【2716】151129 スチューダーA807を聞いてみる・・・(^^; 

さて、アホな回り道しつつも・・・いよいよSTUDERの音が聞ける状況になりました!・・・ですが、実際のところタイムスタンプの通り、この時期ヘロヘロ状態でして・・・

で、昨日のお話しは、何だか中途半端なところで力尽きて、寝落ちしちゃったってだけなんですが・・・(滝汗

で、それじゃあちゃんとSPで鳴らしてみようってことで・・・改めて手持ちテープを・・・

【STUDERを聞いてみる】
2716-01DTUDERを聞いてみる

いやあ、相変わらず腰高で眠い音のうちのシステムから、中低域の厚みタップリの濃ゆ~い音がでるではないですか!・・・ウホッ~!(^^;・・・こりゃあ、たまりません!(^^;

ただ・・・やっぱ中古テープに録音された音源では・・・どうにも鮮度が落ちるというか・・・高域がかなり減衰している感じに聞こえる・・・

ま、腰高サウンドに慣れたσ(^^)私の耳には、中低域、低域がしっかり出る分、高域が弱く感じられるってことかも?・・・

せっかくなので、このまったりと濃ゆ~い中域~中低域をじっくり楽しめってことかな?・・・なんて思いかけましたが・・・ちょっと悪戯を・・・

【高域補正のためチタンスパイクを】
2716-03TASCAM42Bで聞いてみる

まあ、STUDERってお宝の値打ちを知らんバカタレが!って叱られそうですが・・・中古テープゆえか、高域減衰が大きいので・・・プチ対策として・・・筐体下に、休眠してたチタ~ンスパイクを敷いてみた・・・っと、これだけで、高域が少し伸びていいバランスに・・・(^^;

っと、ここでふと・・・そう言えば、以前、TASCAM 42Bで聞いた時は、先にSTUDERで感じたほど高域が減衰しているって感じなかったなあと・・・

ってわけで、一度、TASCAM 42Bで聞いてみると・・・

【TASCAM 42Bで聞いてみる】
2716-02高域補正のためチタンスパイクを

うん、やっぱりそんなに言うほど高域が減衰しているって感じは、あまりないなあ・・・

う~ん・・・とするとこのテープとデッキの相性?・・・録音時のバイアスとか・・・

うん?・・・このテープは?・・・実は、巻き戻す時間がもったいないので、同じデッキで録音したテープだからと思って、さっきDTUDERでかけたテープと違うテープだったんです・・・

なので、同じテープを、ふたたびSTUDERで聞いてみると・・・

おおお!・・・めっちゃいいじゃん!(^^;

高域も伸びてるし・・・中域、中低域の濃ゆ~い厚みのある音で・・・音数もしっかり感じられて、何より演奏のメリハリや抑揚のダイナミックレンジが、グッと広くなったみたい!

な~んだ、単にテープが今一つだっただけ?・・・(^^;

ってわけで、念のため、最初のテープをもう一度STUDERで聞いてみると・・・

ありゃ?・・・ま、ひとつ前のいい感じのテープよりは、高域の伸びがなく、ちょっと窮屈な感じもするものの・・・最初に聞いたときとは別物のよう?・・・(^^;

こりゃあ、ヘッドの汚れが取りきれてなかったか?・・・それとも、ラインアンプや本体が通電して暖まり切っていなかったか?・・・それとも・・・STUDERを縦置きから筐体後にゴム足が付いてたので、寝かせて再生したから?・・・

いやはや、実際のところはよく分かりませんが・・・今のところ、他の手持ちのテープを聞いても、STUDERは、厚く濃ゆ~い音で、今までのうちになかった音!・・・

一方、TASCAM 42Bも、STUDERとは全く違ったサウンドの方向性で・・・キッチリあるがままに音数も多く高解像度に鳴らす感じで・・・これはこれでいいんじゃない!?・・・(^^;

と、今一原因がスッキリしないままではありますが・・・いずれにしてもこれだけの音が出てれば、σ(^^)私的には、まあ、いいかな?と・・・

ま、多分にうちのシステムの力不足で、どちらの良さもフン詰まってる可能性はありますが・・・今のところ、これはどうしようもないし・・・

【突然ですがこの日の収穫】
2716-04この日の収穫

ってわけで、STUDERから、とりあえず音が出たことだし・・・

ただ、あまりにボタンのファンクションが多くて・・・マニュアルも英語だし・・・今のところは、単に再生するのが精一杯ってところだし・・・(滝汗

このデッキで録再したらどう鳴るか?ってのも興味深いところですし・・・(^^;

ま、ぼちぼち、じ~っくり楽しまないと、もったいない!・・・

ということで、今日のところはこの辺で・・・じゃあ今度は、ちょっと録再に手を?

ま、どうなるかは・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2798-f7c06bd2