【2222】140706 オルフェのサンバ邸再訪(7)プレスCDとマスターの隔たり・・・(^^; 

さて、再発進を始められたオルフェのサンバ邸サウンド・・・SPの設置調整によって壁からの反射の影響を低減し、システムのパフォーマンスを一層発揮し始めたわけですが・・・

naskorさんご持参のアバンギャルドなJazzのCDで、シンバルの質感や天井から降り注ぐような響きの広がりに始まり、パーカッションの立ち上がりやスリリングなピアノと、ご機嫌なサウンドを聞かせてくれるんですが・・・全てをオールマイティーに望むべくも無く・・・

途中、ちょっぴり実験をと、トラポとDAC間の伝送方法の比較では・・・方式によるのか、ケーブルの違いによるのか、その違いは非常に大きく、再度デュアルリンクに戻したサウンドは、やはりスピードのある鮮度の高いサウンドで・・・

フェンダーローズのノイジーな唸りの快感はともかく、これだけ鳴れば充分じゃないの?ってサウンドではあるものの・・・更なる先には、中域、中低域のエネルギー感が薄いところがあるのでは?ってところを、どう折り合いをつけるか?課題かも・・・って印象・・・

ただ、そのためには、何をどうするればいいのか?って、問いには答えられないもどかしさが・・・う~ん、これができれるくらいなら、自宅のシステムは、とっくに鳴ってるか(^^;

それにしても、TAN T'IEN TRIOのCDの3曲目・・・ホント、ご機嫌に鳴りますね!・・・4曲目も、フェンダーローズのノイジーな響きの唸りが薄いだけで・・・シンバルの厚みや質感なんて・・・よくぞこんなにリアルにってくらい、鳴ってるわけで・・・

持参されたnaskorさんからは・・・これだけ鮮烈な音とアルバム通して飽きさせない演奏のCDは、久々ですよと・・・Jazzのドライブ感もあるし、即興性もあるし、緊張感もあるし・・・アルバム通していろんな演奏のバリエーションで、ずっと飽きさせないって言うのは・・・それが、これだけ鳴ったらいいじゃないですか!あと、何が要るって言うんですか?って・・・

っと、オルフェのサンバさんから・・・いや、フェンダーの音が・・・と(^^;

いやいや、そんなあっちもこっちもと、両方鳴らすって言うのは無理ですよ、無理矢理そこを鳴らすようにすると、他に鳴らなくなるCDが出てきますからと・・・(^^;

っと、ここで、例のお試しをとのリクエスト?があったかなかったか・・・(^^;

【左がAA誌152号付録CD・右下がマスターCDR】2112-02
2112-02左が付録CD・右下がマスターCDR

このところ、あちこちで聞かせていただいたソースの違いをと・・・まずは、AA誌152号の付録CD・・・Studio Dedeの吉川氏プロデュースで製作された究極のリファレンスディスクって謳い文句のプレスCDを再生・・・

あ、やっぱり・・・鮮度感をキッチリ出すシステムなので、あたかも暑く太く聞こえるようでいて、遅く緩く鳴っているってことがはっきり出てきた・・・ただ、元を知らなければ、ゆったり緩やかに聞く分には、これでいいって、鳴り方ではあるわけで・・・

でも、元記事の・・・究極のリファレンスディスクって謳い文句だとちょっとって気が・・・

で、おつぎは、モニター当選した、この付録CDを製作したマスターファイルから、直接、等倍で焼いた、マスターCD-Rを再生してみると・・・

おっ!ほらね・・・出だしのベースの弦を弾いた音とその響きの深みが全然違う・・・ピアノの響きも打鍵がしっかりしてて響きへの繋がりも、濃くて滑らか・・・全てにおいて、付録のプレスCDとは、鮮度と密度が段違いに高い・・・

naskorさんからは・・・後の方がぎゅ~っと凝縮させて濃くしてるように聞こえる・・・音は立ってるけど、バランス的にはさっきの方がいいなと・・・

そう、マスターの時点では、これだけ密度のある音源だったのが・・・プレスCDでは、これだけ、でゅわ~って緩んでヨレてしまうってことで・・・でも、なるほど、演奏としては、プレスの方がバランスがいいいてことですね?・・・

【左上がインフラノイズのCDR】2113-01
2113-01左上がインフラノイズのCDR

それじゃあこれはと・・・付録のCDをインフラノイズさんの技術で、マスターからプレスCDの段階で、損なわれた音楽的要素を、復元する方向で複製されたCDRを再生してみると・・・

うん、やっぱり、緩んだ演奏を、音のタイミングをキュッと揃えることで、ずれて滲んでた音の芯がハッキリして、濃くなり、響きが綺麗に伸びて・・・演奏の強弱、力加減が、もの凄く聞き取り易くなって・・・演奏のうねりがドバッと出てくる・・・演奏の起伏のダイナミックレンジが一気に拡大した感じで・・・

と、naskorさんから・・・ああ、これはもう全然違う・・・こっちの方がいいなと・・・

なるほど・・・やはり、そう言うことなんですね・・・インフラノイズさんが言われてる音質と音楽質のどちらをクローズアップされているかってことなんですね・・・(^^;

っと、それじゃあ・・・オルフェのサンバさんも入手されたと言うことですので・・・同じくインフラノイズさんのCDを聞き比べて見ましょうか・・・

っとっとっと・・・残念、もう最後なんですが、今日はここで時間切れ・・・

ってわけで、最後は明日に・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

連日おそれいります

CD-Rのところは興奮していてよく覚えていません(笑い)

焼き方で一枚一枚味が違うのですかね。

手焼き煎餅か。

ラストよろしくお願いします。

追伸 壁コンセントから電源タップへの配線す
べて2Pにして機器間アース絶ちましたらアナログモーターのON,OFFノイズが消えました。

この辺また教えてください。インフラノイズではなく本当のノイズです(笑い)

Re: 連日おそれいります

オルフェのサンバさん、お付き合いありがとうございますm(_ _)m

> CD-Rのところは興奮していてよく覚えていません(笑い)

直前に、いくつかの課題が出ちゃいましたもんね(^^;
焼き方ののか、ローディングなのか・・・悩ましいですね・・・
今晩、残りのおさらいを頑張ります(^^;

PS.アースループについては、σ(^^)私もよく分かりません(^^;
機器の内部の仕様も関連するみたいで、トライアンドエラーしかないのかと・・・(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2297-9063ef66