【2198】140622 M氏邸訪問(1):まずはダイヤトーンサウンドから・・・(^^; 

さてさて、天地創造邸から特急列車で、およそ1時間・・・お誘いいただいた動向のNさんと、オーディオのスタンスについて話しているうちに、気が付けば、目的の駅を乗り越し・・・

ひょえ~!(@@;・・・やってもうた!(滝汗

って言ったって、もうどうしようもない・・・と言うことで、次の駅で、大急ぎで、再び逆向きの列車に飛び乗り・・・20分近く遅刻して、待ち合わせの駅へ・・・

と、そこで、初めてお会いするMさんに、まずは遅刻のお詫びとご挨拶・・・(^^;

なにせ、ここまでの遠征先と同じく・・・今回の遠征は、Nさんの企画により、先入観を持たず、サプライズ的に訪問先のサウンドを楽しむと言う趣旨?の元、事前情報は最小限・・・

ゆえに、Mさんについても・・・ダイヤトーンSPのシステムと、前日S氏邸で聞いたイノウエSPのオリジナルシステムをお持ちってことと・・・かなりハッキリしたポリシーをお持ちの方であるということを伺ってまして・・・

勿論、Nさんは、数年前にM氏邸へも来られたことがあって、イノウエSPだけでなく、Mさんのそのハッキリしたポリシーに基づいて、様々なご教示を受けて来られた方とのこと・・・

そんな大先輩のMさんとの待ち合わせに遅刻したということで、初っ端から、偉く緊張・・・

で、さっそく、迎えに来ていただいたMさんの車に乗り込み、一路M氏邸へ・・・でもって、元々タイトなスケジュールなので、車中で改めて自己紹介を・・・

でもって、Mさんは、技術系のお仕事をされている方と言うことと・・・ここ最近、大人のお付き合いの関係から、アキュフェーズのプリメインアンプを、ダイヤトーンのシステムに導入されたと言うことを伺った・・・

っと、ほどなくM氏邸へ到着し・・・すぐさま2階のリスニングルームへ・・・

お部屋には、短辺方向と長辺方向にそれぞれSPシステムがセッティングされており・・・Nさんから、まずは写真タイムで、ダイヤトーンの方から聞かせていただきすとのことで・・・ダイヤトーンのシステムをパチリ・・・

【ダイヤトーンのシステム】
2198-01こちらがダイヤトーン尾システム

と言うことで、こちらが、ダイヤトーンのシステムで・・・と言いつつ、イノウエシステムの方の駆動系もたくさん並んでますね・・・(^^;

ま、そちらは、のちほどと言うことで・・・まずは・・・ダイヤトーンの方の駆動系は、先ほどお話のあった、最近導入されたアキュフェーズのプリメインアンプE-260で・・・

Mさんからは・・・中は、巨大な平滑コンデンサーが入ってて、やっぱりなと思うほど、音が遅いとのこと・・・で、その前は、ダンピングファクターの大きなアンプという事で、YAMAHAのアンプをお使いだったそうで・・・どちらが、ダイヤトーンに合うかと言うと、アキュの方で、YAMAHAでは、普通の人は2分と聞いていられない程、硬い音とのこと・・・

っと、Nさんから、まずは、お持ちのCDから、つぎつぎ聞いてみてくださいと・・・(@@;

えっ?・・・普段お聞きの曲とかお聞かせいただけたらと伺って見ると・・・ご自身のソースはかけない流儀なので、とのことで・・・

それじゃあ、最近お決まりのCDからと・・・ヘイリーロレンを・・・

【ヘイリー・ロレンの輸入盤(左)と国内盤(右)】2155-01
2155-01ヘイリー・ロレンの輸入盤(左)と国内盤(右)

っと、Mさんから・・・ヘイリーロレンは、青い影は持ってますと・・・お!女声Jazzボーカルは聞かれるんだ・・・と、プレーヤーはソニーのHDDプレーヤーで、これは、付属の赤白ケーブルで繋いでいますと・・・

で、輸入盤の1曲目を再生していただくと・・・

ほう、何と癖のないナチュラルなバランス・・・ブラシもきつくならずにはっきりシュワシュワが心地良く聞き取れ・・・やギターの弦の艶っぽさも感じられ・・・勿論、ボーカルのしっとり感やかすれと裏声の境を行き来する部分がとても気持ちいい・・・ダイヤトーンの中高域の振動板の魅了を絶妙に使った美味しい鳴らし方?・・・(^^;

ベースやバスドラは、ちょっぴり量感方向で、全体に極緩やかな低域量感の聴感上のピラミッドバランスって感じですね・・・

で、2曲目は・・・こちらは、ベースがちょっとオンマイクなんで・・・先ほどの量感よりから、ちょっぴりタイトな弦を弾くところの快感部分も楽しめる・・・フランス語のブレスの擦過音も、全く耳に付くことなく、安心して歌に集中できる・・・

っと、いきなり、欲張らず安心して曲を楽しめるダイヤトーンシステムを聞かせていただいたんですが・・・キレ悪く、今日はここで時間切れ・・・

ってわけで、つづきは明日・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2273-7f36c76f