【2784】160127 今日の収穫・・・(^^; 

って、おいおい!・・・このところ、餌箱漁りに出かけて入手してないから・・・収穫ってのは、違うんと違う?・・・(^^;

ハハハ、確かに、そう言われると・・・(^^;

ま、でも・・・別にどうでもいい話なので・・・(滝汗

いやあ、ほんとに我ながら情けない・・・日記に書くネタがなくて・・・憂さ晴らしにワンコイン盤を手に入れて・・・

その話を書こうにも・・・その盤についての情報も持たず・・・薀蓄の欠片も書くことも出来ず・・・ほんと、この日入手したという備忘φ(..)メモというだけの日記・・・

って、おいおい・・・冒頭から、力一杯どうでもいい話がうだうだと・・・(滝汗

バレましたか?・・・そう、単に文字数の水増ししてるだけのようなもんです・・・

なにせ、音楽的にも、オーディオ的にも、特に何も出来てないので・・・

まさに、ジャンク盤を入手しては、自作超音波洗浄機で洗って聞いてるだけの日々ゆえ・・・

そのまんまな日記なわけで・・・何か、問題でも?・・・ハハハ、ついには開き直り?(^^;

ま、そんなつもりはないのですが・・・結果的にそういうことに・・・(滝汗

ってわけで・・・この日の収穫は・・・

【今日の収穫】
2784-01今日の収穫

こちらの2枚・・・1枚は、アン・バートンのブルー・バートン・・・もう1枚が、金子晴美のアイ・ラブ・ニューヨーク・・・

アン・バートンの方は・・・勿論国内盤で・・・ジャケットがかなり染みがあって汚くて・・・おまけに背表紙部分がパックリ口を開けてて・・・ま、それゆえの格安品・・・

で、盤は・・・少し傷があるけど・・・ま、自作超音波洗浄機で洗って聞いてみると・・・

おお、思ったよりいい録音・・・1曲目で、1箇所ブツッて傷の音が入りますが・・・

まあ、雑味の少ないクリアな録音で・・・演奏も静かに熱く、一部生々しく・・・いやあ、じっくり聞き込めるいいアルバムですね・・・

あ、バックのルイス・ヴァンダイク・トリオって・・・一時期、ヨーロッパJazzらしい、綺麗な演奏と澄んだ空気感、静かに濃い演奏で、結構気に入って・・・何枚かCD買ってました(^^;

あら?・・・気のせいかも知れませんが・・・何か、B面の方が、音がクリアで、生々しさが強いように感じます・・・特に、ベースの音がいいですね!(^^;

ってわけで、気をよくして、今度はもう1枚の金子晴美のアルバムを・・・

これでも、35年ほど前の録音なんですね・・・確か、σ(^^)私が学生の頃のデビューアルバムだったかと・・・(^^;

この頃、阿川康子や秋本奈緒美とか美人Jazzシンガーのアルバムを少し聞いてた・・・ってか、カセットテープに落として聞いてたような気が・・・

で、他のシンガーに比べると・・・ジャケットはともかく、歌には日本人的なイメージがなくて・・・ってか、めちゃ英語の発音がよくて、音だけ聞いたら向こうのアーティストかと思えるほど・・・

バックもハンク・ジョーンズやロン・カーターと・・・美人Jazzシンガーって下駄を履かせたアルバムってのとは違って・・・純粋にJazzボーカルってジャンルに入る作品で・・・

ま、いずれにしても、これがデビューアルバムってんだから、凄い!(^^;

ただ、音的には普通と言うか・・・中域中心に安定感のあるサウンドで・・・これ見よがしなところが全然ない・・・ま、ここでも本格派って感じで・・・

と、ここでちょっと不安になって・・・(^^;

と言うのも・・・ひょっとして、ユニットを弄り過ぎて眠い音しか出ない、うちのサウンドだからこの程度?って不安が・・・

で、聞いてみました・・・ヘッドフォンで・・・ひえ~!(滝汗

金子晴美・・・もっとずっとご機嫌で熱いサウンド・・・アン・バートンときたら・・・ベースの生々しさも凄いけど・・・ボーカルの実在感がたっぷりで・・・

う~ん・・・うちのSP・・・これじゃあヤバイなあ・・・ガクッ_| ̄|○

ってわけで・・・いよいよどうすりゃいいのか?・・・悩みが深まるばかり・・・(^^;

でもって、何の結論も成果もないまま・・・今日のお話しは、これにてお終い・・・

明日は・・・また、お出かけで・・・取っ手も興味深い実験音会のお話し?・・・

ま、どうなるかは???ですが・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2867-2e750998