【2312】141005 Gabacho邸再訪(3)奇跡的なサウンド体験!・・・(^^; 

さて、とうとうヒモ族への入信を敢行し、族長邸で、突撃入手したデッキの健康診断もしていただき・・・これで晴れてヒモ族に・・・

っと、ところが、実際はここからが大変・・・何を聞くのか?(^^;

そう、今のところデッキ入手時に分けていただいた、素性不明のコピーソースの2トラ38テープ2本のみ・・・ですが、先ほどまで聞いていた2トラ19cmのミュージックテープの方が、明らかに鮮度が高い!・・・(^^;

こう鳴ると、テープ入手が一番の問題ってことで・・・チラッとご紹介いただいたのが、先にきかせていただいたKeely Smithや、ちとお高くなるそうですがNat King Coleの2本・・・

その他・・・Patty PageやLivingston Tape Libraryなんかもねって・・・

【Patty Page表】                【裏】
2312-01Patty Page(表) 2312-02Patty Page(裏)

【Livingston Tape Library(表)】      【裏】
2312-03Livingston Tape Library(表) 2312-04Livingston Tape Library(裏)

まあ、少しずつ、かみさんからのお許しを貰いつつ、探して行くしか・・・(^^;

あ、ここをご覧の方で、もう聞かないのがあるからあげるよ!・・・なんて奇特な方がいらっしゃったら、是非ともお声掛けくださいませ・・・よろしくお願いしますm(_ _)m

ってな寄り道は程々に・・・そろそろ族長邸での集会のお話に・・・

で、ここから聞かせていただいたのは、こちらなんですが・・・

【The BeatlesのA Hard Day's Night】
2312-05The BeatlesのA Hard Days Night

もうホントにごめんなさいm(_ _)m・・・画像は、アルバムジャケットですが、族長邸でかかるソースなわけですから当然、ビックリもののテープでして・・・(^^;

いやあ、σ(^^)私のような素人が、このような貴重なサウンドを聞かせていただくなんて・・・ビートルズファンの方には、ホントに申し訳ありませんm(_ _)m

きっと、ファンの方が聞かれれば、その価値、感動のエネルギーは、σ(^^)私の衝撃の数百倍はあるんじゃないかと思うソースでして・・・(滝汗

録音は、恐らくσ(^^)私の生まれるちょっと前・・・なのに、聞こえてくるのは、当時のミキシングスタジオでは、こういうサウンドだったんだろうな・・・レンジ感は当時を思わせるけれど、演奏のディテールまでありありと伝わる生々しい鮮度感・・・凄い!素晴らしい!としか言いようが無い究極の贅沢なサウンド・・・このクオリティと鮮度感で、この演奏を聞いた人って、果たして世界に何人いるんだろう?・・・(恐

オリジナル盤とか・・・テストプレスとか・・・いやあ、間違いなく、その次元じゃないというのだけは、σ(^^)私でも分かります・・・いや、ホントに凄い経験・・・

1. A Hard Day's Night ~ 2. I Should Have Known Better ~ 3. If I Fell ~ 4. I'm Happy Just To Dance With You ~ 5. And I Love Her ~ 6. Tell Me Why ~ 7. Can't Buy Me Love ~ 8. Any Time At All ~ 9. I'll Cry Instead ~ 10. Things We Said Today ~ 11. When I Get Home ~ 12. You Can't Do That ~ 13. I'll Be Back ・・・

このアルバムのセットリストを並べましたが・・・まるまる、た~~~っぷり、スタジオで聞かせていただいたような・・・もの凄い高揚感と心地良い疲労感・・・

と、族長が・・・レコードの内周の曲でも、CDよりがっかりしたことは無いと・・・って、族長のお持ちのLPと比べちゃかわいそうでしょう(^^;・・・

先達の方からは・・・レコードでは、ボーカルの歌詞が聞き取り難いところがあったけど、このテープでは、全く無くて、しっかり聞き取れた・・・新しい発見だったと・・・

とにかく、これが高次のDSDになって出回らない限りは、このクオリティと鮮度のサウンドを一般的には、聞けないわけで・・・早くそう言う時が来て欲しいんですが・・・

と、族長が・・・それは無いでしょう・・・レコード会社は、絶対不完全なものを出して来るでしょう・・・完成形を世に出したらそれ以上のものはありえなくなるから・・・だから、絶対出さないと思いますよ・・・

なるほど・・・少しずつリマスターとか、パッケージを変えて、高音質になったと期待させて、同じアルバムを手を変えて、何度もマニアに買わせる?・・・(^^;

ま、メジャーなところからは、期待できないでしょうね・・・マイナーなところは、ありえるかもしれないけど・・・ってか、そこから突破口が開いてくれればって、どうしても期待しちゃいますね・・・(^^;

と、ここで族長が・・・今のA Hard Day's Nightのレコードから、5. And I Love Herを再生されたんですが・・・

かけられたのは、オリジナル盤かテストプレスのレベルだと思うのですが・・・えええ!それでもこんなに窮屈な音になっちゅんですか?って、驚かざるにはいられないもの凄い差が・・・

いや、多分、普通のレコードや、CDに比べたら、驚くほどの音数で鮮度感も段違いなんでしょうけど・・・先のテープとは、比べること自体が禁断の行為かと・・・(滝汗

確かに、このテープのの音から、めっちゃ苦労して纏め上げたという意味で、同じ延長線上にあるとは思いますが・・・その隔たりは、想像を絶する大きさ・・・

ヒモ族の世界・・・入ったはいいが、ちょっと・・・いや、あまりに恐ろしすぎる世界です・・・実際、このサウンド体験が出来る確立って、軌跡的なレベルだと思うんですが・・・

ってわけで、いきなりな奇跡的サウンド体験に、既に半ば放心状態?・・・また、えらいもん聞いてしまった・・・(滝汗

で、今日のところは、これにて時間切れ・・・なので、つづきは明日に・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2388-0e57e179