【2278】140907 Ray邸再訪:SA-4再帰還(終):音較べでSA-4の力を実感・・・(^^; 

休日ヘロヘロモードで、遅いアップでスミマセンm(_ _)m

さて、遂に完全レストアと鳴ったか?と言う最終対策を施したカウンターポイントのOTLアンプSA-4のサウンドを聞かせていただいてるわけですが・・・

電源投入直後から、入院前のサウンドを上回る抜け、見通し、鮮度感を感じさせる鳴りっぷり・・・これは、この日、こちらに到着直後、この対策中の代打だったSONY(TA-NR1)が、SA-4かと聞き違えるほどに鳴っていたのと同じ理由・・・そう、入力と出力の2つのセレクターを撤去され、信号経路がシンプルになったため・・・

【Ray邸にSA-4帰還】
2278-01SA-4帰還

この効果は、SA-4復帰後、2曲目にかけられたビッグバンドJazzが、いとも軽々とそのステージをつぶさに描き出すことで、ありありと感じられたわけです・・・

で、つづいては、これも、Ray邸で何ども聞かせていただいた・・・キャロルキッド・・・

【CALROL KIDDのALL MY TOMORROWS】
2278-02CALROL KIDDのALL MY TOMORROWS

アルバムALL MY TOMORROWSから7曲目のWhen i DreamをDSD(2.8MHz)で・・・

うん、やはり以前より、ギターの高域の弦の響きがよく伸びて、声の透明感が増している気がします・・・これはもう、下手にSACDを再生するより断然こちらの方が実体感が高いんじゃないでしょうか・・・

とここで、M氏がSA=4のレストアを終え、DAC製作に注力される話で、表面実装部品の半田付けに拡大鏡が・・・なんて話題に・・・

つづいてかかったのは・・・Stan GetzとJoao GilbertoのGetz/Gilbertoから、The Girl From Ipanema・・・

こちらも、SACDだと、優しい暖かみが、ちょっとぼやけた印象にきこえるんですが・・・しっかりと柔らかく滑らかな音で、暖かく包み込まれる雰囲気が出て・・・

と、ここで、USBケーブルの話が出て・・・Ray邸は、ムック本付録の15mのUSBケーブルの比較から、SUPRAにされてると言う話から・・・M氏が、USBケーブルで、そんなに音が変わりますか?との話から・・・じゃあ、ちょっと聞き比べてみましょうかと・・・

【SSの限定盤・石川さゆり】1742-02
1742-02SSの限定盤・石川さゆり

で、試聴曲を石川さゆりの朝花にして・・・まずは、Ray邸オリジナルのSUPRAで聞いた後・・・PCとiFi AudioのUSB電源アダプタまでのUSBケーブルを入替えて再試聴・・・

ギターの響きが少なく、音の粒立ちをよくしたハッキリ系の音に・・・多分AMIかな?・・・でもって、間々また繋ぎ変えて、再試聴・・・ギターの中低域と高域にちょっぴりアクセント、ボーカルも目鼻立ちよくって感じで・・・やっぱり、Zonotoneとのこと・・・で、おつぎは・・・かなりフラットに解像度も高く克明に・・・WWかな?・・・やっぱり(^^;

で、最後にもう一度SUPRAに・・・ああ、なるほど!・・・Ray邸ならではの音・・・安定感の高いバランスに、ちょっぴり響きと艶の味を乗せて・・・(^^;

ま、較べて初めて分かる違いで、ブラインドでやったら分からん範囲ですが・・・まあ、楽しんでやれば・・・って感じで(^^;

で、同様に・・・マスターの違いでもまた、結構変わるもんでと、AA誌の付録CD、そのマスター、更にそのマスターをリマスターしたらとか・・・プレスでどれだけクオリティが落ちるか・・・デジタル化でどれだけ音楽が変わってしまうか・・って、違いをかけられて・・・

σ(^^)私的に面白かったのは、システムのチューニングの初期には、違いが分かり難くて・・・システムのパフォーマンスが上がって来ると、結構違いに敏感になって・・・更に、その上でオリジナルサウンドを構築されると・・・最後の音源にどんどん近付いていくと言う・・・なるほどなって事実に直面し・・・

で、話題は、RaspberryPiの話になったりして・・・っと、ここでかかったのは・・・

【マドンナのベスト盤】
2278-03マドンナのベスト盤

と、Rayさんが・・・これ、全然前となり方が違う!と・・・確かに、鮮度感と見通しは勿論、キレと弾力感も全てが余裕綽々で鳴ってる感じに・・・

で、マドンナの位相を弄った再生の話から・・・ノードストのテストCDで、テスト信号が上下や奥行き方向に次第に回っていくところとかを聞いて楽しんで・・・デガスまで(^^;

でもって、いつものヘイリー・ロレンを聞かせていただいて・・・その鮮度感のアップを感じて・・・SA-4が始めてRay邸にきたときのプリのコントロール部が、出窓に置かれてた配置だとどんな雰囲気になるかな?なんて思ったり・・・(^^;

【Erik MongrainのEquilibrium】943-01
943-01やっと分かったエリックモングレイン.jpg

で、最後に、Erik MongrainのEquilibriumを・・・

いやいや、この実在感と鮮度感・・・これで、システムが落ち着いたらどこまでのサウンドになるのでしょう!?・・・(^^;

ってわけ、SA-4が最終対策を受け、これで恐らく大丈夫だろうって確認をご一緒させていただいて・・・M氏のお手間入り6C33C OTLも聞かせていただいて・・・OTL三昧?な貴重な体験をさせていただきました・・・

今回も、結構色々思うところあり、気付くところあり・・・たくさん、勉強させていただきました!・・・ホント、貴重な体験をさせていただいて、ありがとうございましたm(_ _)m

また、遊んでやってくださいませ~!(^^;

ってわけで、今回のRay邸再訪の話はこれにてお終い・・・明日は・・・???

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2354-6552e18b