【2622】150906 フォノイコ外部電源のSiC SBD化!(前編)・・・(^^; 

寝坊して、ちょっとアップが遅れました・・・m(_ _)m

いやはや、アホは治りませんねえ・・・(^^;

フォノイコがスイッチング電源内蔵だったので・・・これを外部の安定化電源化しようとして、フォノイコを破壊・・・完全に意気消沈してたんですが・・・(滝汗

何とか、メーカー修理が出来ることがわかり・・・ようやく帰ってきた!・・・で、虎の子のフォノイコなんで、今度は大事に使おう!・・・って思うべきところ・・・

完調を確認して・・・ちょっぴりよくなってる?と、大喜びしたのも束の間・・・勢い余って外部電源化まで・・・って、修理から戻って来る前から準備してたりしましたが・・・(滝汗

実は・・・元々この外部電源を更にバージョンアップすることを想定してまして・・・

既にSiC SBDを入手しちゃってまして・・・(滝汗

こりゃあ、使ってやらないわけにはいかないでしょ?ってわけで・・・やっちゃいました!

っと、その前に・・・フォノケーブルのアースラインの変更を・・・

えっと・・・昨日お話しした発振音もそうなんですが・・・以前も照明のスイッチON-OFF時に、ノイズが入ることがあって・・・シールドの強化がいるかなあとは思ってたんですが・・・

【シールドが正しく繋がっていない?】
2622-01シールドが正しく繋がっていない?

ふと、プレーヤーのアームから元の出力端子までのシールドと、外出しフォノケーブルのシールドが繋がっていなくて・・・フォノイコとアース線を繋ぐと、XLRの1番(GND)に繋がらず、フォノイコのシャシーアースと繋がってしまうことに、今更ながらに気が付いて・・・

そうなんです・・・以前、フォノイコへのXLRケーブルのシールドは、1番(GND)に接続したんですが・・・トーンアーム側はどこにも繋がずフリーにしてて・・・あっと!これじゃトーンアームのアースが浮いてるじゃん!ってことに・・・(滝汗

【トーンアームのアースとXLRの1番(GND)を接続】
2622-02トーンアームのアースをXLRの1番に

で、今回、フォノイコからの1番(GND)・・・つまりは、フォノケーブルのシールドを、トーンアームまで延長することにしまして・・・シールドに取り出しケーブル繋いで・・・これをアース端子へ接続することにしたと・・・(^^;

何がどう違う?って言われると困るんですが・・・ま、精神衛生上の対策って感じで・・・また、気が向いたら接続の有無を確認してみようと思います・・・(^^;

と、ここまで来て・・・外部電源からフォノイコまでの電源ケーブルもシールドがなかったなと思い・・・ついでにこれもやっておこうかと・・・(^^;

【電源ケーブルにもシールドを】
2622-03電源ケーブルにもシールドを

まあ、オシロなどの測定器を持っていませんし・・・理屈もよく分かっていないので、実際に役に立つのか?逆にアンテナになるのかは???ですが・・・

【シールドはシャシアースに】
2622-04シールドはシャーシアースに

で、このシールド網組線は、一体どこへ繋げばいいかな?・・・っと迷った挙句・・・ACインレットのアースとシャシアースを繋いで・・・これに繋いじゃおうと・・・(滝汗

で、フォノイコへの網組シールドの線端は・・・結局フリーにしておくことに・・・(^^;

う~ん・・・実際のところどうなんでしょうかね?・・・

フォノイコのアース端子はフォノイコのシャーシからは浮いてて・・・今回の改修で、フォノイコ~トーンアーム間のフォノケーブルのXLRの1番(GND)に繋がってて・・・つまりは、トーンアーム本体(金属筐体&パイプですので)にまで繋がってますが・・・

結局、フォノイコからアンプへ行って・・・アンプでは、XLRの1番(GND)とアンプのシャーシは繋がっているみたいで・・・

ところで、アンプのシャーシはACのGNDに繋がってるのか?

う~ん・・・これは、アンプによるみたいだし・・・更には、電源ケーブルによっても変わるし・・・さらには、クリーン電源使うと・・・

ああ・・・もうわけわかめ(@@;

って、ちんたら書いてたら、中味が進まないままに、今日の制限時間に・・・

と言うわけで、毎度の中途半端ですが。今日はここまで・・・つづきは明日へ・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2703-29ddbc98