【2616】150829 OPPO BDP-105DJP Limited試聴会(終)映像も音も!・・・(^^; 

さて、拙宅でも愛用のOPPOのBDP-105DJPにLIMITEDバージョンってのが登場し、その試聴会と言うことで、かみさんをつれてやった来たわけですが・・・

オーディオ編の比較試聴が終わって・・・おつぎは映像編と言うことで・・・

Blu Rayを使って、画質向上が、どのようになているかを確認してみようと・・・

で、山本氏から・・・HDMI出力2系統をセパレート出しして・・・片方はマランツのAVプリへ・・・もう片方は直接プロジェクターのVW-1100へと・・・全てデコードした状態で、ベースバンドで送り、プロジェクター側で2K⇒4K変換を行うと・・・

で、今回のLIMITEDバージョンで、電磁波ノイズ対策を徹底してやったのが、かなり画質にも効いているんじゃないかと思っていると・・・

ってわけで、まずは音楽ソフトのこちらでと・・・

【トニーベネット&レディガガのライブBlu Ray】
2616-01トニーベネット&レディガガのライブBlu Ray

4Kカメラで収録されたトニーベネット&レディガガのライブBlu Rayで、ノーマルバージョンとLIMITEDバージョンの比較試聴をと・・・

で、ソニーのVW-1100は、リファレンスモードをベースに、スクリーンはOSのピュアマット3を使って・・・色調と色の濃さをスーパーHiVi CASTを使ってキャリブレーションを取った状態でご覧いただこうと思います・・・音声は、Dolby TrueHD 5.0で・・・

曲は、11曲目のI Won't Danceで・・・トニーベネットの上質そうなスーツのジャケットの光沢感やステージ後方のノイズ感・・・途中後から出て来るダンサーのラメの衣装のきらめき感を注目してご覧くださいと・・・

まずは、ノーマルバージョンで試聴・・・

いやいや、これだけの高画質の大画面で・・・雰囲気タップリのサラウンドで、充分な音量で見ると・・・ホントにライブさながらの体験!・・・

【衣装の質感?】
2616-02衣装の質感

いや、でもアップがあったりすると、ライブでは見れないところまで見えてしまったりして・・・例えば、ガガのレースの衣装のほつれとか・・・(滝汗

と、山本氏が・・・最近こういう音楽コンテンツも増えて・・・なかなかチケットの取れないライブが・・・これなんか18ドルで買ったディスクですが・・・こういうクオリティのものが楽しめる凄い時代になって来たなと思いますと・・・

じゃ、こんどはLIMITEDバージョンで見てみましょうと・・・

ありゃ~!・・・音が全然違う!(汗・・・中低域の安定感がグッと増して・・・ノイズフロアが下がったからか、凄く微細なところまでクリアに聞こえて・・・音の収束と拡散がハッキリして、直接音は強く、間接音は微妙なところまで・・・いかにノーマルバージョンが、ノイズで汚れ滲んだ音だったかを思い知らされる・・・実際、トニーベネットの歌も・・・特にガガの歌は、そのメリハリがしっかり拡大して、別物の歌唱に感じるほど・・・

で、絵はどうだったかって?・・・ハハハ、もちろん、全然違いましたよ!(^^;・・・暗部のノイズ感の少なさ・・・衣装の質感のディテールが凄く明瞭にと・・・

と、山本氏から・・・いかがでしたか?違いは分かりましたか?と・・・ハハハ(^^;・・・やはり、最初に申したとおり、細かいところのコントラストがLIMITEDバージョンの方が綺麗に出てるんじゃないかと思います・・・OPPO Digital Japanのスタッフに特性データを見せてもらったんですが、周波数特性もSNもデーターとしても明らかにその向上振りが確認できました・・・電磁波対策や振動対策は、なかなか音には出るけど、絵には出にくいんですが、今回はこういう形で、画質にも明らかな効果があるということが確認出来たと思います・・・

でもって・・・この後、映画「鑑定士と顔のない依頼人」・・・これも4Kカメラでの撮影作品で・・・映像の実力を見させていただいて・・・

山本氏いわく・・・今、映画館でもこんな画質では楽しめない・・・デジタルシネマではコントラストも2000:1でしかも2Kですから・・・とてもこのシステムにはかなわない・・・家庭でこのクオリティで楽しめると言う恐ろしい時代になったと・・・

で、この後、クラシックの音楽コンテンツ・・・サンフランシスコ響の創立100周年記念のガラコンサートから、青少年のための管弦楽入門を視聴して・・・

いやあ、ピュアでこのクオリティで会場の雰囲気ともどもを再現するってのは・・・それなりのシステムで、気の遠くなるような調整の日々が要りそうですが・・・映像付きで、このクオリティの高い音源をサラウンドで再生すれば、比較的楽にかなり高いレベルでコンサートの追体験や疑似体験が出来るなと、つくづく感じた次第でして・・・やっぱシアターはいいな(^^;

で、最後は、音楽映画「セッション」のラストのキャラバンの演奏シーンを・・・

いやいや・・・凄い迫力!臨場感!・・・まさに臨場感と言う言葉はシアターならでは!

ただ、この後拙宅でもレンタルで視聴しましたが、何ともしょぼい音で・・・ガクッ_| ̄|○・・・ホントにこれは何とかしないと・・・(滝汗

ってわけで、とっても物欲を刺激され・・・おまけに拙宅のしょぼさを痛感しましたが・・・なかなかに楽しく、貴重な体験の出来るイベントで・・・

【お土産のHDMIケーブル】
2616-03HDMIケーブルのおまけ

おまけに、お土産もいただいて来て・・・いやあ、ホントありがとうございましたm(_ _)m

ってわけでタップリ楽しませていただいて、今回のお話しはこれにてお終い・・・

で、明日は?・・・ちょっとビックリなネタ?(^^;

ま、毎度の事ながら・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2697-6145b322