【2764】160110 東京遠征:I氏邸再訪(3)・・・(^^; 

8:15 あちゃ~!スミマセンm(_ _)m・・・ブログサイトのメンテナンスに引っかかっちゃって、更新が出来ませんでした・・・m(_ _)m


さてさて、1年振りのI氏邸再訪・・・いつもながらの安心感のあるサウンドで・・・興味深い音源をつぎつぎと聞かせていただいて、ほっこりと・・・(^^;

アナログは、ルイ・アームストロングに始まり、シカゴときて、今度はハイファイセットで、ユーミンのカバーを・・・

【ハイファイセット・シングス・ユーミン】2763-02
2763-02ハイファイセットがユーミンを

中央フリーウェイから、雨のステイションと聞いて・・・おつぎは・・・冷たい雨を・・・

いいですねえ・・・何より、めっちゃ上手い!(^^;・・・サラッと軽く、しっとりと・・・ずっと通して、おしゃれで上品な雰囲気で・・・J-Popにありがちなうるさ目な音作りがなく・・・非常にナチュラルなバランスで透明感のある録音・・・

つづいては・・・海を見ていた午後を・・・

アコースティックギター中心の伴奏で・・・非常に落ち着いた雰囲気の演奏・・・とても歌詞に合った心地よい雰囲気の演奏で・・・オン気味の録音のギターの音が妙に生々しくて・・・って、それにしても、歌のとコーラス上手さが際立つ・・・(^^;

で、おつぎは・・・十円木馬・・・

こちらは、ハーモニカの音が何ともノスタルジックな感じで・・・一層全体にオン気味な録音で、厚めでどっしりした伴奏に、暖かく濃い目のボーカルに厚めのコーラスが何とも心温まる雰囲気で・・・最後のハーモニカとバンジョーが何ともいい雰囲気で・・・

っと、最後は・・・卒業写真・・・

冒頭はトロンボーン?・・・いっそうノスタルジックに・・・曲の世界観は、勿論ユーミンなんですが・・・その雰囲気は、極めて安定したボーカルと全体を下支えするコーラス・・・途中ストリングスが加わる間奏では演奏の厚みとスケール感が、ずっと大きくなって・・・ちょっぴり大人な回想シーンが思い起こされる・・・

って、何とも独特のハイファイセットの世界をタップリ堪能させてもらいました・・・こうして聞くと、ハイファイセットの歌の上手さを実感するとともに・・・ユーミンのキャラクター、独特の世界をあらためて強烈に認識させられました・・・(^^;

で、おつぎは・・・懐かしのこちら・・・南沙織・・・

【南沙織のカバー集】
2764-01南沙織カバー集

最初は・・・B面の1曲目かな?・・・カリフォルニアの青い空(It Never Rains In Southern California)アルバート・ハモンド・・・

洋楽、ポピュラーのヒット曲をカバーしたもののようで・・・勿論全部英語で歌われてるんですが・・・非常にナチュラルな上手さ?(^^;・・・話せない人が、無理矢理カタカナで歌ってるのとは、全く違って、キッチリ英語で歌ってる・・・(^^;

つづいては・・・スウィート・キャロライン(Sweet Caroline)ニール・ダイアモンド ・・・

今時のアイドルとは違って、歌うまい!(^^;・・・おまけに英語も上手いので、当時のアイドルの歌ともちょっと違った世界?・・・編曲が日本の曲っぽい色合いがあるので、非常に不思議な感じ・・・

おつぎは・・・君のともだち(You've got a friend)キャロル・キング ・・・

せつなくしっとりした曲なんですが・・・イントロはどこかビッグバンド的に豪華に・・・でも全体に和風のアレンジ?・・・原曲のイメージとは随分違った雰囲気で・・・

でもっておつぎは・・・ビー・マイ・ベイビー(Be My Baby)ロネッツ・・・

ドラムで始まるお馴染みのイントロ・・・なんですが、σ(^^)私の記憶にある、元曲の雰囲気とは随分違って・・・どこか和のリズム?・・・雰囲気があって・・・ドラムって言うより太鼓の拍子的な・・・(^^;

ってわけで、とっても懐かしい雰囲気をじっくり楽しませていただいて・・・これまた、やっぱりほっこりさせてもらった感じ・・・歌も上手いし、録音もとてもナチュラル系で、聞き疲れのしないとても聞きやすく、安らぐ雰囲気タップリ・・・

ってわけで・・・ここらでちょっと休憩タイム・・・

今のアイドルは、英語でこんなに歌えませんよね・・・なんて話から・・・なんと、ビートルズのシングル・・・UKオリジナルをお土産にいただいちゃいました!・・・いやあ、おおきにありがとうございますm(_ _)m

で、向こうのシングルは、ドーナツになってないんだ!って話も・・・

っと、ここからは、シングル盤を聞いていくことに・・・

っと、なんですが・・・今日はここで時間切れに・・・(汗

なので、つづきは明日に・・・なので、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2847-82f6f835