【2621】150905 フォノイコ復活と外部電源化!・・・(^^; 

ハハハ、タイトルの通り、相変わらずの懲りない性格でして・・・(滝汗

ようやく、やってもうた!で破壊してしまったフォノイコが戻ってきまして・・・

聞いて見ると・・・あれ?結構いい感じに鳴るじゃん!って感じでして・・・(^^;

あれれ?なんか変わったのかな?・・・っと蓋あけて中身を確認するも・・・素人には全くチンプンカンプン???(^^;

っと、修理明細を見てみると・・・あ、ディスクリートのモジュールのソケット差込具合でノイズ発生を修理(はんだ付け修正)って書いてある!・・・

どれどれと見て見ると・・・あ、以前は傾いてたモジュールが全部水平に・・・で、モジュールの下に隠れてたMPコンデンサに2箇所パラにコンデンサーが追加されてる・・・

この辺で、少し手直しが入ったからですかね?・・・なんだか音の空間展開が、修理前よりふわっと広がる感じになってて・・・なんか得した気分!(^^;

っと、いい感じになったのを、大人しく楽しんどけばいいのに・・・

ホンマに堪え性がなくて・・・我ながら呆れます・・・(滝汗

【2619】150830 フォノイコ用外部電源の試作?・・・(^^; [2015/10/09]

ご存知、一昨日のお話しに書いた通り、本体修理中に外部電源のを試作しまして・・・(^^;

ケースに入れた外部電源からのケーブルを・・・PH-53のACインレットを退けた穴から・・・SW電源を飛び越えて・・・メイン基板へと繋ぐ、専用の電源供給ケーブルを作りまして・・・

【専用ケーブルを製作】
2621-01内部の専用ケーブル製作

もちろん今度は、メイン基板のコネクタと同じものを入手し・・・絶対逆に差し込むことのないように改造・・・

【これなら失敗は・・・】
2621-02これならもう失敗しない

これならもう、失敗はしないでしょう!(^^;

【ACインレットを撤去して】
2621-03ACインレットの変わりに

ってわけで・・・ACインレットを撤去して・・・ケース背面に、製作した専用ケーブルのコネクタ部を取り付けて・・・

【SW電源を飛び越えて】
2621-04SW電源を飛び越えて

オリジナルのSW電源を飛び越えて・・・

【専用コネクタで接続】
2621-05専用コネクタで接続

専用コネクタで接続・・・で、コネクタの手前で、各ケーブルに通した黒いコアは・・・お馴染みのファインメットビーズ!・・・電源部への使用が効果的とのことで・・・比較もせずにいきなり通しちゃいました・・・(^^;

っと、これで準備万端って状態になってまして・・・(^^;

我慢出来ずに・・・接続テスト・・・

【接続テスト】
2621-06接続テスト

よし!・・・OKです(^^;

で、前回は、この後大失敗したので・・・一応、外付電源ボックスのケースを蓋して・・・

【念のためもう一度確認】
2621-07念のためもう一度確認

念のため、もう一度確認して・・・うん、間違いなく大丈夫!(^^;

ってわけで・・・あれこれ聞いて見ると・・・

【いろいろ聞いてみると】
2621-08いろいろ聞いてみると

SNの改善が大きいか?と期待したんですが・・・改善はしたが、思ったほどではない?(汗

ただ・・・空間の広がりが以前とは別物のように・・・ソースにもよりますが、薄まらずに、音離れが凄くよくなって・・・結構な広がりと、包み込まれ感が!・・・

こりゃあ、外部電源化の効果は大きいぞ!・・・やった甲斐あり!\(^^)/

ただ・・・接続具合?配線配置?・・・GPS外部クロックの近くだから?・・・「プー」って発振音がSPから盛大に・・・(滝汗

なんだかんだで、外部電源を一段下の棚のUX-1の裏側に、90度向きを変えて置いたら無音になったので・・・今のところは良しとしとくかな?・・・

【UX-1の裏に外部電源を】
2621-09UX-1の裏側に外部電源を

どうも、フォノケーブルや電源ケーブルの取り回しと、向きが関係するので・・・トランスが原因なの?・・・よう分かりませんが・・・(滝汗

あっと!それと・・・消費電力が多いからか?外部電源のトランスが少し熱を持つ・・・接触するケース温度で38度程度・・・ちょっと高い?

ってことは、トランスの容量不足?・・・でも変えるとケースごと作り直しだし・・・(^^;

それより先に・・・つぎはにやりたい悪戯もあるし・・・(^^;

きょうは、ちと先に他の用事があるので・・・

それを済ませてから・・・ムフフ・・・楽しみ!o(^^o)(o^^)oo(^^o)(o^^)oワクワク

ってわけで・・・失敗無く、結果がよければ、つづきがあるかも?・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2702-4da13724