【2366】141124-29 7号メタルリールのでっかいおまけ・・・(^^; 

さて、相変わらずの2ヶ月遅れのパラレルワールド・・・こちらの最新トレンドはやっぱりヒモってことなんですが・・・

ヒモ族に入信したものの、2トラ38cmで聴けるヒモが数本しかなくて・・・仕方なく、ついついかすかに流通する中古の市販ミュージックテープ(4トラ19cm)に手を出して・・・

族長(Gabachoさん)に譲っていただいたTEAC A-2300SXで聞いてたんですが・・・

手持ちの7号空リール(300円)が歪んでいるのか?・・・再生中にテープがこのリールに擦れる音がイラッとする音で・・・(^^;

ま、再生中にテープがリールに擦れる音がするのは、TEAC 33-2の2トラ38cmも同じだったんですが・・・リールがメタル(アルミ)だから?、あまりその音は気に障らない・・・(^^;

ってことは、4トラ19cmの時も7号のメタルリールを使えばいいのか?と、あちこち探して見たんですが(勿論、中古)・・・ショップでもオクでも、ほとんど出てこない(^^;

たまに出てくると、希少価値から?・・・何と10号のメタルリールより高い!・・・(汗

でもってこの頃のオクの相場が3.5K~6K辺り・・・

と、めっちゃでっかいおまけのついたSONYのメタルリールが、平均価格程度で出てて・・・

思わずポチッと・・・(滝汗

いやあ、勿論かみさんには、プラリールの擦れる音を聞かせて、メタルリールの相場も見てもらって、お許しを得てからポチッたんですよ・・・(汗

で、数日後・・・でっかいおまけが付いてくるから大きな箱で届くよとかみさんに言っといたんですが・・・届いた箱がこれ・・・

【こんなにでっかい箱が】
2366-01こんなでっかいのが

帰宅すると、かみさんから・・・何か大きな箱が届いたよと・・・

目的のブツは、勿論、SONYの7号のメタルリール・・・

【落札した7号メタルリール】
2366-02落札した7号メタルリール

一応、ネジを外してバラして、無水アルコールやアルカリ電解水で綺麗に掃除したんで、案外綺麗にはなったと思うんですが・・・(^^;

えっ?・・・でも、なんでそんなでっかい箱だったのかって?・・・ハハハ(^^;

【これがおまけ】(ちなみに画像は清掃後)
2366-03これがおまけ

実は、SONYの7号のメタルリールのおまけについていたのはこれでして・・・(汗

電源ケーブルもないジャンク・・・

なので、何か無いかと考えて・・・手持ちの1個口の延長コードが使えそう・・・で、メス側の樹脂モールの出っ張りをカッターで削って、仮の電源ケーブルを製作・・・

これを繋いで動かしてみたら・・・カウンターは動かないけど・・・回るべきところは回るみたい!(^^;・・・だったらと、実験用のテープをかけて動かすと・・・

おっ!・・・鳴るじゃん!(^^;

で、停止ボタンを押すと・・・巻き取り側が先に止まって、送り出し側が遅れて止まる・・・その結果テープがびろ~ん!ってなるし・・・早送りからのストップはもう大変!(汗

でもって、その後もいろいろ・・・早送りや再生、巻き戻しをガチャガチャやってると・・・突然テープがブチッと切れたり・・・(汗

どうやら、リールのブレーキ機構が全然上手く機能してないみたい・・・

【さっそくおまけの修理に】
2366-04さっそくおまけの修理

と言うことで・・・以前、族長(Gabachoさん)に教えてもらったサイトからサービスマニュアルを落としてきて・・・これを見ながらまずは分解・・・(^^;

【カウンターのベルトは輪ゴムで】
2366-05カウンターのベルトは輪ゴム

すると、カウンターのベルトは伸びて空回り・・・なので、ここは一旦輪ゴムで代用(^^;

でもって、ケースから本体を取り出して動作させると・・・どうやら、グリスの固着でブレーキ機構がほとんど動いてないので・・・サービスマニュアル片手に分解して・・・一旦アルコールで綺麗にして、ちょっぴり注油して・・・もう一度動作実験するも・・・全然駄目駄目(^^;

で、ネットを更に漁ると・・・どうやらブレーキパッドを交換しないと駄目らしい・・・でも、40年も前の製品ゆえ、そんな部品があるわけも無く・・・フェルトで代用するらしい・・・

なので、近くのホームセンターへフェルト(家具を滑らなくするタイプ)を調達しに行って・・・2種類のフェルトをGet!・・・

あれこれ組み合わせたり、バネの強さを変えたり・・・

で、まだ問題はあるものの、どうにか動くように・・・\(^^)/

【掃除しながら組み戻し】
2366-06掃除しながら組み戻し

なので、あちこち汚いところを掃除しながら組み戻し・・・

【暫定修理完了!】
2366-07暫定修理完了

ハハハ!・・・まさかこれがおまけとは!(^^;

ってわけで、音出ししてみると・・・

まあ、修理したというプラシーボもありますが、いいんじゃないでしょうか!・・・(^^;

ヘッドホンで聞くと、ちょっとザワザワしたノイズがあるような気が・・・で、全体の音の雰囲気は、A-2300SXより高解像度で中高域寄りのバランスに感じます・・・

ま、実際のところ、40年以上昔の機材ですので、果たして正常動作しているのかどうかは、さっぱり分かりませんが・・・そこは、この後のお楽しみ材料として・・・ぼちぼち弄ってみようかなと・・・(^^;

ってわけで、今日のお話はこれにてお終い・・・明日は、ちょっと実験?(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに! ・・・

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2444-5ed309f8