【2159】140601 かめきち邸再訪(終)DSDとPCM・・・(^^; 

さて、AIT DACとトラポ(P-2S)の導入、パワーアンプ(SA4)のオーバーホール、ケリーツイーターの変更によって、大きくグレードアップした新生かめきち邸サウンド・・・

以前のような厳格なソースの選り好みがなくなり・・・結構懐深く、色々なソースが聞けるようになったような気が・・・(^^;

で、いただいた持ち時間をたっぷりσ(^^)私の持参CD・・・雑誌付録のマスターCDRとプレスCDや、インフラノイズさんの新技術でプレスCDを複製したCDR・・・更には、インフラノイズさんの市販のプレスCDと、その新技術で再度マスターから作り直したCDRの比較と・・・

σ(^^)私の持ちネタの違いをじっくり聞かせていただき・・・改めて、市販のプレスCDって、マスターからどらだけ劣化しているのかってのを、嫌ってほど聞いて・・・さらには、インフラノイズさんが、その劣化かから、どんな部分を回復させようとされてるのか・・・狙い所、聞かせ所は、ここだって、とても分かりやすい結果を聞かせていただいたわけで・・・

持ちネタ全部、めいっぱい楽しませていただきました・・・

で、おつぎは・・・Rayさんが、Macから・・・

【TORI AMOS】1178-03
1178-03TORI AMOS.jpg

囁き系女声ボーカルの代表選手?・・・TORI AMOSのOver The Rainbowをかけられた・・・

おお、かめきち邸では、この吐息の擦過音がとっても心地良くクッキリ出る・・・っと、さっきのσ(^^)私の持ちネタタイムからPCM44.1KHz16bitだったのを・・・

今度は、DSD256へアップサンプリングするように切替えて、もう一度再生・・・

おお!・・・全然変わった・・・ピアノの伴奏が硬く、吐息の擦過音が、PCMでは非常に粒状感があったが・・・DSDにアップサンプリングすると、非常に滑らかになり、声の使い方、力の入れ方のほんとに微妙な加減、表現のニュアンスの違いが、とても分かり易くなる感じ・・・

ちょっぴり、インフラノイズのリベラメンテシリーズを入れたときに似てる変化?・・・σ(^^)私、PCM44.1KHz16bitの時、高域の上の方で聞こえる、シュワ~っとした感じを空間への響き具合を感じさせる空気感だと思ってたんですが・・・これって、案外デジタルノイズなんですかね?・・・こうやってDSDで聞くと、そこがすっと静になるんで・・・ひょっとすると、σ(^^)私は今まで、この部分の耳に当たる刺激を好んでたんですが・・・実はノイズを好んで聞いてたのかもしれませんね・・・(^^;

っと、ノイズも味の内だよって意見も・・・そうですよね・・・でも、どちらにしても、AIT DACは、直ぐに切替えて聞けるってのがいいですよね・・・(^^;

で、Rayさんが今度は・・・DSDの5.6MHzのソースと、PCM44.1KHz16bitからDSDへのアップサンプリングした場合との聞き比べをやってみましょうかと・・・

e-onkyoからダウのロードされた、モーツアルトのバイオリンコンチェルトを再生・・・

【2Lのモーツアルトのバイオリンコンチェルト】
2159-01モーツアルトのバイオリンコンチェルト(2L)

ああ、2Lレーベルからたくさんのハイレゾフォーマットで出ているやつですね・・・DSDらしく滑らかで、バイオリンの弦の音も密度があってぎすぎすしないで、高域への抜けも、綺麗に伸びている感じで・・・

で、おつぎは、PCM44.1KHz16bitからDSDへのアップサンプリングで再生・・・

ふ~ん、印象としては、PCMのイメージが結構残ってて・・・滑らかなんだけど、少し粒状感と、粒立ちよく聞かせようって感じが残ってる・・・

で、これがPCM44.1KHz16bitをそのまま再生と・・・

っと、意外に、滑らかさは大きく減退しない・・・ちょっと音のエッジが強くなったかなと言う感じで・・・ああ、PCM44.1KHz16bitだと言うのを知って、よくよく聞けば、音数が少ないところを音を太くして滑らかに繋いでいるような感じにも聞こえる?・・・(^^;

で、おつぎは・・・石川さゆりの天城越えが・・・あれ?ちょっと違うミキシングですね?・・・と、ポニーキャニオンから出たCDのリッピングファイルだそうで・・・

全体に太く落ち着いた感じで・・・演奏がちょっと暗くて、でも歌は非常に太く濃いので、これはこれで味わえそう・・・(^^;

で、おつぎは・・・おっ、このミキシングは聞いたことあります・・・こっちは、演奏が低域もよく出てて、高域の抜けもいい感じで・・・でも歌は少し薄い気も・・・

と、これは、キングから出たCDのリッピングだそうで・・・ふ~ん(^^;

で、おつぎは、マスターからて焼きされたSS誌のCDRをリッピングしたもの・・・

ああ、これは、更にワイドレンジで・・・音の芯が強くなったような感じで・・・歌も薄い感じはしない・・・ワイドレンジで、メリハリも強く、ストレートに強い音って感じで・・・

最後に、大元のCDRを再生されると・・・ハハハ、音の強さ、鮮度、濃さ・・・全然違いますね・・・ファイル再生では、中高域をごっそり落とされてる感じが・・・これはやっぱり、AIT DACのUSB入力に改善の手を入れてやらないと・・・ちょっとこのままでは、差が大きすぎる(^^;

ってここでお茶タイムとなり、ハイレゾの話やWEの話で大盛り上がり・・・

で、このオフ会は、この後も続いたんですが・・・σ(^^)私のほうは、この後急な所用が入って、急遽実家へ戻ることになったので、これにて途中退場を・・・

ってわけで、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます・・・今回も非常にたくさんの気付きや学びを得て、ホント実り多い貴重な体験をたっぷりさせていただきました・・・

えっ?・・・実りは、自分の音に反映させないと駄目って?・・・ハハハ(滝汗

かめきちさん、ご一緒いただいた皆さん、ホントにありがとうございましたm(_ _)m

また、機会ありましたら、遊んでやってくださいませ~!(^^;

と言うことで、今回のかめきち邸再訪のお話は、これにてお終い・・・明日は?

う~ん・・・またお出かけ?・・・あ、デモですね(^^;

ってわけで・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2233-aa88944f