【2730】151220 フォノイコPH-53の内蔵化?・・・(^^; 

さてさて・・・このところずっとアナログに傾倒してます!なんて言ってたかと思ったら、急にデジタル系の梃入れをなんて・・・って、どちらもバランスよくやりたいもんですが・・・

またまた一転、アナログの方に戻りまして・・・ホンマに何やってるんでしょう?(^^;

ま、単に、先のバラックレコードプレーヤーのお話しに戻るだけなんですが・・・(汗

ま、とにかく・・・酒仙坊さんのSMEのアームを大@神戸さんからインターセプトして(汗・・・それを拙宅のバラックレコードプレーヤーに装着したってお話しをしたんですが・・・

【仮音出しの様子】2728-08
2728-08音出しを

っとまあ、相変わらずリビングとは思えない惨状ですが・・・そこはまあ、リビング実験工房って愛称で誤魔化して・・・(滝汗

画像左下に見えるのが、フォノイコと自作の外部電源なんですが・・・

せめて、これらもバラックレコードプレーヤーの一部?として纏めれないかな?と・・・

とは言え、フォノイコ内蔵のデッキをなんかを考えてるわけではなくて・・・単に、1つの台車に・・・って、そもそも運送用の台車に乗せてる事自体、何とかしろ!って叱られそうですが・・・そこは、足の踏み場も無いリビング実験工房ゆえ・・・簡単に移動できないことには、どうにもならないことがあれこれあって・・・(滝汗

ってわけで、いろいろ考えてみたんですが・・・こりゃあ響の良さにあやかろうと、ヒモデッキ用のアンダーボード?として、そうてんさんからお借りしてきた楓のボード・・・この隙間にこのフォノイコ入らないかなあ?と・・・

【フォノイコの足が邪魔!】
2730-01フォノイコの足が邪魔

う~ん、めっちゃ残念!・・・後2mm?3mm?・・・余りよさげに見えないプラスチックのフットがほんのちょっぴり邪魔してる・・・(^^;

じゃ、取っちゃえ!・・・ってわけで、即分解!(^^;

【とにかく分解】
2730-02とにかく分解

いやあ、ちょっとビックリ!(@@;

フットの裏側からネジ止めしてるのかな?何て、たかを括ってたんですが・・・なんと、内部からフットをネジ止めしてる・・・(汗

で、仕方なくケースを開けて見ると・・・ありゃあ!・・・基板の下にネジが隠れてる・・・

ってわけで、仕方なく、基板も含めて丸々分解・・・

【これで、フットを撤去】
2730-03足を撤去

と、これにて、ようやく問題のフットを撤去できました!・・・(^^;

これで寸法的には、楓ボードの隙間に入るようになったのですが・・・

【何とか内蔵】
2730-04何とか内蔵

半ば無理矢理隙間に入れた感がありますが・・・まさに、無理矢理?・・・筐体底部よりフロントパネルの方が長いため、フロントパネルと筐体後部の底辺のみが接する状態・・・

う~ん、なんとも収まり悪く、精神衛生上もよくない・・・(^^;

ってわけで、別に音に影響があるかどうかは別として、どうにも収まりが悪いので・・・何かないか?と物色してたら・・・おっと!(^^;

【アクションパッドを敷いて見る】

2730-05アクションパッドを敷いて見る
そうそう、酒仙坊邸でも微細信号を扱うフォノイコには大きな効果があったアクションパッド!・・・まさにピッタリのアイテムがあるではないか!

ってわけで、このアクションパッドを敷いて・・・ついでに外部電源も台車に乗せて・・・

【SMEでの音出し】
2730-06SMEで音出し

改めて、SMEでの音出しを・・・って、使っているのは、これまでバランス伝送用に使ってたフォノイコなんですが・・・

この時は、まだアンバランス接続で・・・うん?

FR-54にM44Gを装着して、キット屋プリSV-192A/Dにフォノ接続したのと比べると・・・音のバランスが、M44G装着のFR-54が力強く前にガンガン張り出すタイプ?・・・に対して、DL-103R装着のSMEにCEC PH-53接続の方が、少し繊細な感じで、いわゆるワイドでフラットな音調?

う~ん・・・どっしり感や解像度、音場展開や抜け・・・バランス伝送だと、まだまだ出て来そうな気がするなあ・・・(^^;

おっと!・・・今日のお話はこれにて時間切れ・・・(^^;

ってわけで、このつづきは明日に・・・

なので、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2813-75dc1e3b