【2576】150725 ZXYのカートリッジ試聴会(4)・・・(^^; 

さて、ZYXのカートリッジR-100の25周年記念バージョンR-100EXの試聴会ですが・・・ヒノエンタープライズさんが、メーカーじゃないので、カタログデータ的な話しか出来ないので、レコードコンサート的に、色んな盤を聞いていただきますと、つぎつぎと・・・

【R-100EX】
2576-01R-100EX.jpg

って割りに、結構いろいろ説明が入ってますが・・・(^^;

背景が非常に静かな高SN感に、バイオリンもギターも非常に倍音も綺麗で繊細に、抜けのよい伸びを聞かせてくれたわけですが・・・今度は、ボーカルをと・・・

ビリー・ホリデイのSongs for Distingue Loversから、1曲目のDay In, Day Outを・・・録音は1957年と言うことで・・・モノラルの時代の録音・・・で、版権が切れたので、最近こういう復刻盤が出てましてと・・・これは、ワックスタイムと言うスペインの会社が出してる180gの復刻盤で・・・

復刻盤なんて・・・やっぱりオリジナルじゃないと・・・って、方もいらっしゃると思いますが・・・充分いい音で入ってますので、聴いて下さい・・・ZYXもモノラルカートリッジを出しているんですが、今日はこのステレオのマイクロリッジ針で聞いていただきます・・・

おお!・・・よく出来た再発盤CDと同じく、立ち上がりを少し強めた鮮度感と、ボーカルの存在感を感じる厚めのサウンドで・・・抜けもよく、非常に生々しく抜けのよいサウンド・・・

と、58年前の録音ですが、決してそんな古さを感じない・・・途中のサックスやトランペット、ピアノのソロも、5年前の録音ですといわれても、騙されそうないい録音だったんじゃないでしょうか?と・・・

昔は、今と違って電気的なテクニックが使えなかったので・・・少ないマイクで、しかも音圧に負けない重くしっかりしたマイクで録っているので・・・生々しい音が録れていると・・・未だに1950年代60年代のJazzが人気あるのも、こういう風に、録音が素晴らしかったから・・・あるいは、RVGのような録音技師のテクニックもあるでしょうけどと・・・

なるほど・・・確かに非常に厚く明瞭で、鮮度感のあるサウンドでした!・・・(^^;

と、ここでZYXのフォノイコ・・・Premium ARTIZAN(86諭吉ほど)の紹介が・・・

【Premium ARTIZAN】
2576-02Premium ARTIZAN

フォノイコとは?な説明から・・・ケースもカートリッジ同様、渦電流の影響も避けるため、木製となっているとか・・・微細な信号を扱うため、バッテリー駆動となっているとか・・・回路としては、CR型のRIAAカーブのフォノイコってことで・・・

で、外部電源接続時とバッテリー駆動で違いを聴いて見ましょうと・・・

まずは、これまで同様、商用電源に繋いだままで・・・クラシックのバイオリニストで、ユーディ・メニューインと、Jazzバイオリニストのシュテファン・グラッペリのアルバムから・・・Crazy Rhythmの冒頭を聞いて・・・

商用電源を外して・・・バッテリー駆動に切替えて、もう一度同じ曲を・・・

お、非常に滑らかで繊細な音も綺麗に出て抜けもよくなって・・・やはり商用電源に接続した方が、音圧も力強さも勝ってはいますが、少し音が粗くエッジ感を強くしたような印象が強くて・・・バッテリー駆動の方が、より自然に倍音も綺麗に高域まで抜ける感じで・・・

バッテリー駆動だと、ノイズの影響を受けないためか、倍音成分が綺麗に出て、スッキリして耳当たりのよい音になると・・・

まあ、定価でカートリッジとフォノイコで100諭吉ほどになってしましますから・・・(滝汗

っと、これに輪をかけて・・・ここからは、R-100EXに代えて、フラッグシップのPremium OMEGAで聞いてみましょうと・・・ただ、R-100EXに比べると、価格が3倍ほど・・・18諭吉が58諭吉ってことで・・・(滝汗

【Premium OMEGA】
2576-03Premium OMEGA

Premium OMEGAは、社長の中塚氏が、やりたいことを全て実現した製品なので、これはやはり凄い音がします・・・構造もR-100EXは、ケースと言うかボディがありましたが、Premium OMEGAは、フレームだけ?中味が丸見えな状態で・・・やはり、ケースで覆うと中で響いてその音が乗ってしまうから・・・ライラもそうですが、剥き出しの方が音がいいんですね・・・(^^;

と、ここでカートリッジを交換して、針圧の調整を・・・で、ZYXは通常2gの針圧ですが・・・夏場は、暑くて盤が柔らかくなる分、新圧を軽くした方がいいようで、逆に冬場は盤が硬くなるのでその分、針圧を上げてやるといいようですと・・・

でも、今日は標準の2gに合わせて・・・先程の曲をもう一度再生・・・

どひゃ~!・・・ビックリ!(@@;

こりゃあ違うわ!・・・ハハハ、そりゃあ店長さんが、これ鳴らしたら、今日のメインのR-100EXが売れなくなるんじゃないの?って危惧もよく分かりますね・・・(^^;

もう音の質感が数段ナチュラルでストレートに上質な滑らかさタップリになった!・・・で、勿論微細な音も全て克明にでてくるので、いっそう生々しさと実体感が増しました・・・

っと、あまりの驚きに、今日はここでお終いに・・・

って、単に時間切れ名だけですけど・・・(汗

てわけで、つづきは明日に・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2657-bbe482ca