【2343】141025 大@神戸邸訪問(3)小ホールのライブのように・・・(^^; 

さて、今から50年も前のアメリカ製のSPをメインにすえられた大@神戸さんの新居・・・ご自身の生まれる前のSPの音色に魅了され、何年もかけて手に入れ・・・これまた何年かかけて専用ルームを擁するマイホームまで実現され・・・その情熱と行動力には頭が下がるばかり・・・

でもって、そのサウンドは?ってことで・・・冒頭、YouTubeやネットラジオの音源を聞かせていただいたわけですが・・・何より杉と漆喰で囲まれた吹き抜けの大きなエアボリュームは、何ともいえない心地良い響きで、極上の雰囲気を醸し出す・・・

新築でいきなりこんな素晴らしいサウンドが得られるなんて・・・普通は、こんなはずじゃなかったと、部屋の響きが落ち着くまでは、苦難の日々を送られる方が多いと聞きますが・・・こんなに素直に極上の響きが得られるなんて、極めて稀なんじゃないでしょうか?・・・(^^;

っと、大@神戸さんから・・・ナローレンジで古めかしい音じゃないですか?最近の音って、もっとパリッとしてませんか?っと尋ねられたんですが・・・

何でも、以前ご一緒したゴン蔵邸のウェスタン555のシステムが、余りにパリッとした音で、そのワイドレンジ感も合わせて衝撃的だったとのこと・・・

ああ・・・でもそれは、金属振動板のコンプレッションドライバー+ホーンで、おまけに励磁型と来てるわけですから、その鮮烈さはちょっと別物かと・・・(^^;

とは言え、このインペリアルも、σ(^^)私的には全く違うって印象ではなくて・・・同軸3wayならではの素直で一糸乱れぬ出音は、非常に魅力的かと・・・

確かに極低域は、バックロードホーンと言う構造からも、それ程延びていないのかもしれませんが・・・乾いた早い低音~中音と楽器の立ち上がりの中高音がしっかり出てれば、その倍音で、必要なレンジは感じられるんじゃないでしょうか?・・・

それより、これだけ巨大な筐体からは、想像できない響きと空間が再現され・・・その空間の心地良い雰囲気は、他ではなかなか得がたい世界だと思うんですが・・・(^^;

【得がたい響きの空間】2342-01
2342-01部屋の入り口から

と、画像には写ってませんが、右のSPの後辺りにオーディオ用の分電盤が・・・電源は、出水電気さんの施工だそうで・・・

ってわけで、お茶タイムを振動の遮断の話・・・インペリアルは、インフラノイズのマグナライザー5個で設置・・・などなどオーディオ談義で楽しみつつ・・・

じゃあ、ここでPCからの再生をと・・・リッキーリージョーンズのPOP POPから・・・Spring Can Really Hang You Up The Mostを・・・

いやあ、直接音は充分パリッとしてるじゃないですか!・・・ギターの弦を弾いた音もしっかり出てるし・・・何よりの魅力は、この部屋の響き!・・・小ホールでのライブのような雰囲気にしてくれるんですよね・・・

とつづいて、これがお好きだとDat Dereを・・・

確かに、部屋の響きも含めた全体のサウンドは、暖かく優しい目のサウンドに感じられますが・・・個々の直接音は明瞭でパリッとしてますし・・・子供達の声の空間はちょっと別の空間になっちゃいますが・・・ベースやサックの生々しさと、部屋の響きから来るライブ感は、他では得がたいですよ!(^^

と、それじゃあ、ここからJazzに入って行きますと・・・今度は、グレース・マーヤのラスト・ライブ・アットDUGからルート66を・・・

う~ん、なるほど・・・ライブハウス感と言うよりは、響きのよい小ホールって感じの空間になりますね・・・でも、これって、部屋の響きが落ち着いて来れば、もっと直接音と響きの差が出て来て、実体感も増してくると思うんですが・・・(最初から上手く鳴り過ぎ?(^^;)

それじゃあつぎは・・・ベースとギターのデュオを2曲ほど聞いてくださいと1曲目を再生・・・

この曲は、ギターよりもベースを聞く曲なんですと・・・

なるほど・・・ギターの響きは、部屋の響きと相まって少し柔らかな雰囲気感に回ってしまいますが、オンマイクなベースの実体感は薄れませんから・・・この響きと合わせて小ホールでのライブって感じが強くていい感じに・・・っと、拍手が!・・・ああ、元々ライブ盤だったのですね!(^^;・・・いやいや、いい雰囲気に鳴ってると思うんですが・・・

で、おつぎは、パートナーのギター弾きが変わるとこんな感じなんですよとレッドミッチェルとのデュオを・・・

こちらはギターもそこそこ出て来て・・・ああでも後半は、ベースとの掛け合いの色合いが濃い演奏で・・・へえ、ベースの違いで凄く演奏の雰囲気が変わるんですね・・・

っと、ちょっとマイナーなところはこの辺で・・・つぎはメジャーで・・・

っとっとっと残念・・・今日は個々で時間切れ・・・

ってわけで、つづきは明日に・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2421-7137a2dc