【2219】140706 オルフェのサンバ邸再訪(4)課題曲の鳴りっぷりは?・・・(^^; 

さて、アバンギャルドなヨーロピアンJazzが、えらいよう鳴る!と大騒ぎの5ヶ月振りのオルフェのサンバ邸サウンド・・・

と、オルフェのサンバさんが、おつぎはと、紹介されたのは・・・ハリーベラフォンテのカーネギーホール・ライブのXRCD・・・

【必殺!平置き1m接続】
2219-01平置き1m接続

何とこのXRCDは、レコードのオリジナル盤の衝撃を連想できるほどのサウンドとのことで・・・っと、オルフェのサンバさんが・・・8年くらい前、LINNのDSの発表会で、このライブのオリジナル盤のバナナボートの音がクライマックスからは、まだ出ないので、それに向かってLINNは進んでいると・・・それ程、この生々しい音はまだネットプレーヤーからは出せないとLINNの担当者の話を聞かれたそうで・・・

で、そのオリジナル盤を、ターレスのアームにPC-1で再び聞かれて、やっぱりよかったと・・・泣きそうになったと・・・(^^;

って、そんなの望んじゃ駄目ですよ!って・・・(爆

で、MCのあるところからとTHE MARCHING SAINTSの前説のところから再生・・・

おっ!・・・おおお!・・・通常盤のCDには、こんなMCのとこ入ってなかったですよ!・・・いやいや、確かに、遥かにクリアで生々しい!・・・60年近くまえの録音がこんな鮮度で聞けたら・・・こんなに違うの!(@@;

で、つづけてDAY Oを再生・・・

おおお・・・以前伺った時に聞かせていただいた音とも全く違う鮮度感・・・ま、オルフェのサンバ邸サウンドの進化による違いもあるんでしょうけど・・・ちょっとそれでは説明付かないほどの違いを感じ・・・これがソースによる違いってやつかと・・・で、更にこのまだ先にオリジナル盤があるのかと・・・う~ん、隔たりがあり過ぎ(^^;

っと、オルフェのサンバさんが・・・この曲の本意は、極めて厳しい環境での労働歌なんだというのが、このソースを聞いて、ベラフォンテの歌唱で、改めて感動したと・・・更には、イベントや試聴会などで、よくカバーがかかるダニーボーイと言う曲も、亡くした子供の別れ(例えば戦地に行く)を悲しんで歌った曲で、ベラフォンテの歌唱で、改めて、人間だれにもある別れの悲しみが伝わり感動したと・・・

う~ん・・・そうですね!これだけソースのクオリティが高いと、音がどうこうより、無意識にあっという間に曲の世界に引き込まれ、今まで気付かなかった思いに駆られますよね・・・

で、少々、健康話に寄り道して・・・(爆

おつぎは・・・先日LUXMANの試聴会で、D-08uと、900uのプリ、パワーできいたローマの祭の第1楽章が、結構鳴っていたので・・・負けじと調整した結果を聞いて欲しいと・・・

と言うのも、前の日に、大佐を向かえて聞いてもらって、壁からの反射による被りで、オケの見通しが甘いとのコメントを受け・・・夜にSP間隔を縮めたセッティングで調整しからと・・・

で、σ(^^)私に先の試聴会のときのイメージと比べて感想をと・・・えっ!?(滝汗

【バッティストーニのローマ三部作】
2219-02バッティストーニのローマ三部作

バッティストーニの指揮で、レスピーギのローマ三部作から・・・ローマの祭の第1楽章をかけられました・・・

ほう、なるほど!・・・冒頭の太鼓からトランペットまで・・・非常に高いSN感に、鮮度感と解像度の高さ・・・クリアで見通しのいい、力強い演奏風景が見えるような演奏で・・・エネルギー感を損なうことなく、薄くならずにフルオケのスケールを充分感じさせる広がり・・・

いやあ、そりゃあ先の試聴会より、断然厚みがあって、ステージ感も濃くて、広がりも感じますよと・・・

この厚みと広がりの両立が、SPを部屋の幅いっぱいに使うより、壁からの反射による被りを無くすため、少し壁から離したことによる効果なんですね・・・(^^;

あと、元のソースのパフォーマンスを知らないので、どこまで出るかを知りませんが・・・広がりの割りに、少し奥行きが曖昧な気がするので・・・ボーカルモノやJAZZにはあったほうがいいと思うんですが・・・こういうフルオケものとかは、センターのV字パネルが無い方が、奥行き感が出るような気がしますと・・・(^^;

っと、オルフェのサンバさん・・・そうなんです・・・その調整が出来るように、センターのパネルをV字に連結するための蝶番も準備済みだそうで(^^;

っと、丸棒調音材は?との話に・・・うちでは、ものが多くて響きが少な目なので、一時期結構大量に入れての実験もしましたが・・・響きが増えると同時に、滲みも増すので、うちみたいに自作実験なら出来ても・・・市販製品の導入では、コスト面からも厳しく・・・既に鳴っているオルフェのサンバ邸のレベルでは、その調整は、かなり難易度が高いと思いますとコメントを・・・

オルフェのサンバさんとしては、まだ、SP間隔を縮めたことで、若干広がりに不安をお持ちのようでしたが・・・naskorさんからは、先の再生でも、左右の壁の向こうまで広がりを感じたくらいなのでと・・・σ(^^)私も直接音と間接音の区別が付きやすくされたのは、大正解だと思いますと・・・(^^;

と、ここで少々話が盛り上がるんですが・・・残念、今日はここで時間切れ・・・

ってわけで、つづきは明日・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

訂正します

ダニーボーイの解釈ですが亡くなった子供ではなく別れ(例えば戦地に行く)を悲しんで歌ったものでした。色んな解釈できる歌詞なんですがベラフォンテの歌い方は人間だれにもある別れの悲しみが伝わり感動しました。お詫びして訂正します。

Re: 訂正します

オルフェのサンバさん、あれもこれも書いちゃって、無理やりお付き合いさせてスミマセンm(_ _)m
本文、直しました(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2294-5fbc8da6