【2771】160110 東京遠征:エム5氏邸再訪(5)・・・(^^; 

さて、7年振りのエム5邸・・・そのお部屋とシステムのポテンシャルは、以前に増して驚きの世界へ・・・その真骨頂であるサラウンドマルチを聞かせていただいて・・・

クラシックのフルオケから・・・Jazzのステージ・・・それも、ボーカル+バンドの構成で・・・ハードセンター無しの音源から・・・ありの音源へと・・・

いやあ、やはりサラウンドマルチになると、現代ハイエンドの方向性は、強烈なポテンシャルを生み出すんですね!(^^;

空間再現においては、切り取った音源の情報を、5本のSPで分担するわけで・・・SP1本ずつの負担は、2chよりも格段に少ないのは明白で・・・そこへB&WのN801ってレンジも広く再現性に優れた超高性能SPをあてがうわけですから・・・そのパフォーマンスや、推して知るべし(^^;

で、そのパフォーマンスをたっぷり楽しむべく、かけていただいたのが・・・

【グレースマーヤ】1577-02
1577-02グレース・マーヤのSACDラスト・ライブ・アットDUG.jpg

グレース・マーヤのSACDラスト・ライブ・アットDUG・・・この音源は、Jazzライブの空間を、そのまま5,1chで切り取った、非常に鮮度の高い、音数豊富な音源で・・・

目をつぶれば、あたかも、自分もライブの空間にいるかのような錯覚に・・・(^^;

ってわけで・・・おつぎは、同じアルバムから・・・Comin' Home Babyを・・・

いやあ、この極上の空間・・・ほんとライブ空間にいるかのような雰囲気で・・・サラウンドになると、特に前方のステージの立体感がより鮮明になるんで・・・こういうかぶりつき席で聞いてるような音源では、ほんと生々しさが強烈!・・・

特に曲間の拍手が入るとビックリ!(@@;・・・ほんと自分の周りに観客が居るかのように、そこかしこから拍手が聞こえる・・・

エム5さん的には、まだまだ、そのプレゼンスに調整の余地がある所があるとのことで、ご不満な点もおありのご様子・・・

でも、σ(^^)私的には、もうライブハウスの中に居るような感じで、曲の盛り上がりに気持ちはノリノリ・・・さすが38cmウーファーの威力・・・バスドラの感じる打音と・・・空間の雰囲気の再現は、驚くばかり・・・

っと、曲が終わっての拍手・・・自分の周囲からあまりに生々しい拍手が鳴って、超ビックリ!(@@;

で、おつぎは・・・My Hearut Belongs to Daddyを・・・っと、ピアノの伴奏とボーカルのコントラストが、雰囲気たっぷりに・・・

っと更につづけて・・・Teach Me Tonaightを・・・おお、ベースとバスドラの刻むリズムがドンドン、ブンブンと体感サウンドで・・・ソプラノサックスの歌うこと歌うこと・・・間奏に入って、ご機嫌などライブ感あるベースソロに・・・強烈な観客の拍手!・・・釣られて、こちらも、思わず拍手を!(^^;・・・

って、つづけてのドラムソロが圧巻!・・・さすがに生のドラムの音圧には及びませんが・・・もうほとんど苦労せずとも、会場に居るかのような感覚に没入できる、圧倒的なプレゼンス!

で、この曲の後で、グレースマーヤが、バンドメンを紹介するんですが・・・このときの観客の盛り上がりが半端ない・・・思わずこちらも歓声を上げたくなる・・・(^^;

で、最後、Sunny~The Way We Wereを・・・

そうそう、この曲、シンセキーボードで、めっちゃ高い音・・・トライアングルのチーンって音に近い音でキーンって聞こえるんですが・・・実際は、音階もあるので楽器の音なんですが・・・うちでは、これがアンプの発振音か、録音時のノイズなのか?って聞こえるんで・・・

思わず、リファレンスたる、エム5邸ではどう鳴るんだろう?って興味津々で聞き入ったんですが・・・やはりしっかり発振音ではなくて・・・音階が聞き取れるので・・・シンセキーボードってことが分かった次第で・・・(^^;

いやあ、それにしてもなんて気持ちいい空間!・・・演奏空間にどっぷりと・・・

で、ここで、2chのCDを・・・

【白井光子のブラームスの歌曲集】
2771-01白井光子のブラームス

澄み切った空間に・・・ホールの暗騒音から、その静けさを感じ・・・ホールの空間の広さを知る感じで・・・って、それにしても、この白井光子さんのソプラノ・・・素晴らしいですね!・・・サラウンドマルチとは全く違う・・・音数は少ないのですが、その空間再現は、実在感たっぷりで、驚くばかり・・・それにしても素晴らしい録音ですね・・・

いやあ、つくづく、我が家のモノに溢れる環境が、いかに邪魔になるかを痛感・・・何とかSP周りをもっと片付けないと・・・(滝汗

っと、エム5さんから・・・左右のSP間を結んだ線より前には、モノを置いちゃ駄目と・・・エム5邸では、センターSPも少し後に下げていると・・・

【フロントの三銃士】2767-02
2767-02フロントの三銃士

そのために、置けなくなったパワーアンプ・・・以前は、フロント3ch分のアンプが、センターSPの後に並んでたんですが・・・フロントSPを少し下げるために、各SPの後へパワーアンプを設置・・・

なるほど・・・そう言う調整の上に、この2chでも、目の前にすっと立つ歌手の存在感が生まれてくるわけでね・・・(^^;

っと、またまた、中途半端ですが・・・今日はここで時間切れ・・・

なので、つづきは明日に・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2854-4fcf53e6