【2348】141025 M谷邸再訪(2)CDトラポよりPCトラポの方が・・・(^^; 

さて、3年振りのM谷邸・・・AITのDAC導入によって、そのサウンド傾向が大きく変わったとのことでしたが・・・やはり、ESS9018チップのサウンド傾向が感じられ・・・SN感の向上、澄んだ綺麗系高解像度な音で・・・

厚みや濃さや滑らかさは、PCM音源の再生では、USBからのダイレクト接続ではなく、M2TechのDDCを経由しているからか、DSDアップサンプリングされてても、結構PCMの蛍光が色濃く残っている感じで・・・

DSDのネイティブ再生では、USBがamaneroへの直接接続で無い分、少々柔らかな音になってしまっていた・・・ま、これは、ダイレクトに繋げば改善されるでしょうし・・・

σ(^^)私的に一番の収穫は、拙宅であまり鮮度感を感じれなかったDSD録音のDSD5.6MHz音源が、こちらでAITのDACを持ってしても女に変わらなかったこと・・・うちの音が完全に駄目駄目ってわけでもなさそう・・・(^^;

で、ここからは・・・M谷さんが、好みの音でないからと、ほとんど使われなくなっているCDトラポからの再生に・・・

まずは、Rayさん御用達のキャロルスローンのハッシャバイを・・・

【キャロル・スローンのハッシャバイ】2240-02
2240-02キャロル・スローンのハッシャバイ

お!いいじゃないですか!・・・SN感もあって、滑らかでAITのDACっぽいボーカルの暖かさ濃さがでてると思うんですが・・・

M谷さんは、音があまい(緩い?)のが、お好みじゃないようで・・・

数曲聞かせていただいて・・・空間の取り方が違うのもしっかり確認さして頂いて・・・まあ、CECのベルトドライブのトラポとAIT DACのDSDアップサンプリングの傾向が重なって、より音が丸く感じられるってのもあるのかも?・・・(^^;

で、CD再生時は、DSDアップサンプリングをしないほうがいいかも知れませんねと・・・PCMストレートに変えていただいたら・・・

ちょっと明るめで、中高域がホンのちょっぴりハッキリすっきり目の傾向・・・ま、PCMの音の傾向になっただけかもしれませんが・・・

で、おつぎは、Fさんが持参されたMUSICANUDAを・・・

【MUSICA NUDA】1915-02
1915-02強烈なMUSICA NUDA

ま、これもRay邸での印象が一番強いソースで(汗・・・ま、確かに音の立ち上がりが柔らかく、全体に太いというか・・・そのわりに乾いた感じとのことで・・・う~ん、なるほど、CECのベルトドライブの傾向とAITの傾向が喧嘩してるみたいな感じも・・・

で、こんどは、大@神戸邸でも聞かせていただいたMasa SumideのBack tu Basicsから、14曲目の悲しい色やねを・・・

【Masa SumideのBack tu Basics】2292-01
2292-01Masa SumideのBack tu Basics

ああ、AIT DACらしい感じ・・・サラッと綺麗で、中低域にある程度の厚みが・・・音源が元々オーバーデコレーション気味・・・ライブ会場のPAで聞いた雰囲気にしてあるんですが・・・そのデコレーション部分が何とか許容範囲に入る感じで、気楽に聞けます・・・

おつぎは、PCトラポからDSDアップサンプリングで、サリナジョーンズのオータムリーブスをかけられた・・・

うん、こういう女声ボーカル系をゆったり聞くには、構える必要もなく、ゆったりと曲に浸れていいんじゃないでしょうか・・・

つづいては、付録音源での比較で・・・44.1KHz/16bitとDSD2.8MHzの比較で・・・

お、ちょうどうちは、この変化のように、CDに元々は入ってるパリッとカリッとした感がなくて、DSDみたいに力感がない薄味な音なんですよね・・・(滝汗

で、最後に、M谷さんの定盤でピーナツベンダーを再生・・・

ああ、なるほど、確かに少し濃い目で太くした分、丸いって感じてしまいますね・・・

ただ、先ほどのように対峙して聞かず、寛ぐための再生には、非常に心地よく・・・演奏のメロディアスな雰囲気は、充分感じられます・・・

ということで、3年振りのM谷邸のサウンドは、AITのDACの導入で、DSDにも対応して、サンバレー色からAIT色に模様替えをされていました・・・

M谷さん、同席の皆さん、楽しく貴重な時間をありがとうございましたm(_ _)m

って、実際は、この後最寄駅まで出て、駅ビルの居酒屋でオーディオとお酒の話を肴に盛り上がり・・・(^^;

今後も、よろしくお願いしますね!(^^;

ってわけで、今回のお出かけ2連荘のお話は、これにて終了・・・明日は・・・

拙宅の音改善のための実験ネタ・・・って、息抜きなだけ?(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2426-3d049b51