【2192】140622 天地創造邸訪問(1):ハイエンドシアター系システム!・・・(^^; 

さて、なんとも遠回りで実の無い前フリでスミマセンm(_ _)m・・・おまけに、この一連の遠征のお話も、既に1ヵ月半遅れのパラレルワールドになっちゃってるし・・・

っとさてさて、それでは、その1月半前のパラレルワールドへ戻るとしましょうか・・・(^^;

天地創造邸に到着し、早速お部屋に・・・

ま、こんな部屋でやってます・・・見慣れない機器も多いと思いますが・・・このパワーアンプは、よほどのことがない限り見る機会がないんじゃないかという代物なので・・・世の中に30台程度しか存在しないんでと・・・

【ベルテックのパワーアンプ】
2192-01ベルテックのパワーアンプ

ああ、ベルテックのパワーアンプですね・・・話を聞いたり、画像で見たことはありますが、実物を見るのは初めてです・・・なんとも妖艶な機体で・・・(^^;

その昔?・・・オーディオ中休み組みのσ(^^)私は、再開が、ちょうど国内でDolby Digitalの5.1chの製品が出始めた頃に、YAMAHAのAVアンプからでして・・・当時、よくウォッチしてたHPに、極めてコアなベルテックファン?な方のページがありまして・・・その存在は知っていたのですが・・・(^^;

で、天地創造邸のシステムのメインはPCで、PCオーディオを中核として、映像系サラウンドとSACDとかにOPPOを使われていると・・・

【こちらがメインの機材】
2192-02こちらがメインの機材

一番手前にチラッと見えるサーバータイプのケースがPCで・・・棚の上段は、クロック系ですね・・・奥がエソテリックのクロックジェネレーターG-03Xで・・・手前はルビジウムの外部クロックのようですね・・・

で、2段目が・・・手前の上段は、オーディオインタフェースで、RMEのFireface UFXかな?・・・その下は、BDレコーダーでしょうか?・・・下段がサラウンド系の送り出しのOPPOで、BDP-95ですかね?

でもって、その奥が、AVプリで、THETAのCasablanca IIです・・・Extreme DACとSuperior DACを積んでいるとのことで・・・超度級ハイエンドAVプリってわけで・・・(@@;

なんでも、現在、プリとDACの入荷待ちとのことで・・・ひょっとしたら今頃は?(^^;

で、一番下は、サラウンドSP用パワーアンプで、Musical Fidelity A1だそうで・・・

【メインSPはWilson Audio System6】
2192-03メインSPはWilson Audio System6

それから、メインSPは・・・ウィルソンの・・・System6とのことで・・・これまたハイエンド機器ってことで・・・Usedだとしても、お若いのに、凄い!(@@;

ちなみに、サラウンドSPは、天井埋め込みタイプとのこと・・・

ってわけで・・・ハイエンドシアター系のシステムってことで・・・っと、お話してると、SNSでの音友達の繋がりの話となって・・・σ(^^)私も一昨年?お伺いしたIKERO氏と音友達ってことも分かったり・・・(^^;

今、PCからUSBでオーディオインタフェースのRMEのFirefaceに出して・・・そこからAES/EBUで、THETAのCasablanca IIへ入れて・・・Extreme DACの出力をベルテックのパワーアンプに入れ、ウィルソンを鳴らしているとのこと・・・

でもって、特徴的なのが、SWの使い方・・・

上の画像で、ウィルソンの後に1台見えていますが・・・実は、右のラックの手前・・・PCの手前にもう1台同じSWが置いてありまして・・・

その手前のSWは、通常の使い方で・・・40Hz以下を控えめに出して・・・上の画像のSWは、壁のブーミングを抑えるために、逆相で鳴らされているんだとか・・・今時のノイズキャンセル機能付きのヘッドフォンみたく・・・低音の定在波?ブーミング?キャンセルSWって分けで・・・

何でも、最初は両方を通常のSWとして使われてたそうですが、PCオーディオ時には低域が痩せ、映画ではちょうどいいって状態だったのを・・・今の、片方をキャンセル用SWとすることで、バランスがよくなったのだとか・・・

ということで、センターSPの信号も、左右にダウンミックスしているので・・・4.05chくらいですかね?と・・・(爆笑

で、この間、BGM的にバックで流れていたのは・・・Baadsvik - Vivaldi - Grieg: Tuba CarnivalからCarnival of Venice かな?・・・

この小音量で、チューバが柔らかい音色ながら、ボケて埋もれることなくクッキリと・・・バイオリンも繊細な演奏がしっかり聞き取れるんで・・・やはり、ハイエンドシアター系システム、そのパフォーマンスの高さが伺えるようで・・・この後がめっちゃ楽しみ!(^^;

ってわけで、今日はここで時間切れ・・・本格的に聞かせていただいたお話はこのあと・・・

なので、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2266-2d7edfb6