【2256】140823 USBリベラメンテを実家で試聴(後編)・・・(^^; 

さて、実家へ戻って、部屋の影響を受け難く、簡単にいい感じで鳴る、二階の筒抜け部屋で、毎度のシンプルな構成にして、USBリベラメンテを聞き始めたんですが・・・

やっぱ、インフラノイズさんが凄いよって豪語するだけのことはある!・・・

うちのメインシステムの駄目駄目なところを、いとも容易く出しちゃって・・・メインシステムの面目丸つぶれ・・・(滝汗

ま、小口径フルレンジ1発ゆえ、スケールはかなり小さくなりますが・・・いかに速くリニアにストレートに鳴らすことが大切かを教えてくれますね・・・ま、一方で、ストレートが故、超シンプルなおまけシステムの粗さも浮き彫りになるわけですが・・・

その粗さの部分で、USBリベラメンテは、一気に質をメインシステム並みに上げてくれたわけで、この効果はホント恐るべし!・・・

で、こうなると調子に乗って、その先をやりたくなるってもんで・・・(^^;

【SPケーブルもリベラメンテに!】
2256-01いっそ全部リベラメンテに

シンプルな構成ゆえ大転換・・・SPケーブルもリベラメンテに変えてみました!(^^;・・・ちなみにSPリベラメンテのマークはアンプ側の順方向接続で・・・

で、ますはマーカスから・・・

うわっ!・・・この弦の太さを感じる実体感のある音が、なんちゅうキレと弾力感で鳴るんだ!・・・SPリベラメンテの効果で、かなり重心が下がって、もう小口径フルレンジだからって言ってられない程の低域の再現力!(@@;

小口径振動板ゆえ、速くてタイトなのは分かるんですが、USBリベラメンテの効果で、音の純度やタイミングが、もともとの音楽信号に、極めてリニアに追従しているから?・・・そのエネルギーを最大限に音として出して来る感じ・・・で、めっちゃ速くてタイトながら、芯のある厚く濃く実体感のある音になるのかな?・・・いやいや、ホンマすごい音!

で、さらに凄いのは、演奏の抑揚というか、ダイナミックレンジが広がるようで、曲のうねりが半端なく心地良く、ノリノリで楽しくなること!・・・(^^;

それは、つづいて聞いたアデルで顕著に・・・

冒頭のギターとボーカルが静寂感のある空間に浮かび、エコーが雰囲気を一気に盛り上げる・・・歌詞の歌い方、発音の力加減が分かり易くなって、とてもメロディアスに・・・続く太鼓のリアリティーがノリと躍動感を・・・

じゃヘイリーロレンはどうなるかと・・・

うわっ・・・冒頭の静かな空間から、スネアのブラシが・・・軽く弾力感のあるキックドラムも・・・哀愁タップリなバンドネオンに誘われて、ボーカルが、艶っぽく何ともいい感じに脱力して、けだるげに囁くように・・・

AA誌のマスターCDRも・・・ピアノのっ艶やかさ、ブラシの明瞭度、ベースの音階、ボーカルの言葉の発し方と、非常に細かな演奏の機微まで感じつつ・・・演奏のエネルギー感がアップ!

実は、ここでインフラノイズさんにリマスターしてもらった数曲を聞いたんですが・・・いやいや、ちょっと信じれない鳴りっぷりで・・・これをそのまま書いちゃうと、またえらいことになるんで・・・ま、どうだったのか?その答えは、インフラノイズさんのマスタークオリティCD-Rシリーズを聞かれれば分かりますよ!とだけ・・・(^^;

で、ここで最初に気になったこと・・・自作USB給電アダプタの最強機能であるアースリンクOFFが出来なかったことを思い出し・・・やっぱ、やっとかないとなあ!ってわけで・・・

USB給電アダプタを使わず、PCとUSBデジタルアンプ間を、USBリベラメンテで直結して聞いてみることに・・・

曲は、先のリマスターCDRからで・・・

うわっ!ちょっと待って!・・・何これ、断然こっちの方が良いやん!(@@;・・・無音部分の静寂感がアップして、一層音の純度が上がって・・・何より、どうしてもフルレンジで無理に鳴らし切ってる感のあった部分に、音の上質さが出て来た!!

なんじゃこれ!・・・えっ!歌の抑揚もふっと拡大してる!・・・SNが凄く良い!・・・えっ?・・・USB給電アダプタにバッテリーだったのに・・・ダイレクトの方が断然凄い!!

う~ん・・・自作ごときの変な小手先の細工物なんか糞の役にも立たんってことか?・・・

じゃ、ヘイリーロレンは?・・・

うわ~!・・・この空間に広がる生々しさって!・・・ブラシとドラムがフェードインして来るに従って鳥肌が・・・音の純度が更に上がって、SN感のアップ・・・バンドネオンもボーカルも、上質で滑らかになって・・・

いやいや、ダイレクトに繋いだ方が、めっちゃいいですやん!(^^;

で、アデルは?・・・

うわうわ!・・・これも鳥肌!・・・定位も音像もしっかりして、空間の雰囲気にわざとらしさや粗さが無くなって、何の気負いも無くナチュラルで一層生々しい感じが普通にアップした感じ・・・

じゃ、マーカスは?・・・

う~ん・・・ナチュラルさは一気に増したんですが・・・こっちはσ(^^)私の好みが刺激を求めてるってこともあって・・・ナチュラル過ぎるか?(^^;・・・さっきのキレッキレの刺激感も捨てがたい・・・うん?・・・でも、音はこっちの方が濃くて太くて実体感が高いんですね・・・それに、演奏のメリハリと言うか、曲のうねりと言うか・・・曲の意図や流れを感じるには、やっぱこっちがいいかな?・・・

うん、1曲聞き終わると、断然こっちがいいな!・・・

それにしても、こりゃ大変だ!・・・正にUSBリベラメンテとSPリベラメンテのシンプルなオールリベラメンテシステムにすると・・・ここまでの生々しくも純度の高い再生が体験出来るなんて!

ちょっと待ってよ~!って感じ・・・うちのメインシステムの立つ瀬が全く無くなった・・・

こりゃ何とかしないと・・・って感じで、とにかく、実家での強烈なUSBリベラメンテ体験のお話はここまで・・・

明日は、自宅に戻って・・・リベンジはあるのか?・・・ハハハ、ないない!(^^;

ってわけで・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2331-5f8c0d82