【2178】140621 静岡までFALを聞きに?(1)・・・(^^; 

さて、と言うわけで、FALを聞きに遥々静岡にまでやってきたわけですが・・・到着したクロスオーディオさんは・・・ひょえ~!めっちゃ広い!(@@;

若かりし頃の音響機器との接点は、テレビとラジオのみ・・・つまり、モノラルしか知らなかったわけで・・・ステレオと言うものの存在を知ったのは中学の頃、友人宅で聞いたお父さんのコンポ・・・オーディオショップなるものの存在を知らず、近くには、町の電気屋さんが1軒あったのみと言う田舎もん・・・

そんなσ(^^)私からすると、郊外にこんな巨大なオーディオショップがあることが信じられないくらいの驚き!(^^;

秋葉原や日本橋でも、こういうタイプのお店は見たことない・・・ってか、だから郊外型のオーディオショップなわけなんですが・・・

余裕のある広さの店内に、ゆったりと普及機からハイエンド機器までが、いろんなシステムの組合せで試聴可能な状態でセッティングされている・・・

これでもかってくらい林立するSPをセレクターで切替えて聴くっていうスタイルが普通って思ってる向きには、とっても意外な感じ・・・

【ハイエンドコーナーの一角】
2178-01ハイエンドコーナー

ま、それより一番興味深々だったのは、奥につづく別棟の中古品コーナー・・・こちらも相当な広さで、面白そうな中古品がズラッと並んでて・・・

ってな話はさて置いて・・・本題のFALの試聴に戻りましょう・・・(^^;

今回の遠征にお誘いいただいたNさんが、このところ平面ユニットに興味がおありとのことで、現存する平面ユニットと言えば、FALってことで、たどって行ったらここにたどり着いたと言うことだそうで・・・

そういえば、σ(^^)私がFALを知ったのは、単身赴任中に行った真空管オーディオフェアだたかな?・・・開発者?でもあるあの個性的な社長さんがデモされていたのを2回ほど聞いたような記憶がありますが・・・

何れも、フルレンジか2Wayのタイプだったような気が・・・で、その音の印象は・・・実は、あまり興味を持っていなかったかからか?色濃いイメージがなくて・・・何となく、音離れが良くて、トランジェントのいい、素直なフルレンジの音色で、独特の後方展開なサウンド・・・なんて印象だったかと・・・

その後、それなりに聞いたのは・・・数年前に、初めてJJ工房へ行った時・・・

【833】100920 遂にあのJJ工房参加:上手い!卵型SPのプレゼン・・・(^^; [2010/11/08]

現、オーディオライターの村井裕弥さんの手配で用意されたフルレンジのタイプを・・・あっ、この記事のリンク先に真空管オーディオフェアでの出会いについても書かれてますね・・・

でもって・・・FALのSPに、最も深く強烈な印象を持ったのは・・・

言わずもがな・・・このJJ工房で始めてお目にかかった酒仙坊さんのお宅のC90EXW・・・

【845】101002 酒仙坊邸訪問:大量の機器に圧倒され・・・(@@ [2010/11/20]

確か、マグネットや内部配線の仕様がオリジナルとは違う特別仕様にされていたかと思いますが・・・このSPの音は、この後も、何度かお伺いして、聞かせていただいております・・・

と言っても、この酒仙坊邸のFALは、ちょっとオリジナルのFALとは、鳴り方、鳴らし方が違うんじゃないか?と思います・・・(^^;

確かに、トランジェントがよく、フルレンジのごとく音離れがよく、フラットに素直な鳴りっぷりと、驚くほどの広報展開の音場・・・という点では、オリジナルも同様の傾向にあるのでしょうが・・・酒仙坊邸の気の遠くなるような実験の積み重ねの上に構築された、部屋を含むシステム全体のサウンドは、唯一無二の素晴らしい存在となっているので・・・(^^;

っと言うわけで、振り返って見ると、こんなに珍しいSPでありながら、意外にFALのSPを聞いたことがあったと言うことに、自分でもちょっと驚き・・・(^^;

って言うか、酒仙坊邸でのFALは、別格と言う意識があって・・・単純にFALのSPを聞いたことがあると言う中には入れられないという思いがあったんですよね・・・

で、そう言う意味では、普通に製品として売られているFALのSPを、普通にショップで試聴させて頂くと言うのは、今回が初めてと言うわけで・・・

あれれ?・・・また、寄り道しすぎで、本題に入る前に時間切れになっちゃった!(滝汗

ってわけで、つづきの本題はまた明日・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

FALのスピーカー

FALのスピーカーを知ったのは、西野さんのブログの「オーディオ西方浄土」のFALのお店の訪問記です。そこで村井さんに古山社長をご紹介いただき、お店の訪問と拙宅の試聴会とをお願いし、FAL C90EXWを購入いたしました。同時にご紹介いただいたマックトンのOTLアンプの深々とした低音に魅力を感じましたが、手持ちの300Bシングルアンプを繋いで現在に至っています。それほど特別のことはしていませんが、①聴き比べを繰り返した結果、C90EXWのボイスコイルを銀線仕様にしてもらったこと、②スピーカーリベラメンテでバイワイアリングにしていること、③村田のセラミックスーパーツイーターES103Aをハイルドライバーとパラに繋いでいること、④フラットユニットの方にはインフラノイズのムジカライザーを加えていることくらいでしょうか。
クロスオーディオのお店のこと、ここでFALを取り扱っていること、このお店でFALを購入されたマニアの皆様のことなど、初めて知りました。近くの掛川が山内一豊について土佐に移住した遠いご先祖の地ですので、機会があれば掛川と磐田のクロスオーディオのお店を訪問したいと思います。

Re: FALのスピーカー

酒仙坊さん、コメントありがとうございますm(_ _)m
単身赴任中、秋葉原にはよく出かけていたのですが、少し離れていたこともあって、お店の方へは一度も行ったことがありませんでした。ネットワークのないSPとOTLアンプと言うのは、かなり現代的で、かつ魅力的なサウンドが聞けそうで、興味深いですね(^^;
σ(^^)私も、FALを扱うお店が、こんなところにあるとは、いってみるまで知りませんでした(^^;

ひとりでも多くの方に聴いていただきたいFAL

Mt.T2さんの文章を読んで「俺も聴いてみたい」という方が1人でも増えてくれたらと願っております。

追伸
『Stereo』7月号P88に、FALの話を書いています。
可能な方は、ぜひそちらもお読みください。

Re: ひとりでも多くの方に聴いていただきたいFAL

村井裕弥さん、コメントありがとうございますm(_ _)m
Stereo誌の7月号・・・今は、付録SPユニット付きの8月号が出てますので、先月号ななりますね・・・その本誌筆者が選ぶ今年のベストチョイスで、村井裕弥さんが選ばれたトップバッターを飾っているのが、今日の(2)に登場した・・・あっ!パッシブラジエター付きなんですね!(@@;・・・知りませんでした・・・訂正しときますm(_ _)m

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2252-4e8cbf02