【2242】140720 Ray邸訪問(終)安定感、安心感のあるサウンド!・・・(^^; 

今週は、めっちゃヘロヘロで、またまた寝坊しました・・・m(_ _)m

さて、σ(^^)私にとっては、半ばリファレンスとなっているRay邸でのフラメンコ・・・タップリとその魅力を楽しんで・・・

やはり、Ray邸サウンドの安心感は、このフラメンコが楽しめるエネルギーバランスが土台になっているんだなあ・・・勿論、その土台となる低域、中低域の速さと量や、その帯域の表情を形作る中高域から高域も大切なんでしょうけど・・・

まずは、うちも、もっと低域、中低域の土台がしっかり鳴るようにしないと・・・(^^;

と、それはさて置き・・・おつぎは、遠方よりお越しの皆さんに、何かお持ちになったCDとかはありませんか?と・・・ご持参CDの再生タイムに・・・

で、Mさんから・・・モダン・ジャズ・カルテット(MJQ)のリーダーのジョン・ルイス(ピアノ)が・・・クロアチア出身のピアニストでハープシコード奏者の奥さん(ミリヤナ・ヴルバニッチ)と競演したCDが・・・

【ジョン&ミリヤナ・ルイスでTHE CHESS GAME】
2242-01ジョンミリヤナ・ルイスでTHE CHESS GAME

何でも、MJQの活動を停止していた時に、日本の企画でアメリカ録音しとものとのこと・・・奥さんが、ハープシコードを演奏し、ジョン・ルイスがスタンウェイを演奏してると・・・

と、Rayさんが・・・じゃあ、UX-1の方でかけたほうがいいかな?P-0だと、音が太くなりすぎるかな?・・・ま、両方聞いて見ましょうかと、まずはP-0で再生・・・

と、ハープシコードが、結構、太く強い音色で・・・で、フレーズが終わると、今度は、暖かく柔らかく、豊かな響きのピアノが応えるように・・・で、またハープシコードが・・・と、夫婦で語らうような演奏・・・

で、DACは、同じAIT DACで、44.1のPCMでアップサンプリング無しのままで、トランスポートをUX-1に変えて、再び同じCDを再生・・・

おお!全然違う!・・・ピアノの響きが一層豊かで厚みを増した・・・

と、Rayさんが・・・多分、こちらの方が自然で、P-0は、トラッキングを調整して、自分好みに音を作っているのでと・・・

と、Mさんが・・・UX-1の方が空間に音が混じってる感じで、P-0は解析的ですねと・・・

いやあ、それにしても、DACが同じで、トランスポートが違うだけで、こんなに違うとは!・・・確かに、UX-1の方が、空間に響く音が多く聞こえて、臨場感が高いように感じますね・・・

と、Mさんが・・・これは、多分、教会での録音で、天井の高い感じが出てますねと・・・で、ハープシコードがオンマイクな感じに対して、ピアノがオフマイクで録ってますねと・・・

で、Iさんからマルチかかりますか?と・・・で、この日はピュア2chの方なのでと、電源が入っていなかったサラウンド系のアンプ類に火を入れて・・・

【TACETのSACDでバッハ・ブランデンブルグ協奏曲】
2242-02TACETのSACDでバッハ・ブランデンブルグ協奏曲

TACETのSACDでバッハ・ブランデンブルグ協奏曲を再生・・・

っとっここで、うちと同じプリ(LuxmanのCU-80)の寝起きが非常に悪いことが明らかに・・・で、少々、暖まってすぐのため荒いですがと・・・

フロント重視と言うより、結構左右にまで広がる感じのサラウンドですね・・・響きが非常に豊かに部屋を包み込む感じで、空間の広さを充分に楽しめます・・・

と、Rayさんも・・・最近PCオーディオばかりだったけど、久しぶりにサラウンドマルチを聞くと、なかなかいいねと・・・

確かに、このストレスの無い包まれ感もRay邸サウンドの安心感に繋がる感じです・・・

で、おつぎは、Iさんが偶然にも持参されたキャロルスローンを・・・

【キャロルスローン&クラークテリー】
2242-03キャロルスローン&クラークテリー

ラウンジで、デュエットコンサートを楽しんでる感じですね・・・あれ?この曲って・・・どうやら、エラ&ルイをカバーしたアルバムのようで・・・

キャロルスローンファンのRayさんからは、持参されたCDがキャロルスローンって言うのは嬉しいですねと・・・(^^;

で、オーディのラストは・・・1812年のDVD-Audioを・・・

【DVD-Aでチャイコフスキーの1812年】2127-02
2127-02DVD-Aでチャイコフスキーの1812年

画像は、SACDですが、かけられてのは珍しいDVD-Audio盤で・・・最初のコーラスから途中のグランカッサ、弦のパートからホーンも・・・タップリとオーケストラの演奏を楽しんだ最後に大砲の音が!・・・この音は、SACDでは腰砕けになっちゃうんですよね・・・DVD-Audioならではの快感・・・(^^;

で、本日の最後は、映像モノ・・・バーレスクを・・・

いやいや、やっぱりRay邸のバーレスクは快感・・・この音量の低音と包まれ感・・・うん、これは是非、SA-4が帰還したら、もう一度聞かせていただこう!(^^;

ってわけで、σ(^^)私敵には、ちょっと前のめり気味になり過ぎてた感覚を・・・音楽の楽しみ方ってそれだけじゃないよって教えていただいたような音会で・・・いやいや、やっぱりもの凄くたくさんの気付きをさせていただきました・・・ホンマありがとうございましがm(_ _)m

で、この後、皆さんと近くの海鮮料理のお店でプチ宴会を・・・(^^;

でもって、音楽、オーディオ話に大盛り上がりで・・・この日は皆さんホテルへ・・・

ってわえけで、超農密度な2軒のお宅の音会が終了・・・明日は・・・(^^;

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

いつもながら生録を見ているような錯覚に陥らせる記述、いろいろ気づかされるところが多いです。
お疲れさま!

お付き合いありがとうございます。
毎度、好き勝手書かせていただいてスミマセンm(_ _)m
おさらい時間が足りてなくて、自分的に充分な掘り下げが足りてませんが、それでも、多くのことを学ばせて頂きました!
2ヶ月以上の遅れを早く解消して、SA-4帰還のお話へ行かないと・・・です(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2317-a012e49a