【2675】151028-30 念願のアーム入手(Pro-Ject 9cc)・・・(^^; 


さてさて・・・息抜き?息継ぎ?のお話しのはずが・・・輻輳状態がつづき、余裕が無くなったせいか?・・・単にそれを言い訳に、プチ暴走しているだけなのか?・・・(滝汗

まあ、結果的には、干乾びたキリギリスが先のことも考えないで暴走しているだけなんですが・・・実際のところ、この状況に歯止めがかからず・・・どんどんヤバイ方へと・・・

っとさて置き・・・そう言うわけで、今日もまたアホ三昧な話・・・

どんなアホなことかと言うと・・・タイトルの通り・・・(^^;

えっと・・・30年ぶり?って言うか、若かりし頃の最初のプレーヤーの時も、何も分からず・・・田舎ゆえ聞くところも無かったので、雑誌記事と見た目だけで選んだプレーヤーやカートリッジ・・・当時、PioneerのPL-50L/IIにDENONのDL-301ってのを使ってたんですが・・・

以前もお話ししましたように、もっぱらレンタルでレコードを借りてきて、カセットテープに録って、カーステで聞いてたと・・・

しかも当時の機材は、10年以上前にシアターで再スタートする時、全部二束三文でドナドナしちゃった・・・ああ、もったいない(^^;

押入れに残っていたのは、現在復活させ大活躍中のアーム式のレコードクリーナーと30枚ほどのレコードのみ・・・

今回、レコード再生を復活した際、残しておけばよかったと悔やんだものは・・・オーディオテクニカのオートリフターとラックスマンのカートリッジの消磁器・・・ああ、ホントもったいない・・・

っと、あれ?・・・PioneerのPL-50L/IIって、今ネットを見るとオートリフトアップ機能があったみたい・・・なんで、オーテクのオートリフターを持ってたんだろう?・・・

アームはカーボンファイバーでストレートとS字が交換できるタイプだったので、間違いなくPL-50L/IIなんですが・・・全然記憶が無くて・・・どうやらその前に持ってたプレーヤーにオーテクのオートリフターをつかてたような気がしてきた・・・(滝汗

ま、それはともかく・・・レコード再生再開に当たって・・・PL-50L/IIの時の記憶から、ストレートアームの方が音が好みだった・・・高解像度で広い展開・・・ストレートアームのプレーヤーにしとこうと・・・(^^;

で、リジッドかフローティングか・・・ダイレクトドライブかベルトや糸ドライブか・・・なんて迷ったか?って言うと、そう言うわけでもなく・・・

結局、値段と見た目(^^;・・・で、ホントは・・・以前もどこかで書いた気がしますが・・・現用と同じPro-Jectのアクリルのベースにターンテーブルで、カーボンのアーム・・・これに憧れてて・・・

で、なんでこんな欲求不満?ポチッとしたい病?の時に目に触れてしまうんでしょう?・・・ホント偶然にも、このPro-Jectのカーボンファイバーのアームを見つけてしまって・・・

【ポチッとしたら】
2675-01ポチッとしたら

まあ、LINNのLP-12のどれかのバージョンにも搭載されるアームなんで、きっとそれなりな値段に上がるだろうと思って、スタート価格でポチッとしてたんですが・・・気が付いたら終わってて・・・結局誰も来なかったみたいで・・・(滝汗

【念願のアームだけ入手】
2675-02念願のアーム入手

念願だった、カーボンのアームが届いちゃいました!・・・(^^;

ってわけで・・・何はともあれ聞けるようにしないと・・・

で、毎度のやっつけ工作・・・手持ちの端材を組み合わせて・・・

【手持ちの端材で】
2675-03手持ちの端材で

アームの土台を取り付けるようにアームベースを製作・・・

【アームベースの完成】
2675-04アームベースの製作

えっと・・・実は、途中の画像を撮るのを忘れたので、あっという間に完成してるみたいですが・・・実際は・・・それでも1時間足らずで出来ちゃってるので、あっという間かな?(^^;

【位置決めしてベースを取り付け】
2675-05位置決めしてベースを取り付け

で、取り付けは、毎度のミニバイス・・・型紙が無いので、前回のFR-54の型紙に有効長の印を入れて・・・えいやあ!で位置調整・・・(^^;

【早速聞いてみる】
2675-06早速聞いてみる

ってわけで、前半ぐだぐだ昔話を書きましたが・・・実際、工作に入ってからは、1時間余りでアームベースの完成~装着までが終わり・・・早速聞いてみると・・・

あ、この時点のカートリッジは、DL-103Rで、アントレーの昇圧トランス(ET-100)~TU-875のフォノアンプ部~プリアンプって接続で・・・FR-54にZYXを付けて・・・純正アームにMC-20を付けて・・・昇圧トランスでの入力切替とプリでの入力切替を使ってつぎつぎと・・・

うん!いいじゃん!?・・・レンジも狭いって感じはなくて、解像度もあって滑らかでガッチリもしてて・・・完全にプラシーボ?(^^;

ってわけで、これで結構いろいろな傾向で聞くことが出来るベースが出来た!・・・ま、ぼちぼちいろいろ試しながら、楽しんで行くとしましょう!・・・(^^;

で、今日のお話しはこれにてお終い・・・明日は?・・・つづき?(^^;

まあ、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2757-910360f2