【2609】150823 Ray邸ヒモ聴き会(2)出張工作・・・(^^; 

さてさて、やっぱり飛びっきりのヒモサウンドは強烈ですねえ・・・ここまでを聞かなければ、アナログでも・・・上手く調整が仕上がったCDでも、充分ご機嫌になれるんですが・・・

これ聴いちゃうと・・・毎度、考えさせられます・・・この音は、一体どこで、どこへ行っちゃうんでしょう?・・・(^^;

って、嘆いても仕方ないので・・・じゃそろそろ、今日のσ(^^)私のもう1つの用事を・・・

そう、42Bを繋ぐXLRケーブルの製作・・・

えっと・・・Rayさんお手持ちの5mのXLRケーブルを・・・4等分して、それぞれにキャノン端子を取り付けること・・・

【まずは4等分して8本に】
2609-01まずは4等分して8本に

ってわけで、左右それぞれ5mのXLRケーブルを4等分して、8本に・・・

いやあ、なかなか人の分の工作となると緊張しますね・・・(滝汗

【ケーブル端を加工して】
2609-02ケーブル端を加工して

ま、4等分にちょん切っちゃえば、もう気も座って、普段の作業に・・・

で、ケーブル端の外皮を剥いて・・・網組シールドと芯線を剥いて・・・

でもって・・・この間にとびっきりのヒモはつぎのアルバムに・・・

【デュークエリントンのファーストタイム】1656-02
1656-02デュークエリントンのファーストタイム

いやいや、やっぱいいですねえ!・・・ってか、何なんでしょう?この鮮度・・・

1961年の録音って・・・σ(^^)私の生まれる前・・・もう50年以上前の録音でしょ?

ヒモにこれだけの音が残ってるのに・・・特にこの低域・・・ベースやバスドラの佇まいと来たら・・・アナログでも結構いい感じですが・・・ヒモの奥行き、空間の雰囲気にはたまらんものがありますね・・・

っと、いかんいかん!・・・単に、うちではデジタルをキチンと鳴らせてないだけだから(^^;

だって・・・アナログでこんなに簡単にこの空間の雰囲気が出るなら、別に腕も耳も駄目駄目なσ(^^)私がデジタルで足掻く必要はないわけで・・・(滝汗

ま、とは言え、デジタル音源のみの現代録音モノを聴こうと思えば必要なわけで・・・(^^;

ってなことを思いながら・・・ケーブル製作のつづきを・・・

【ぼちぼちキャノンプラグをはんだ付け】
2609-03ぼちぼち端子をはんだ付け

ご機嫌なサウンドを聴きながら、ぼちぼちキャノンプラグに線材をはんだ付け・・・

で、今回、少々注意が必要なのが・・・2番と3番のクロス・・・(^^;

送り出し機器側がメスで・・・送り先がオスで・・・1番はシールドで・・・2番と3番を入替えないとクロスになりませんからね・・・

で、ケーブルが完成・・・

【ケーブル4組8本完成】
2609-04ケーブル4組8本完成

一応、テスターで全てクロス接続になってる事を確認して・・・

おっと、1本ストレートのままのが・・・(滝汗

で、これを直して・・・これにて完成!・・・\(^^)/

ただ、一応L/Rを見分けるのに、仮に赤のビニールテープを巻いてますが・・・粘着剤がその内ネトネトになりますので、ノイトリックのカラーリングを取り替えてくださいね?(^^;

ってわけで、ここからは再びヒモ聴きに集中・・・(^^;

いやはや、ヒモのエネルギーってやっぱちょっと別物?・・・レコードではちょっと感じられない厚みと濃さと言うか・・・何か密度が全然違う感じがして・・・

で、おつぎのヒモは・・・ABCレコードのPower of Piano・・・

ただ、これは、色々な音源のオムニバスで・・・ちょっともとの音源がなのか?販売用にクオリティを落としているからなのか?・・・曲によってちょっとヒモらしい抜けの良さが感じられないんだよねとRayさんが・・・

で、聴いて見ると・・・ああ、確かに高域がかなり減衰している感じで・・・マスターがそうなのか?製品用のダビング工程でそうなってるのか?そのあたりはちょっと???ですが・・・

ちょっと、これまでのぶっとびなヒモと比べると全くの別次元・・・CDを下手なアップコンしてハイレゾ音源って売ってるのと似た印象が・・・残念(^^;

っと、中には、綺麗な録音のものも・・・やっぱ、オムニバスだから?音源によるんですね・・・ただ、2Tr38cmのヒモは結構な投資になるので・・・こういう当たり外れってのは、なかなか怖いものがありますね・・・(^^;

と、ここでRayさんが・・・今、デジタル系は全然電源入れてませんが・・・やっぱりデジタル系の電源入れると、音が変わります・・・音が凹むとのことで・・・

っと、全くの中途半端ですが・・・今日はここで時間切れ・・・

なので、つづきは明日に・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2690-0a927b56