【2602】150816 ラインコンタクト計画の交換針で玉砕・・・(^^; 

おっと!アップが遅くなりました・・・スミマセンm(_ _)m

さてさて、実家の2階の筒抜け部屋で耳のリセットをしたところ・・・どうやら、メインシステムの中高域辺りには、結構弱いところがあるんじゃないか?って懸念が・・・

実際のところ・・・プリのトーンコントロールで、高域を持ち上げていくと、音のキレがよくなっていくような印象もあって・・・聴感的には、1KHz辺りから4KHz辺りに弱いところがあるような気が・・・

ってわけで・・・そのうち確認してみないとと・・・(^^;

で、それはさて置き・・・って、置いとくのかい!(汗

ハハハ・・・この件は、またその気になったときに・・・

でもって、今日のお話は・・・ある実験準備が玉砕した話から・・・

えっと・・・ずっと以前にこのブログにアップしたことがあるんですが・・・村井裕弥さんからレコードプレーヤーをいただいて、開梱する際・・・σ(^^)私の不注意で、取り付けられていたカートリッジ(DL-103)のカンチレバーを折っちゃいまして・・・スミマセンm(_ _)m

で、慌てて同じDL-103を入手して、しばらく聞いていました・・・

ってわけで、このDL-103が、今回のレコード再生の再々開のベース?リファレンス?となっているんですが・・・

こ時のカンチレバーの折れた方のDL-103で、新たな実験をやってみようかと・・・(^^;

実は、ネットで色々情報を物色していたら・・・カートリッジを自力で補修している方がいることが分かって・・・カンチレバーの折れたカートリッジに、MMカートリッジの交換針を使ってカンチレバーを代替させるという手があるようで・・・

ってわけで、どうせやるなら、より面白く出来ないかな?と思案して・・・せっかくだから、以前から気になっていたラインコンタクト針で行けないかな?と・・・

で、更にネットを物色していたら・・・MMカートリッジ用の交換針で、SAS針って言うラインコンタクトの針先のものがあるようで・・・調べてみると通常は1諭吉越え・・・(滝汗

なので、一旦断念しかけていたんですが・・・何と!亜麻損で、3漱石足らずのSAS針のMMカートリッジ交換針を発見!・・・えっ!めっちゃ安い!(@@;

で、思わず、すぐさまこれをポチッと・・・(^^;

でもって、直ぐに届いたんのがこちら・・・

【亜麻損から届いたのは】
2602-01亜麻損から到着したのは

で、喜び勇んで中を見ると・・・うん?・・・0.5ミル針?・・・

あれれ?・・・ネットで調べてた時、楕円針とかラインコンタクト針って、0.6×0.3ミルとか、縦横のサイズが違って書いてあったのに・・・

ってわけで、色々調べて見ると・・・同じタイプの交換針で、通常の丸針のものとSAS針のものがあって・・・ポチした価格は、丸針のもの・・・えっ!(@@;

そんなはずはない!・・・確かに説明書きにSAS針って書いてあったぞ!・・・(怒

なので、亜麻損で交換の手続きを進めていったら・・・まずは返送しろと・・・

【返送準備を】
2602-02返送準備を

で、もう一度梱包して・・・返送準備して・・・集荷を頼んで・・・

あれれ?・・・交換にはならない・・・単なる返品、返金処理だって?・・・

う~ん、残念!・・・せっかく超格安でラインコンタクト針のサウンド確認が出来ると思ったのに・・・見事に玉砕・・・ガクッ_| ̄|○

ま、そりゃあそうですよね?・・・天下の亜麻損が、1/4の価格の新品を売ってるなんて・・・あるはずないですよね?・・・

結局、通常の丸針の商品説明にSAS針の説明書きを載せちゃってたってことのようで・・・

う~ん・・・交換処理の第一段階だと思ってやってた処理が・・・実は、単に返品・返金処理だったという落ちで・・・って、全く落ちてもいないし、納得行かないんですが・・・手続上は完了しちゃってて、どうしようもない・・・

ってわけで、今回のカンチレバーの折れたDL-103のラインコンタクト化作戦は、見事に玉砕と言うことになりました・・・とほほ(;_;

で、先のレコード再生再開の時、結局、新しく買ったDL-103のケースに、このカンチレバーの折れたDL-103を入れてたんですが・・・

今回、このケースを開けて見ると・・・何と、あの後、梱包の中から、折れたカンチレバーの先を発見して、本体側にセロテープで止めていたことを思い出した!・・・

と言うことで・・・今後は、これを何とか修復できないか?を調べてみようかと・・・(^^;

でも、今回は気落ちしちゃったので、ここで終了・・・で、明日は?

やっぱアホやん!な話を・・・(^^;

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2683-43464110