【2612】150829 OPPO BDP-105DJP Limited試聴会(1)前置き・・・(^^; 

さて・・・あれだけアナログ、アナログと騒いでいながら・・・何?どうしたの?って突っ込まれそうですが・・・ま、ご存知の方はご存知のように、実は元々こちらがルーツで・・・

ってか・・・ちょっとここまで何でもかかるとホントにボーダーレスですよね?・・・かからないのはアナログだけ?・・・ってユニバーサルプレーヤー・・・(^^;

そう、今日は、現在もまだ最先端のユニバーサルプレーヤーの1台・・・OPPOのBDP-105DJP・・・って、うちもこのプレーヤーなんですが(汗・・・これをベースにして、OPPO Digital Japanが独自チューニングをしたと言うLIMITEDバージョンの試聴会のお話し・・・

そうなんです・・・σ(^^)私、学生時代にプチオーディオをかじりかけた後、しばし休眠期間がありまして・・・復活したのは、ドルビーサラウンド搭載のAVアンプが出始めたころ・・・オーディオじゃ無しにホームシアターから再スタートしたんです・・・(^^;

で、一時はパイオニアのフラッグシップAVアンプのSC-LX90・・・通称SUSANO君を使ってました・・・ってか、SPがS-1EXって言うのも、シアター用SPとして登場したからですし・・・

エソテリックのUX-1だって、ユニバーサルプレーヤーで、映画のDVDを見るためですし・・・プリアンプがLuxmanのCU-80でパワーアンプがMU-80なのもアナログ入力のサラウンド対応だからなんです・・・

ただ、干乾びたキリギリスには、ピュアとAVの両方を追いかけるなんて出来ませんので・・・仕方なくAVアンプをドナドナして・・・アナログサラウンド出力のあるOPPOのBDP-105DJPを送り出しとすることで、Blu-Rayの映画に対応したと・・・

ってわけで・・・実は、ず~っとサラウンドマルチ環境だったりするわけで・・・(^^;

えっ?・・・そんなことはとっくにご存知?・・・ハハハ、じゃ本題へ・・・(滝汗

ま、一応、結構な思い入れがあって、OPPOのBDP-105DJPを使っているわけでして・・・それでもなお、UX-1がメインの音楽プレーヤーなわけです・・・

で、果たして、日本人のこだわりと、技術力で最先端のユニバーサルプレーヤーをチューニングしたらどうなったのか?・・・

全ての12cmメディアに対応し、PCトラポ再生からUSBファイル再生、挙句はネットワークプレーヤーにまでなっちゃって、アナログ以外は全部かかるユニバーサルプレーヤー・・・

これがUX-1を越えてくれれば、送り出しが1台に絞れるわけで・・・

って、まあ、さすがにそれは・・・と思いながらも、かすかな期待を持って・・・ま、それはともかく、うちでは未対応な384KHzPCMや11.2MHzDSDにも対応するOPPOのBDP-105DJPのLIMITEDバージョンは、果たしてどんな実力の持ち主?って興味で・・・

かみさんと一緒に、試聴会へ・・・

【今回の試聴会】
2612-01今回の試聴会

で、今回の試聴会は、当然OPPO Digital Japanの提供で、プレゼンターが、AV評論家の山本浩司氏ということで・・・この日の機材は・・・

プロジェクター : VPL-VW1100ES
BDプレイヤー  : BDP-105DJP LIMITED
BDプレイヤー  : BDP-105DJP
AVプリアンプ  : MARANZ AV8802A
パワーアンプ  : YAMAHA MCX5000
スピーカー   : B&W CMシリーズによる7.1chシステム
          (フロントスピーカーは、CM10 S2)
サブウーファー : Fujitsu Ten Eclipse TD725swMK2
スクリーン   : OS ピュアマット3(4K対応)
SACD/CDプレーヤー: ESOTERIC K-05X

【贅沢な比較】
2612-02贅沢な比較

で、今回非常に興味深かったのが、我が愛機のBDP-105DJPのノーマルバージョンとLIMITEDバージョンの比較があったことと・・・何と、ESOTERIC K-05Xとの比較も・・・

で、冒頭、山本氏の話にも出てましたが・・・昨年暮れにパイオニアが前作BDP-LX91から6年ぶりにフラグシップ機「BDP-LX88」を投入したので・・・BDP-105DJPで先行していたOPPOも、ちょっと頑張ったのでは・・・との話も・・・

そうなんですよねえ・・・ホントはσ(^^)私パイオニアを応援してたので・・・SC-LX90まで導入し・・・ホントは、これのセパレート機を待ち望んでたのに・・・全くその素振りもなく・・・それどころか、AVアンプはどんどん貧弱路線へ・・・

で、せめてプレーヤーはと待ち望んでたのに・・・こちらもBDP-LX91以降、全くの進歩無し・・・で、完全に見放して、昨年5月、パイオニアのAVプレーヤーをドナドナして、BDP-105DJPを迎え入れたわけですから・・・

【2129】140430 決断!AVアンプとBDPをドナドナ準備・・・(^^; [2014/06/06]

【2131】140501 ドナドナの後任は?・・・結局OPPO!・・・(^^; [2014/06/08]

う~ん・・・改めて考えると、ちょっと悔しい?腹立たしい?・・・

ピュアレベルにも匹敵するAV環境に出来ていれば、とっくの昔にシステムの統一が図れていたのに・・・結局、旧態依然としたアナログマルチチャンネルシステムにDVD機のユニバーサルプレーヤーで時が止まり・・・

挙句の果てに、ヒモだ皿だとタイムマシンで過去へタイムスリップ・・・

そう、結局そうなったのは・・・フォーマットでユーザーをもてあそんで本質を蔑ろにしたAV機器メーカーの不甲斐無さのせい!・・・なんちゃって(^^;

本質は、駄目駄目な耳と目と、腕のなさを棚に上げ・・・機器のパフォーマンスに夢抱き・・・分不相応な贅沢の挙句・・・自分が干乾びたキリギリスと気付いたから・・・(^^;

っとっとっと・・・激しく脱線・・・ぎょっ!・・・しかも時間切れ・・・

ってわけで、つづきは明日へ・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2693-11a6df6c