【2431】150214 横浜のM氏邸訪問(5)異次元空間の2トラ38・・・(^^; 

いやあ、しつこいですねえ・・・今回の風邪(^^;・・・医者に行けないまま、市販の風邪薬だけで1週間まるまるヘロヘロ・・・辛うじて金曜までは・・・ふぅ(^^;

さて置き・・・そんなことより・・・はじめてお伺いさせていただいた横浜のMさんのお宅ですが・・・愛機パラゴンの素晴らしいライブ感・・・どうも曲数が進むにつれて、一段とその素晴らしさを増してきたような気も・・・(^^;

で、Eva Cassidyのレコードライブに、一層ご機嫌になったところで・・・

ついに!?・・・じゃあ、横浜のMさんの音源演奏の最後ということで・・・ヒモ行きます!と・・・いよいよ2トラ38ってことに・・・o(^^o)(o^^)oo(^^o)(o^^)oワクワク

っと、準備の間・・・話題は、ヘレンメリルWithクリフォードブラウンのファーストは音圧が高過ぎたんで、セカンドは下げたのか?・・・なんてコアな話題で・・・

ヘレンメリルWithクリフォードブラウンのファーストがどこどこのショップで30諭吉でずっと置いてあるとか・・・他にも、誰々の何のファーストはどうで、セカンドはこうでと・・・プチ盛り上がり!(^^;

何と、無知なσ(^^)私と来たら・・・最初、アーティストの1枚目にリリースしたアルバムと2枚目にリリースしたアルバムの話かと思っちゃうようなお馬鹿ぶりでして・・・プレスの話だったんですね・・・(滝汗

っと、ここでヒモの準備が終わったみたい(^^;

で、こちらがマスター巻きから巻き戻して、再生準備が出来たところのSTUDER A80・・・!!

【こちらがSTUDER A80】
2431-01STUDER A80

おおお!(@@;・・・これが憧れのSTUDER A80かあ!・・・見れただけでも満足!(^^;

最初は・・・サンタのキャラバンサライを・・・

【SantanaのCaravanserai】
2431-02SantanaのCaravanserai

勿論画像はCDのジャケットですが・・・これの2トラ38・・・出自は???ですが・・・まあ、お宝音源なのは間違いないようで・・・最初の基準信号が終わって・・・

例の虫の音からスタート・・・うぉぉおおお!!(@@;

壁も天井も無い・・・シーンっと静まり返った夜の空間の、そこかしこから虫の音が聞こえてきて・・・いや、もうそれが、目を瞑るとホント生々しくて・・・この虫の音が聞こえ始めた途端、空間の温度が少し下がったかと思うほどに、空気が一変しました!(@@;

っと、この時点で、皆さんからも・・・ほぅ~!楽しい音だなあ!・・・凄いなあ!・・・どうしてこんなに深度が深いんだろう?・・・う~ん、これ凄いなあ・・・いやあ、深呼吸したくなるようないい音だなあっと・・・

で、サックス?の音が始まると・・・う~っわっ!全然違う!・・・

皆さんからも・・・比べなければ・・・この音を知らなければ満足出来たのに・・・これきいちゃったら、もう・・・

と、ベースとシンバルが入って・・・金属パーカッションチャラ~ンって・・・くぅ~っ!!・・・凄い!・・・ベースの弦の何と自然な生々しさ!・・・うわっ!ピアノがまた、空間の響きも含めてスタジオライブを聞いてるみたいに、そこで演奏してるみたいな自然なリアルさ!

なんて言うんでしょう!・・・虫の音が、ほろそこに・・・ここにも!・・・って、その音の位置を、あたかもそこにって指がさせるような感じだったのが・・・順番に楽器に置き換わって来たみたいに・・・鳴らされる楽器が、ほろそこに・・・今度のパーカッションはそこに!・・・って、全部の音のでてくるところが分かるような音の出方・・・

で、おまけにこのベースのズ~ンって安定感、どっしりした感じがすごい!・・・まるで、地面に根っ子が生えたような・・・地面に突き刺さって行くような音だ・・・音が簡単に出てきます、音が簡単にそこ(指差して)に居ますよねと・・・一生懸命技巧を凝らしてそこに居させるんじゃなくて、当たり前のようにそこに居るみたいな・・・首振っても楽器がズレませんよ・・・なんてコメントが続々と・・・

いや、ホント音の見え方が違うんですよね・・・そう、ホント音配置に見え方という表現を使いたくなるような展開の仕方するんですよねえ・・・(^^;

でもって、楽器の音数が増えてきても・・・勿論、重なることも無く、ピンポイントでそこに新たに音の出所が・・・って次第に増えて・・・スタジオセッションのステージが展開・・・

う~わっ!このドラムとベースの実在感って何!?・・・

っと、皆さんからも・・・いやあ、たまらんですな・・・これこそテープで聴く音ですね・・・音楽の基本はやっぱりリズム楽器、ドラムとベースなんだよね・・・テープヒスなんて全く気にならないし・・・これだけの音で、会話が出来るのが凄いよね!・・・

それにしても、この低音のうねりの凄いこと・・・ギターの咽ぶよな鳴きっぷりと抜けの良さときたら・・・自宅のCDが、AMラジオで聞いてるのか?ってほどここでの演奏とはスケールもリアルさも全くの別次元!・・・

っと興奮しながらも・・・何時しかライブに来てる感じで演奏を聞くのに没頭して・・・

・・・って、演奏が終わって・・・いやあ、凄いですねえ!ホントお腹いっぱいってくらいタップリ楽しんじゃいました!・・・

っと、気が付けば、これだけで一話に・・・ってわけで、続きは明日へ・・・明日は更に!

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2510-446b846c