【2709】151121-22 プレーヤーの製作?(前編)・・・(^^; 

さてと・・・新たに加わった超大物STUDER A807のプチメンテをお願いして自宅に帰り・・・

ちょっと所用を済ませて一息ついたら・・・目の前にある一昨日のお話しに登場したターンテーブルのモーターが目に・・・

ああ、これを何とかしないと駄目じゃん・・・(^^;

でも・・・どうやって?・・・って、ない頭を駆使して、あれこれ考えて・・・(^^;

で、手持ちの材料で・・・何とか使えるように・・・

【何とか使えるように】
2709-01何とか使えるように

ってわけで・・・手持ちの9mm厚のシナ合板の端材を2枚貼り合せてアームベースに・・・

まずは、モーター部へ取り付けるためのRを・・・切るのが面倒なので、単に接線方向の直線切りに・・・(汗

でもって、アームゲージで取付穴を決めて・・・

【穴を開けて余分をカット】
2709-02穴を開けて余分をカット

ドリルで穴を開けて・・・アームの台座を取り付けてみる・・・

一応、こちら側・・・タンテの右側にユニバーサルアームのFR-54を取り付ける積り・・・

【テンプレートで確認】
2709-03テンプレートで確認

で、一応テンプレートで穴の位置を確認して・・・(この時は気付いていなかった)

【反対側も】
2709-04反対側も

おつぎは、反対側・・・タンテの左側にPro-Jectの旧ストレートアームを付けるべく・・・

本体への取り付け部に、Rの代わりの切り欠きをして・・・

アームの取付穴を開けて・・・余分なところをカットして・・・

【アームの台座を取り付ける】
2709-05Pro-Ject用の台座を取り付け

アームの台座を取り付ける・・・

と、ここでまず右側・・・FR-54を取り付けてみると・・・

【FR-54を取り付けてみると】
2709-06FR-54を取り付けてみる

まあ、短時間に端材で作ったにしては、上出来ではないでしょうか!?・・・(^^;

こちらは、一般的なDINの5ピンのフォノケーブルが使えるので、実はこれで出来上がり・・・音を出そうと思えば出来るんですが・・・ちょっとおあずけして、反対側の工作へ・・・

で、反対側は・・・フォノケーブルのコネクタが無いので、接続端子を自作しないと・・・

【アームベースに端子板を】
2709-07アームベースに端子板を

ってわけで・・・元々Pro-Jectのプレーヤーにミニバイスで取り付けてたベースで使った端子板を、こちらに移植・・・って、単に木ネジ3本で取り付けただけ・・・(汗

で、アームを取付て・・・内部配線を端子板のピンジャックとアース端子に配線・・・

【反対側のアームベースも完成】
2709-08反対側のアームベースも完成

これで、反対側のアームベースも完成したので・・・

【左のアームも取り付け】
2709-09左のアームも取り付け

反対側、左のアームも取り付けて・・・

【正面から】
2709-10正面から

ってわけで、やっと完成した~!・・・

と思って調整してみようと、やり始めたら・・・が~~~~ん!

やってしまった・・・ガクッ_| ̄|○

余りの出来事に、しばし呆然・・・

なので、今日のお話しはここまで・・・

明日は、なんとか気を取り直して、つづきを・・・

まあ、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2791-181519f6