【2640】150923 カンチレバーの折れたDL-103を修復?(後編)・・・(^^; 

う~ん、相変わらず前置きが長い!・・・内容はタイトルのみなんだから・・・あっという間に終わるはずのお話しが・・・何で、前編・後編の2話に渡るの?!(^^;

ハハハ・・・それは、こういうどうでもいい与太話を入れるから・・・(滝汗

ってわけで、太すぎて入らなかったピアノ線を・・・運よく細いものに交換してもらって・・・ようやく工作の本番に・・・

で、まずは、カート本体側の穴の深さを確かめて・・・カンチレバー側の深さも・・・

でもって、長さを合わせてピアノ線を切断・・・なんですが、これがたった5mmほど(^^;

50cm10本も要らんのになあ・・・っておいおい!それはもういいから!(^^;・・・

と、パチンとニッパで切った途端・・・あれれ?どこかへ飛んでった!(汗

で、3回ほどやって、やっと必要な長さの切れ端が出来たと・・・

おつぎは・・・手元にあった5分硬化タイプのエポキシ接着剤で継ぎ足すことに・・・

って、これが大失敗!・・・あれ~!(滝汗

切り出した5mmのピアノ線をピンセットで持って・・・エポキシ接着剤を付けて・・・折れたカンチレバーの本体側の穴の中へ入れようと・・・

あか~ん!・・・片手で10×のルーペを持ちながら・・・距離感も掴めず、全然穴に入れられない!・・・ヤバイ!・・・あっという間に5分近くに・・・

う~ん・・・これは実体顕微鏡が無いと、絶対無理!・・・(^^;

でも、今更止められないし・・・なので方針転換・・・

今度は先にピアノ線をカンチレバー側に接着して・・・これを本体側へ・・・

で、悪戦苦闘するも・・・ここで致命的な失敗を・・・(滝汗

カンチレバーをピンセットで挟んで作業したんですが・・・どうも力が強過ぎたのか?・・・なんと、カンチレバーのパイプが一部潰れ気味に・・・ひえ~!

え~い、もうやけくそや!・・・長いままのピアノ線を、このちょっとつぶれたカンチレバーのパイプに無理矢理押し込んで・・・辛うじて、差し込める状態に回復・・・

で、気を取り直して・・・再びエポキシ接着剤を付けて・・・

それこそ、無理矢理くっ付けたのが・・・こちら(^^;

【ギトギト&ボロボロ】
2640-01ボロボロながらくっ付けた

いや~きたね~!・・・もう駄目駄目ですね!・・・

カンチレバーのパイプはぼこぼこで、エポキシ接着剤はてんこ盛りで、針先の固定部もちょっとつぶれてて・・・(滝汗

何より、針先の垂直が・・・つくづく5分硬化タイプのエポキシにしたのが最大の失敗!・・・もっと硬化時間の長いものにしておけば、ゆっくり作業が出来たのに・・・(汗

ってわけで、実体顕微鏡と速乾じゃないエポキシは必需品!・・・ってことを学んだと(^^;

で、乾燥後、てんこ盛りのエポキシは、デザインカッターである程度削ぎ落として・・・

何はともあれ音出しを・・・

おっ?・・・普通に鳴るじゃん!(^^;

何と、正常なDL-103と比べても遜色なく・・・ってか、気持ちクッキリした音が・・・

ってわけで、何はともあれ、しばらくは使える状態にはなったみたいで・・・\(^^)/

いやあ、アナログのアバウトさに感謝?

これで、つぎのお試し実験も出来るように・・・ムフフ

ま、今日のところはこのままで・・・しばらく聞いてみることにしましょう・・・(^^;

ってわけで、このお話しは、これにてお終い・・・

で、あすは?・・・またまた息継ぎネタ?・・・ハハハ、また(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

さすがですね(*^_^*)

こういうことは特別なプロだけがすることと思っていたのですが、Mt.T2さんだとできちゃうんですねf(^_^;

可能であれば見習いたいです。

Re: さすがですね(*^_^*)

村井裕弥さん、おはよございます!
無謀な素人のお遊びなので・・・一応、音が出たと言うだけで(^^;
何とか、いただいたカートリッジを活かすことができてよかったです!
ちなみに、このカートリッジ、多分、明後日のお話し?で大変身して・・・現在のメイン使用カートリッジになってたりします。
どんな変身かは・・・お楽しみに!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2722-9a7e745e