人間ドーピングが進んだこの状態で、カートリッジを固定するビスを交換するってことで・・・さて、ウン十万がパーになるかどうか?なんて、ハラハラドキドキの作業に・・・

で、この間、話題は、拙宅のアームやカートリッジの組み合わせについて・・・SMEには、もっと軽針圧を組み合わせる方がいいよと・・・シュアーのM44Gやエンパイヤの4000/DIIIとかの方が合うのでは?っとの話や・・・

なかなか難しいのがフォノイコでと・・・どんなフォノイコを選ぶか?・・・イコライザーカーブの選択が出来ることも含め、iPhonoのCPの高さが話題に・・・で、そこから古いマランツのアンプの話にも・・・

っと、ここで、カートリッジの取り付けビスの交換が終わって・・・

再び、バックハウスのピアノで試聴・・・

ほう、思いの外音が変わるんですね!・・・結構、整理されたようなスッキリした感じで・・・トランスの濃さの部分が薄くなったみたいで・・・目立たなくなった・・・凄く音が整った感じに・・・

ステンレスは長さが足りなかったので・・・交換されたのは、マイテックの真鍮ビスで・・・元のビスも同じ真鍮製でしたが・・・恐らく、組成?合金比率?が違うんでしょうね・・・(^^;

それと・・・ポイントは、長さと締付ける強さだそうで・・・少し飛び出すくらいの長さから、ちょうどピッタリな長さ変わったのと・・・緩すぎず、締め過ぎない範囲で、ギリギリまでしっかり締められたとのことで・・・

ただ、ちょっと中高域の見通しがよくスッキリした感じになったものの・・・低域の深みと言うか重心が少し高い方へ上がってしまった感じで・・・

ま、どちらが好みか?って話でしょうけど・・・以前、Gabachoさんから、チタンのビスを勧めていただきましたが・・・この変化を聞くと、かなり大きな変わり方をしそうですね?(^^;

っということで・・・このCDを聞いてみましょうと・・・

【サンサーンスの交響曲3番オルガン付】
2794-01サンサーンス3番オルガン付

サンサーンスの交響曲3番オルガン付をかけられました・・・

ああ、これって元はデジタル録音なんですね・・・って、見てしまったから故のプラシーボなのかも知れませんが・・・レコードならではの滑らかな音蝕ではあるものの・・・空間のイメージが、今一つ広がらない・・・降り注ぐような音のシャワーの中で・・・もっとここちよい包まれ感が欲しいところなんですが・・・CDの再生と同じく、奥行き感や天井高も、思ったより少し小ぶりな感じで・・・個々の楽器の音も結構克明に聞こえて・・・今時の録音って感じで・・・

っと、酒仙坊さんから・・・これは、当時のオーディオマニアのチェック音源で・・・音が濁らないかどうか、きちんとトラッキング出来るかどうかをチェックするための盤で・・・これと、チャイコフスキーの1812年の大砲の音も同じ・・・

ああ、CDだったか?・・・デジタルメディアで聞いたことあります(^^;

と、酒仙坊さんが・・・SPのf0が27Hzですので・・・さすがにオルガンの最低域は出ませんが・・・チューバとかもよく聞き取れて・・・やはり、結構スッキリして、濁りが減りましたね・・・とMさんからは、foQのドーピング対策が結構効いていますねと・・・(^^;

で、おつぎは、CDでホロビッツのピアノを・・・

【ホロビッツのピアノ】ピンボケでスミマセンm(_ _)m
2794-02ホロビッツのピアノ

ああ、やはりデジタル系だから・・・って感じに聞こえてしまう・・・

Mさんによると・・・ニューヨークスタンウェイで・・・有名なCD75ですと・・・で、ピアノの構造について解説をいただいて・・・カポダストロバーと手前のデュプレクス遠くのデュプレクスそ奥のデュプレクスで音が・・・そう言う素晴らしいピアノを名手が弾くとスーッと音がのびるんです・・・・とか(^^;

それから、酒仙坊さんから・・・アリコートの音についてとか・・・お酒に例えての話から・・・やはり、オーディオでは、地理的な環境や歴史的背景があて・・・その組合せを間違うと、充分な音で聞けないって話で・・・(^^;

Mさんからは・・・レーベルとイコライザーカーブの話とか・・・

って、非常に貴重なお話しをめいっぱいお聞かせいただいて・・・非常に勉強になりました!

アナログの世界の奥深さのほんの入り口に触れただけですが・・・いやあ、やはりほんとに不思議な世界ですね・・・ま、ぼちぼち触れて勉強していきたいと思います(^^;

っと、話は尽きませんが、今回の音会はこの辺りでと・・・ほんと、長時間に渡り、ありがとうございましたm(_ _)m

頑張って修行しますので(滝汗・・・また、よろしくお願いしますm(_ _)m

てわけで、今回のお話しはこれにてお終い・・・

あすは・・・ちと、この日お借りしたお宝の話に・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

詳細なレポートありがとうございました。

詳細なレポートありがとうございました。また、聴きなれないジャンルの音楽や、話しがどこへ飛ぶか分からない奇妙な薀蓄の話題でお疲れさまでした。こういう類の絶滅危惧種もいるということでご容赦ください。しかし、こうやって実験をやりながらご意見を伺うとためになります。最初に申しましたように、その後ZYX R100-EXが入荷し、iPhonoに対するiPurifier DCとRCAショートピンの効果も認めており、昔集めたTELEFUNKENのDAS ALTE WERKやDGのARCHIEVEの古楽を楽しんでおります。近々にR100-EXとトランスを持参してM氏邸に伺うことになっています。機会があれば、Mt.T2邸やD氏邸にも伺ってアナログの醍醐味を味わせていただきたいと思っております。

Re: 詳細なレポートありがとうございました。

酒仙坊さん
その節は、大変お世話になりました!
今回も、非常に貴重な体験をさせていただき、また、多くの知見を与えていただき、ありがとうございましたm(_ _)m
クラシックの聞き方、楽しみから、アナログを聞くための使いこなしのノウハウに渡り、非常に多くのことを教えていただき、とても勉強になりました!(^^
まだまだ、いいずれも未熟者ゆえ、これからもいろいろご教示くださいませm(_ _)m
このような、自己中なおさらいφ(..)メモが、少しでもお役に立ったのであれば、嬉しい限りです!(^^
今後とも、よろしくお願いしますm(_ _)m

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2878-41e7a6e4