【2553】150621 超音波レコード洗浄機の製作(リムドライブ部改修)・・・(^^; 

さて、プレ実験機からスタートした超音波レコード洗浄機・・・その大きな洗浄効果に気をよくして・・・両面超音波洗浄機能装備へとグレードアップし、レコードの自動回転も機能的には装備できた・・・

しかし、実際の使い勝手からみると、制御基板やスイッチ、モーターの電源がぶら下がる状態で・・・排水もままならないありさま・・・(滝汗

ってわけで、まずは、付帯パーツの削減を目指すべく、別電源の要らないACシンクロナスモーターを試したのだが・・・トルク不足で見事に玉砕!・・・とほほ(;_;

【玉砕したシンクロナスモーター】
2553-01玉砕下シンクロナスモーター

と、めげていては、先に進めない!・・・

ってわけで・・・タミヤのモーター付ギアボックスをそのまま使うことにして・・・

一応、コネクタで配線を接続するようにはしたけれど・・・結果的に付帯パーツが減らなかったので・・・とにかくこれらをどうにかしないと・・・

【一応コネクタ接続にした付帯パーツ】
2553-02コネクタ接続する付帯パーツ

っと、その前に・・・気になったのが、リムドライブのタイヤシャフトの保持方法・・・

これまで、片側保持といていたので、レコードを回転させるのに必要な圧で接触させると、シャフトに結構無理な力が加わっている感じがする・・・

なので、今回、シンクロナスモーター搭載時に試した両側保持方法をプロトタイプにして、新たに台座を製作することに・・・(^^;

で、まずは・・・本体側にレール?となる部分を作って・・・

【本体側にレールを】
2553-03本体側にレールを

でもって、このレールに沿ってスライドする台座とギアボックスの保持具を作成・・・

【台座とギアボックスの保持具】
2553-04台座とギアボックの保持具

台座とギアボックスの保持具は、接着しちゃおうかとも思ったんですが・・・

リムドライブでのレコードの回転数を変更するためには、一旦ギアボックスを分解して、歯車の組み合わせを変えなければいけないので・・・一応脱着可能な構造に・・・

それと・・・最初は、シャフトの穴に何かカラーのようなものかベアリングでも入れるかな?なんて思ったりもしたんですが・・・ま、そこまでやらなくても・・・

ということで、穴開けてグリスを塗っただけの超手抜き工作に・・・(^^;

【こんな感じで取り付け】
2553-05こんな感じで取り付け

てわけで、こんな感じで取り付けまして・・・

元々片側保持だった構造を、両側保持に変更したんですが・・・ちょっと動きが渋い?(滝汗

変更前は、メトロノームのような振り子式だったので、ほとんど可動部分に抵抗がなかったんですが・・・今回、コンパクトにして、洗浄槽本体をレールのごとくに、その上を台座がスライドするようにしたんですが・・・

どうやら、このレール機構の接触抵抗が意外にあるみたいで・・・(滝汗

ま、接触部分にグリス塗ってその場しのぎ・・・(^^;

ってわけで、リムドライブ機構の変更が終わり、いよいよ本題へ・・・

なんですが、今日はここで時間切れになっちゃいました・・・m(_ _)m

なので、つづきは明日に・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2633-bf526c6c