【2200】140622 M氏邸訪問(3):極意は基本に忠実に出音で判断?・・(^^; 

さて、ダイヤトーンSPファンには、驚きであろう逸品・・・何とDS-800ZXの専用スタンド付きのデッドストックを探し当てられたMさん・・・正に出会うべくしてであったと言うサウンドを楽しませていただいてるわけで・・・

せっかくメーカーが練りに練って作り上げたSPを、弄り倒して台無しにして、後悔の泥沼で足掻いているσ(^^)私には、止めを刺すほどのサウンド・・・

メーカーが作り上げたサウンドの長所を邪魔することなく出させてあげて・・・できるだけ弱点が出しゃばらないような、絶妙な機器の組合せや調整・・・

えっ?ちょっと待って・・・それって当たり前の事じゃ?・・・そうなんです!正統的にオーディオをつづけてこられたベテランの方々からすれば、基本中の基本・・・

でも、そう言うベテランマニアの方でも、なかなか出来ないサウンド作り・・・一番最初に、何気に・・・CDPは、付属の赤白ケーブルで繋いでいます・・・と、仰っていたのが、今、ようやく、なるほどと合点がいった・・・

恐らくは、CDPのパフォーマンスを、このダイヤトーンのDS-800ZXとのハーモニーとして最もストレートに、ウェルバランスで出すように、調整された結果の選択なのでしょう・・・

そういえば、このDS-800ZXのデッドストックも、専用スタンド付きだったから手に入れたんです・・・スタンドがなければ手に入れてなかった・・・と仰っていました・・・恐らくこれも、メーカーの目指したサウンドイメージを最大限に活かすためなのでは?・・・

で、そのメーカーのサウンドに・・・経験と出そうとするサウンドイメージから、出音をイメージして・・・機器の構成や接続、セッティングを調整されているのでは?・・・でもって、先の赤白ケーブルは、その出音を聞いた上で、敢えて選択されたのだろうと・・・

っと、Mさんが・・・SPケーブルはこれですと、笑いながら見せられたのは・・・CDジャーナルのムック本、SPEAKER BOOK 2014 の付録のゾノトーンのSPケーブル・・・何でも一緒、ある程度行けば関係ないと・・・

なるほど、サウンドイメージは出来上がっているので、付録にされる汎用性とクオリティーなら、合格点の領域を外すことはないだろうからってことなのかな?・・・(^^;

で、おつぎに、これまたσ(^^)私の定番ソース・・・マーカスミラーのシルバーレイン・・・

【マーカスミラーのシルバーレイン】1857-01
1857-01マーカスミラーのシルバーレイン

まずは1曲目を・・・あっ!やっぱり・・・ベースの弦を弾いた音の立ち上がり、弦の弾力感を感じさせる震え・・・程よい締まりと量感の打込み系チックなドラムス・・・

つづいて2曲目・・・メロディーラインを弾くベースの力感と鮮度感と弾力感・・・で、ガッツリ支えるドラムの低音・・・それぞれ、スピードとエネルギーを削ぐことなく・・・全体の速さとバランスをそろえるように・・・ファインチューニング!

スリリングでエネルギッシュな演奏を、構えることなく気持ちよく楽しめるサウンド・・・

勿論、ダイヤトーンSPの個性を最大限に活かしてのサウンドゆえ、エッジのキレとスピードを活かして、高域寄りになりがちなところを、スピードを失踪させずに地に足が着いた下支えのあるバランスで・・・

っと、Nさんから・・・なかなか明るいキャラクターで、聞いてて気持ちいいですねと・・・

と、Mさんが・・・誰かが日本のSPは暗いって言ってたけど、明るいでしょ・・・確かに、○○○は暗いけど・・・(爆笑

ってわけで、おつぎは・・・SACDでクラシックを・・・

【レイチェル・ポッジャーでバッハのヴァイオリン協奏曲】2122-01
2122-01レイチェル・ポッジャーでバッハのヴァイオリン協奏曲

えっ?・・・お前にクラシックが分かるか?って・・・ハハハ(^^;・・・始めてのお宅ですから、こういうのも聞くんですよって・・・かっこつけしとかないと・・・(^^;

ま、分からないなりに、あちこちで聞かせていただいてはいるので・・・通奏低音が見通しよく篭らずボケずに聞こえるかとか・・・バイオリンの音色が心地良く、高い方まで耳につかづに伸びてて、倍音が綺麗に聞こえて心地良く・・・ホールの響きも心地よく包んでくれるか?・・・なんてところを聞けばいいのかな?ってな考えで聞かせていただいたわけで・・・(^^;

っと、そんな浅はかな考えはともかく・・・思いのほか、心地良いサウンドで・・・BISらしい見通しよく痛くないギリギリの透明感あるすっきりカチッとした鳴りっぷりで・・・高域の響きも低域の回りこみも、充分心地良く楽しめる・・・

σ(^^)私がアキュフェーズらしいと思う弦の煌びやかさもちょっぴり感じれて・・・ホント綺麗になり分けますねって感じで・・・

う~ん・・・改めて、考えさせられましたね・・・インシュやボードや、電源や、ケーブルやと・・・そんなことにうつつを抜かす必要がありますか?と問われたみたいで・・・

理屈や売らんがためのこれ見よがしな効果や性能・・・それと、投資の大きさ・・・プラシーボを最大限に使って、自分の判断を正当化・・・前よりよく鳴ってるはずと・・・

ほんとに、出音を聞いて、純粋なAB比較をした上で選択してる?って・・・(滝汗

いやいや、勉強させていただきましたm(_ _)m

っと・・・一応、聞きたいソースはこれで一通り聞かせていただいたので・・・いよいよおつぎはイノウエを・・・

なんですが・・・残念、毎度ごとくですが、今日はここで時間切れ・・・

って分けで、つづきは明日・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2275-dc075087