【2195】140622 天地創造邸訪問(4):SWの効果(逆相再生)・・・(^^; 

ありゃ?・・・また、手違いで公開されてませんでしたm(_ _)m 9:30

さて、天地創造邸の再現空間の聞こえ方が、思いのほかリスポジより後まで聞こえることに、その理由が、セッティングによるのか電気的な処理によるのか?が気になって、悶々としていたんですが・・・

AVアンプのカサブランカIIで、スペシャルマトリクスの擬似サラウンドをかけているとのことで、ようやく聴感と頭の中のイメージが一致して、すっきり安心・・・ほっ(^^;

しかしながら、この擬似サラウンドをOFFで聞かせていただいても、リスポジの真横辺りまでは、空間が再現されていることから、SP自体のセッティングも、かなりシビアに調整されているということも分かった・・・

なるほど、だから、カサブランカIIの擬似サラウンドが優秀なのと合わせて、滑らかで綺麗な空間再現が、広範囲にわたって実現できていたってことですね!

で、そうこうしている間も、曲は、AKBや打込み系がつぎつぎと・・・

っと・・・おっ?これはいいんじゃない!・・・いかしたお姉ちゃん系のにおいが!・・・って分けで、確認すると・・・Alexandra Stan の Mr Saxobeat とな・・・(^^;

えっと、ジャンルは、ユーロビート系に近いんですかね?ま、ダンスミュージックの部類だと思うんですが・・・結構、こういうの好きです!(^^;

ってか、シアター系システムだし、ちょっと前のバーレスクもそうですが、こういう曲がこのシステムにピッタリって感じですね・・・

っと・・・ところで、最初にSWは、2台使って、1台は逆相で、コーナーのブーミングを消すために使っていると仰ってたけど、どんな効果になってるんだろう?ってのが気になりだして・・・SWのOFFをリクエストしてみると・・・

ちなみに、このSWは、イギリスのRELってメーカーの現行タイプで、以前はエソテリックが輸入していたのだそうな・・・

で、SWを2台ともOFFにしてもらうと・・・

おお!かなり効いてたんdすね・・・打込み系のバスドラが一気に量感が増え、緩く膨らんだ感じになりました・・・

天地創造さんからは・・・このSWは、設定できるカットオフの一番下(40Hz)以下を、ホンの少しだけ・・・OFFから少し動き出すくらいまでしかボリュームは上げてないのに、これだけの効果があるとのこと・・・

再びONに戻してもらうと・・・

【右コーナーのSWは逆相再生】2192-03
2192-03メインSPはWilson Audio System6

うん、低域の膨らみが抑えられ、非常に締まった感じになりました・・・右の部屋のコーナーに置いてるSWは、逆相にして、ブーミングを消すように使っているとのことでしたが、実際、かなり大きな効果を感じました・・・また、左のSWは、勿論、最低域を延ばしているのと、中高域の明瞭度アップにも貢献してるような印象です・・・

天地創造さんから・・・SWは、ズレを無くすため、ハイレベルインプット(SPからの信号)で、同期させて駆動しているとのこと・・・確かにあまり遅れるという感じはしませんでした・・・

っと、Nさんから・・・不思議ですね、SWを入れると上の帯域まで違って聞こえますと・・・

いやあ、こうやって聞くと、ベルテックのアンプって、凄く駆動力も、制動力もあるんだなって感じですね・・・ウィルソンって、しっかり鳴らすには結構駆動力が要る印象で、動き出すと盛大に鳴り始めて、キッチリ制動できないと凄く膨らむって印象なんですけど・・・キッチリ駆動してしっかり制動している感じの、早く締まった低音が出ていますもんね・・・

と、ここで天地創造さんが、ブラスの曲をかけられた・・・

非常にシンプルに引きで録った感じの曲で・・・トランペットやトロンボーン、チューバにユーフォニュウムにホルンも・・・ステージに並ぶのを、少し高い位置から俯瞰しながら聞いてるような感じで・・・個々の楽器の音色がクッキリ聞こえつつ、ホールの柔らかな響きにも自然な感じで包まれる・・・

なんでも、学生時代にご自身が出られたアンサンブルコンテストを、ホールのワンポイントマイクで録音されたものだそうで・・・

なるほど、だから少し上から見下ろす感じのステージ感に聞こえるんですね・・・ところで楽器は何を?・・・と、トランペットのファーストだそうで・・・お!正に今ソロで聞こえてるのがそうですね!と・・・(^^

と、ここで、編集したソースだとどう聞こえるかと言うことで・・・冒頭にBGM的にかけられていたTuba CarnivalからCarnival of Venice を再び・・・

おお、これはマルチマイクですかね?・・・チューバの聞こえ方が、まるで違いますね・・・しかも、凄い演奏ですね?・・・超絶技巧演奏みたいで・・・(^^;

と、SWの非常に積極的な使い方を実体験させて頂いたわけですが・・・あら?、のんびりおさらいしてたら、またまた時間切れ・・・

って分けで、つづきは明日・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2270-b887ae63