【2524】150530 フォノイコプリの抵抗交換・・・(^^; 

さて・・・原因不明の音切れと発振音で、またまた撤去されてしまったエレキットのプリTU-875・・・またまたってのは、以前もこのキーンって発振音が原因で休眠さてたんですよね(^^;

なので、結局、またまたってことなんですが・・・

現在繋いでるベリンガーのフォノイコより、管球で遊べるし、音触的にもTU-875の方が好みなので・・・今回は、何とか復帰させたいなあと・・・(^^;

【再休眠となったTU-875】
2524-01再休眠となったTU-875

で、最初に導入して以来、もう10年近く経ってるので・・・何をどう弄ったかも覚えてないのですが・・・

中を開けて見ると・・・ありゃりゃ、結構弄ってる・・・(@@;

【リケノームがあちこちに】
2524-02リケノームがあちこちに

そうか・・・当時、音響用の抵抗でリケノームがいいってのをどこかで見つけて・・・フォノイコ部分とラインアンプ部分の抵抗を、リケノームに交換したような・・・(^^;

ただ、この時、既にリケノームは生産終了だったかで、手に入る抵抗値が限られてて・・・仕方無しに2本を直列にしたりパラったりして、合成抵抗が、元の抵抗値になるようにしたんですよねえ・・・

その他、あちこちにちょっぴり青い色が付いてるのは・・・Ge3の青Qって塗料で・・・確か、塗ったものの質を高める効果があるとかで・・・(^^;

それから・・・カップリングコンデンサが、オレンジドロップに変えてあって・・・

他には、メイン基板とサブ機版の間に銅板のシールドを入れてたり・・・

ケース2階のB電源用DCコンバーターからの回路に、フィルター用に追加の電解コンデンサーを入れてたみたいで・・・

で、今考えると・・・リケノームの空中配線とか・・・銅板のシールドとか・・・追加の電解コンとかは・・・返って元の回路を不安定にしたり、ノイズを拾うアンテナになってたりしないかな?って気がして・・・

で、今回は、ノイズを抑えつつ・・・出来るだけノーマル?に戻そうかと・・・(^^;

ってわけで、フォノイコプリTU-875の復帰のために調達して来た部品がこちら・・・

【復帰のための部品調達】
2524-03復帰のためのパーツ調達

メインは、リケノームに交換してた部分を・・・ネットで評判がよさげな普通の抵抗ってことで・・・千石電商で、タクマン REY(1/4W)を・・・

その他、電解コンデンサーは、耐圧容量の同じオーディオ用?を・・・

で、最後にFRD(ファーストリカバリー)をSBD(ショットキー)に・・・

【抵抗と電解コン全撤去】
2524-04電解コンと抵抗を全撤去

ということで・・・何はともあれ、はんだ吸取り器を駆使して、既存の抵抗と電解コンを全部撤去して・・・FRD(ファーストリカバリーダイオード)も撤去・・・

【調達部品への交換】
2524-05抵抗と電解コンの再はんだ付け

で、キットの説明書のパーツリストを元に、抵抗値ごとに抵抗を紙に貼り付けて・・・

さながら、作りかけのキットを、もう一度製作し直すみたいな感じで・・・

抵抗、電解コンデンサー、ダイオードと、調達してきた部品をはんだ付け・・・(^^;

【部品交換完了!】
2524-06部品交換完了

ってわけで、部品交換は全て完了!・・・(^^;

で、最後に、フォノイコ部にファインメットのシートでシールドを・・・

【フォノイコにファインメットシートでシールド】
2524-07フォノイコ部にノイズシールドを

更に、裏側にも、ファインメットシートを・・・

【裏側にもファインメットシートを】
2524-08裏側にもノイズシールド

ってわけで・・・これにて修理完了!・・・\(^^)/

【修理完了?】
2524-09修理完了?

のはずなんですが・・・ま、何はともあれ慣らしも兼ねてつぎつぎレコードを・・・

おお?・・・心なしかスッキリした音に・・・

それに、音切れや、片チャンネル音がでないとかは起こらないみたいで・・・

っと、ところが・・・かなり音が小さくなったものの・・・

やっぱりキーンが・・・ガクッ_| ̄|○

ってわけで、この日は撃沈・・・つづきは明日・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2604-010199fa