【2353】141108 オーディオセッション&ハイエンドショウ(3)・・・(^^; 

さて、今回の一つの興味である4Kと3Dの視聴が出来ちゃったので、ほぼ満足状態(^^;になっちゃいましたが・・・ヒモショックから音は余り期待せずに他のブースへと・・・

部屋に入ると、ピュアMgのスコーカーの絞り込みを強くしたフラッグシップのG2000aで、ヘルゲリエントリオのテイクファイブをかけてたんですが・・・エネルギー感のある鮮烈っぽいアクセントタップリな音で・・・あれ?なんかちょっと窮屈な印象・・・

っと、この後、G250MGとG2000aの試聴をやるってんで、そのままこのブースで・・・

そう言えば、例年ここで聞いてるなあって思いつつ・・・今回は、まず、スコーカーの振動板がMg合金からピュアMgになったG250MGを試聴・・・

【FOSTEXでG250MG】
2353-01FOSTEXでG250MG

何でも、このSPは地方のオーディオファンは、部屋が広く38cmウーファーの大型モニターのユーザーが多く・・・ウーファーが最近の低域の早いソースに追い付かないとの声から、38cmの音圧や迫力のある低域と速さを両立し、大型モニターユーザーがその隣へ置けるようにするために25cmウーファーのトールボーイとして作ったSPなんですって・・・(^^;

で、角田健一のビッグバンドで、エアメイルスペシャルを・・・

あれ?・・・う~ん・・・やっぱテープショック?・・・いえ、凄く洗練された整った音、ビシッとスカッと明晰で早いっぽい音なんですが・・・部屋のせいなのかなあ?・・・曲のスピード感はたっぷりなんですが・・・あ、音の弾力感が期待ほどでないから?・・・う~ん、違う・・・単に早弾きしてるった感じで・・・

あ、やっぱソースの影響もあるのかなあ・・・音の生気が余り感じれない・・・って、これは、完全にヒモショックの影響だ・・・(滝汗

でも、冷静に聞くと・・・確かにソースの印象もあるんですが・・・あっ!うちと同じつまらなさ・・・そう、スコーカーがMgってこと・・・

デモでも、振動板の鳴きがないと、素材を台の上に落下させた音を聞き比べ・・・ほら、鳴かないでしょって・・・この乾いた音・・・この音に違和感を感じて・・・出音もまんま同じイメージで、洗練されて締まった音なんでしょうが、窮屈に感じるんです・・・要は、削ぎ落としすぎと感じてしまう・・・ぎょっ!(@@;

そうか!・・・σ(^^)私は、振動板の付帯音を好んで聞いてるってことか?(滝汗・・・

っと、ここでデモは、素材の内部損失と音の聞き比べってことで・・・10cm角ほどの板材に鉄球を落として、その音と弾み具合を比べるってことで・・・鉄、チタン、アルミ、マグネシウム合金、ピュアマグネシウムと・・・カ~ン、キ~ン、コツン、コツ、コッ・・・って具合に響きの無くなり具合とともに、鉄球の跳ね返りも少なくなって行く・・・

ああ、視覚聴覚プラシーボ・・・音の生気と思っていたのは素材の響き?・・・う~ん・・・

この後、バイオリンも聞いたんですが・・・音の印象は変わらず・・・

で、つぎにSPをフラッグシップのG2000aに変えて・・・

【フラッグシップのG2000a】
2353-02フラッグシップのG2000a

えっと・・・前からある機種で・・・G2000が2000aになって、ミッドレンジのピュアMgの整形を、お得意の絞った形の絞りをより深くして剛性を高くしたんですって・・・で、ミッドレンジのSNを上げたと・・・

で、バッハのバイオリン協奏曲がかけられたんですが・・・

うん・・・バイオリンの音色は非常に澄んだ繊細な音に・・・でも、瑞々しさは・・・

やっぱマスターヒモショックの影響がでかいんですね・・・モロの鮮度を体験してしまったせいで、それに繋がる要素を求めて探してしまう・・・結果、例えそれが付帯音であろうと、音の印象が生命感を連想出来るなら、そちらを求めてしまうって感じ?

それと・・・出音の密度の違い?・・・音の見え方がその厚みによるというか密度によるというか・・・聞いてしまったマスターヒモショック・・・知らなきゃこれで普通と思っていられたのに・・・おまけに、聞いたイメージが頭の中で進化してるし・・・

だから、結果的にそのギャップが激しくて、そこを少しでも埋められるならと、付帯音ですら好んで求めてしまうということか?・・・

えっ?何の話かさっぱり?・・・(^^;

ちょっと意味が違っちゃいますが・・・レコードの音とCDの音と、SACDの音みたいな違いというか・・・その差に違和感を感じるみたいな・・・よけいわからん!(滝汗

ってわけで・・・σ(^^)私的には、内部損失の高い振動板であるMgはいいんだって頭が・・・今のσ(^^)私の好みって観点からは、そうでもないと・・・つまりは、うちのSPの音色は、今σ(^^)私が求める音の方向とは、真逆の音色だってことを認識したってわけで・・・

少々、重いショックを受けながらつぎのブースへ・・・って話はまた明日・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2431-12c18a06