【2673】151025 トーンアームの取り付け位置変更・・・(^^; 

さてさてさて・・・何と気が付けば、酒仙坊邸のお話しが、2週間近くつづいてまして・・・はてさて、その前は何の話だったんだろう?ってことに・・・(^^;

えっと・・・2週間ほど前には・・・おお!念願のユニバーサルアームを手に入れて・・・

【2656】151014 遂にユニバーサルアーム(FR-54)入手!?・・・(^^; [2015/11/15]
【2658】151019 ユニバーサルアームFR-54の仮取り付け?・・・(^^; [2015/11/17]

仮取り付けして・・・手持ちのカートリッジをつぎからつぎへと聞き比べ・・・

ってのを楽しくやってたわけなんですが・・・

酒仙坊邸から帰った日は、喉を潤した飲料のお陰で・・・爆睡!(^^;

目を覚まして慌ててこの日のブログをアップして・・・朝食を取りながらレコードをかけていると・・・あれ?・・・あれれ??

なんか、ブ~ン!って音が・・・あちゃ~、どっからハムが乗ってるんだろう?・・・

で、片面が終わって、プレーヤーのところへ行って、針を上げ・・・アームレストのところに戻すと・・・あれ?・・・あれれ?

【改修前の取り付け位置】
2673-01改修前の取り付け位置

途中、ふっとハムが消え・・・アームレストのところでは、ハムがしない・・・うん?

ってことは・・・アーム?かカートリッジ?が、ターンテーブルの上にあるときにハムが乗るってことか?・・・(滝汗

なので、アームをターンテーブルの外周近くから・・・内周のほうへ移動して行くと・・・途中でハムが強くなって、内周部では、また弱くなる・・・うん?

このハムが強くなるところは?・・・で、ちょっと考えてみると・・・

あっ!・・・なるほど!・・・このハム音が大きくなる近くの下には・・・ベルトドライブの駆動モーターがある!・・・(^^;

そう言うことだったんですね!・・・モーターの近くをカートリッジが通過すると、ハムノイズが、ブ~ン!って・・・

ってわけで、こりゃあ何とかしないと駄目ですね!

となると・・・演奏中にカートリッジが、モーターの近くを通らないようにしないと・・・

それには・・・プレーヤーの残りの2辺側にアームを取り付けるしかない・・・

なんて、付けられるところって・・・左の辺しかないと思うんですが・・・(汗

ってわけで、必然的に、プレーヤーの左側の辺に取り付けるしかない・・・

なので・・・ここに取り付けようとすると・・・仮取り付けしてたアームベースが大きすぎて取り付けられない・・・(汗

なので、仕方なくでか過ぎるアームベースを小さくして・・・

【アームを左に?】
2673-02取り付け位置変更

小さくなったアームベースをプレーヤーの左側へ・・・

【アームベースを左にシフト】
2673-03アームを左に

で、アームの位置を、左右一組に・・・

っと・・・左のアームのフォノケーブルは・・・右のアームがバランス伝送用になっているので・・・このままでは繋げない・・・(汗

【RCA⇒XLRバランス変換アダプタ】
2673-04バランス変換アダプタ

なので、一度はお蔵入りしてた、RCA⇒XLRなバランス変換アダプタを引っ張り出して・・・

再びこれを使って繋ぎ替えを・・・

【再びバランス伝送に】
2673-05バランス伝送では?

えっと・・・もちろんハムノイズは収まったんだけど・・・

う~ん・・・左のユニバーサルアームの方は、バランス伝送で繋いでも、その変化は・・・対して大きくない・・・何で?

どうやら、アームの感度がちょぴり低いのか?・・・カートリッジのせいか?・・・いずれにしてもあまり意味が無い・・・

ってわけで・・・これまた休眠させてたTU875のフォノイコ部分を使って・・・常時ストレートをアームの方は今までどおりCECのフォノイコでバランス伝送へ・・・一方の、位置を変えたユニバーサルアームの方は、このTU-875のフォノイコを経由してプリへと・・・

バランス伝送側が、締まってちょっぴり量も少ない低域とストレートに解像度がちょっぴり高めなのに比べると・・・ユニバーサルアーム側は、ホンの少し厚みと濃さのある、まったりした音って感じで・・・(^^;

ま、しばらくこれで聞いてみることに・・・

ってわけで、本日のお話しは、これにてあっさり終わりに・・・

あすは・・・またまたアホな話に・・・(滝汗

まあ、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2755-9e6f5542