【2720】151206 SMEのアームを借用・・・(^^; 

さて、STUDERをお借りでき、ようやく音出し~録音・再生も・・・で、うちでのサウンドとしては、かつてない濃さと厚みのある滑らかな音が出て大喜び!ではあったんですが・・・

もともと眠い系のサウンド・・・って、そんな系統あるんか?・・・いやあ(滝汗・・・そういわざるを得ない音なんですよね・・・(汗

なにせ、スピード感に乏しく・・・音の立ち上がりが優し過ぎて・・・どうにも演奏の目鼻立ちがくっきりしない・・・

例えば、シンバルのチン!とかカツン!とか・・・タムやスネアのカツン、スパン!って音・・・バスドラのドスッ!て打音と響の収束とか・・・

クッキリ決まって欲しい所が・・・出てないわけではないんだけど・・・ことごとく優しいんですよね・・・(滝汗

ま、その原因の一つは、弄り過ぎたメインSPなんですが・・・実際のところ、弄ったからその欲しい所が出なくなったのか?っていうと、そうでもないんです・・・(^^;

もともと、このSP、その部分は優しい目に出るんですよね・・・で、後は鳴らし方なんでしょうけど・・・その術が分かってない・・・

で、おまけに、外へ出かけて・・・音友達のお宅で、うちでは出せない音量で、しかもホーンドライバーなんかの強烈に克明な音を聞くことが多くて・・・

どんどん、耳がそう言うサウンドを基準にイメージを作り上げて・・・知らぬ間にそう言うエネルギーや刺激を求めるように・・・しかも、頭の中のイメージは、当然自己進化を始めて・・・一層、自分ちのサウンドに足らない所を成長させて行く・・・

で、結果的に、その部分がより一層出てないという意識が強くなり・・・って、悪循環

と、そこへアナログ体験で・・・中域の充実?密度が高いからか?・・・うちの優しい目の高域でも、音の実在感が高いため眠い音を以前ほどに気にしなくなった?・・・(^^;

でもって・・・ヒモだと更にその印象が強く・・・これまたアナログへの傾倒がいっそう進むばかりで・・・

って、なんだか全然脈略のない分けの分からない話しになっちゃってますが・・・

入手したとびっきりのヒモの音は勿論・・・ヒモデッキの実力を聞いてみたくて・・・いきなりRayさんにお願いして・・・聞かせていただいたわけで・・・

そのサウンドは・・・ある意味予想通り・・・ある意味、予想なんか全くぶっちぎりのサウンドを聞かせてくれた・・・STUDER!(^^;

ま、これでσ(^^)私の耳の補正も少し出来たわけで・・・ありがたいことです!(^^;

っと、そうそう・・・Rayさんからは、お土産までいただいちゃって・・・

【Rayさんからのお土産】
2720-01こんなお土産を

なんでもオクでポチられたブツ(60枚ほどのセットもの)・・・その中に重複して入ってたものがあったそうで・・・この余分をいただいちゃいました!(^^;・・・ホンマおおきにですm(_ _)m

でもってこの日・・・この音会の直前大@神戸さんにお会いしてこのブツを・・・

【大@神戸さんからのブツ】
2720-02大@神戸さんから受取

えっと・・・ものは、SMEのトーンアーム 3009の初期もの・・・で、このブツ、実は酒仙坊さんのお使いだったモノで・・・

【中味はこれ】
2720-03中味はこれ

酒仙坊さんがLP-12にFR-64Sを導入されて、使われなくなったようで・・・これを大@神戸さんが譲り受け、使われる予定だったそうな・・・

が、肝心のWEのフォノイコの故障が復旧できないこともあって・・・この酒仙坊さんからのSMEのアームを付けて、ダブルアームにされる構想をお持ちだったのですが・・・

このダブルアームは、なかなか実現できそうにないみたいで・・・

ってわけで、酒仙坊さんから・・・大@神戸さんがまだ使わないようなら使ってみる?ってお声掛けいただいたと・・・(^^;

で、この日のヒモ聴き会の直前・・・大@神戸さんから、酒仙坊さんのSMEのアームを受け取ってきたと・・・

で・・・ちょっとどうやって、どこに付けるかは思案が要りそう・・・

なので、このお話しは、またいずれってことで・・・

えっ!?・・・さんざん引っ張って、そんな結末?・・・ハイ(滝汗

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

タップリベラメンテとフィルタライザーのインパクト

SMEのアームは、ダブルアームのプレイヤーを止めた際に軽針圧、ハイコンプライアンスのカートリッジで聴いていないので、使うのを止めました。先日大さん達が見えた際、大さんのトランスとケーブルを持参していただき、手元にあるトランスとケーブルを含めてスクランブルテストを行いました。驚いたことに、トランスやケーブルの選択、あるいはイコライザーカーブの切り替えの際の変化が顕著になったことです。タップリベラメンテとフィルタライザーの製品版が入ってグレードが上がれば、調整や選択はラフで良かろうと思っていたのと逆の結果でした。それ故もう一度一から見直す必要を感じています。恐らくMt.T2さんのシステムでもタップリベラメンテとフィルタライザーの効果で条件を替えたときの変化が鋭敏になっているのではないでしょうか。

Re: タップリベラメンテとフィルタライザーのインパクト

酒仙坊さん、貴重なアームを使う機会をいただき、大変ありがとうございますm(_ _)m
相変わらずこのブログが1月半近く遅れておりますので、実際の進展がご覧いただけておりませんが、お陰さまでこのSMEのアームは、現在、大活躍しております!(^^;
ただ、やはりうちは、メリハリを感じる中高域~高域部分が優しい音なので、タップリベとフィルタライザーで、曲調や演奏の熱気、空間への音の充足感は高まっているように思っていますが・・・まだ仰るような鋭敏さには至っておりません(滝汗
この辺りは、SP周辺の整理?音響空間の邪魔者の撤去・・・機材のシンプル化と空間の余白の確保が必要なのかと考えています(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2803-2f5d694a