【2287】140915 標準長尺XLRケーブルの製作(NewType)・・・(^^; 

さて、ほとんどクルマの話で、無理やい最後の1行でオーディオに繋ぐって、息抜きネタにもほどがあるやろ!って?・・・いやあ、ホントの息継ぎネタですので・・・繋いだだけ(^^;

で、今日のお話は・・・一応、全編オーディオネタですので・・・ちゃんとした息抜きネタってことで・・・って、結局息抜きなんかい!・・・ハハハ、はい(^^;

ということで・・・同じ様なタイトルの話がホンの少し前にもあったような・・・

おお!・・・その記憶のある方!大正解です!・・・(^^;

【2271】140906 元に戻って標準長尺XLRケーブルの製作・・・(^^; [2014/10/26]

ホンの2週間ほど前のお話に・・・って、タイムスタンプでは1週間ほどしか経ってないんですけどね・・・(^^;

この時作ったのは・・・リンク先の記事の更にリンク先に・・・メイン使用の長尺バランス(XLR)ケーブル製作ってのをやってますが・・・

このケーブルの立ち位置を明確にするために、スタジオなんかで使われるマイクケーブルで、判断基準とするための、標準ケーブルを作ったわけです・・・(^^;

ところが・・・何気にふと気になったのが・・・芯線が4本ってこと・・・

先のリンク先の標準長尺XLRケーブルでは・・・2線ずつを、ホットとコールドに使って・・・網組のシールドを、アースラインに・・・って3線を使ったわけで・・・

信号の通りとしては、これでいいの?って・・・網組シールドも使っていいの?って・・・

ふと気になり出した・・・で、我慢出来ずに・・・NewTypeを作ることに・・・(^^;

って、何も特別なことをするわけじゃなくて・・・

【信号は芯線で】
2287-01信号は芯線で

単に、信号線を全部芯線しただけ・・・1番アースに白2本・・・2番ホットに青1本・・・もう一本の青を3番コールドに・・・で、アース端子に網組を・・・

ってなわけで、つなぎ方を変えた線を作ったということ・・・

ところで、これって何か意味があるの?・・・いやあ、別に・・・(^^;

単に、以前SPの内部配線(紫ケーブル)で、3本束ねて寄った線を、1本にしたら、何だか見通しよくなったってことがあったので・・・このXLRでも、単純に2本束ねてた芯線を、単純に1本にしたら、何か効果があるかな?って思っただけでして・・・(汗

ってなわけで、何はともあれ、標準長尺XLRケーブル(NewType)が出来上がり~!

【標準長尺XLRケーブル(NewType)】
2287-02長尺標準XLR(NewType)

前回製作したのとの違いは・・・NewTypeは、ケーブルに黄色の帯を付けました・・・(^^;

で、さっそく、前回つくった標準長尺XLRケーブルとNewTypeを聞き比べ・・・

適当なCDをとっかえひっかえして聞いてみたんですが・・・

何と、何度聞いても、NewTypeの方が、音がスッキリして、余韻が綺麗に伸びて聞こえる・・・って、もろプラシーボか?ガハハ(^^;

滲みが減って、音の純度が上がって、SN感が向上して・・・微細な音が前より聞こえるようになった・・・そんな感じでしょうか?・・・

ってわけで・・・メイン使用のHiFi系タイプと、最初に作った標準Aタイプ(旧型)とBタイプ(NewType)の3種類の比較用ケーブルが出来たことに・・・

で、何に使うの?・・・ハハハ、基本的にはプリ~パワー間は、メインのHiFi系を・・・

で、この後発生した新環境の実験で、いろいろ比較をすることに・・・てか、せっかく作ったので、使ってみただけと言う話もあるが・・・

ま、結局そんなもんですわ・・・(^^;

ってわけで、今日のひと息ネタは、これにて終了・・・明日は?

あすは、またまたお出かけ・・・衝撃体験?

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2363-e47f573a