【2154】140601 かめきち邸再訪(3)重心が下がって実在感が・・・(^^; 

さて、約半年(7ヶ月?)ぶりのかめきち邸・・・どうやら、その間の変動は大きいようで・・・ウーファー部を受け持つOTLアンプのカウンターポイントSA4のオーバーホールの効果が大きいのか?・・・新たなトラポ(P-2S)とDAC(AIT DAC)の導入によるのか?・・・はたまたアンプのラック変更やケリーツイーターの変更によるのか?・・・

ってわけで、数曲聞かせていただいた印象では、中高域の鮮度感はそのままに・・・中低域の下支えが増して、低域の量と実体感が増し、随分重心が下がったような感じ・・・

っと、ここで話題は、Rayさんのリッピングソースのライブラリが、既に3TBにも及んでおり・・・ここまでの労力を考え、3つもバックアップを取られているとの話が・・・

いやあ、そりゃあそうでしょう・・・それにしても3TBととは・・・(@@;

で、おつぎにかけられたのは・・・オランダの Radio4と言うネットラジオから落とした物ですと・・・コンセルトヘボウで、ストラヴィンスキーの春の祭典が・・・

いやあ、何とも鮮度感の高いソース!・・・会場の咳払いや、何かを倒した音とか・・・暗騒音までが凄く生々しい!・・・

何でも、かめきちさん、この曲が生に近く再生できればシステムも完成か?と思って、来日時、おっかけまでされたとかで・・・ファゴットの感じや、金管の感じを出すのに、相当苦労されたとか・・・

いやあ、ライブ録音?だからか、圧縮音源ということが信じられないほどの透明感と鮮度感!・・・圧縮音源なのに、グランカッサもこんな低音まででるの?ってくらい驚き・・・

でも、高い方は、やっぱり、粗くなるんですよと・・・とのことだが、ホント驚き!(@@;

以前も、このソースは聞かせていただいたが、やはり、重心が下がって滑らかさも増して、アナログ的な味が・・・そう、以前拙宅で聞かせていただいたP-2Sのサウンド傾向か?・・・(^^;

じゃあ、おつぎは・・・以前RayさんがかけられたTake Fiveをと・・・

【helge lien trio LIVE】1739-02
1739-02helge lien trio LIVE

ヘルゲ・リエン・トリオのライブから、Take Fiveをかけられた・・・

いやあ、この金属のパーカッションの実在感って、凄く生々しい!・・・これは、前とは全然違いますね!・・・ドラムの低い方も凄くリアル感たっぷりな鳴り方・・・前と比べると、中低域、低域の付帯音が、透明感を保ちつつ、凄く厚く出てるので、その実体感と来たら・・・いやあ、ホント生々しい!(^^

かめきちさんからは・・・ケリーツイーターを2つから1つ+ホーンにして、不足感無しに、すっきり見通しの良い音になったとのこと・・・

いやあ、それにしても、ベースとドラムの出方は凄いなあ・・・ただ、ベースはかなり電気的に弄ってあるなあって、皆さんからも、この点にはあれこれと・・・(^^;

なるほど!・・・ホーンの形状からくるものかどうかは分かりませんが・・・普通は、劇場の真ん中で聴くように作られたシステムを、数メートルの至近距離へ聞きに来ているわけだから、これだけ細かい音が全部聞こえるんですね・・・

で、それじゃあ、ここからは、皆さんお持ちの曲をとのことで・・・

Rayさんから・・・同じベース繋がりで、このCDをと・・・

【デビッド・ゴードン・トリオ】2044-03
2044-03デビッドゴードントリオ

デビッド・ゴードン・トリオのUNDIMINISHEDから、5曲目のキャラバンを・・・

おお!・・・もともと、このCD,これでもか!ってくらい、マルチ録音&近接録音で、その立ち上がりが出難いんですが・・・いやいや凄い!・・・ここまでザリッとキレよくシャープにドバッと出て来ると、ホントリアル感が高くて、スタジオ録音の現場で聞いてるみたいな錯覚さえ覚えるほど・・・

それに、ベースやドラムの下支えとなる、低域がガッツリ出てくるようになったので、ほんと違和感なくどっしりとした実在感につながるようになった気がします・・・

それと、金属パーカッションの質感は絶品ですね!・・・JBLの味付けが、ホント気持ちよく決まってる!って感じで・・・

それにしても、トラポとDACの導入は、大正解ですね!・・・以前の、よく鳴るソースとならないソースの激しかったのからすると、全然選り好みしなくなったと言うか、美味しいところはしっかりと、粗の部分もそれなりに聞かせる・・・みたいな(^^;

普通のシステムだと、PCMからDSDにアップコンバートしたとき、少しアタックが丸くなるところが、このシステムのトランジェントが良い分、多少の差は関係無くなって、DSD変換のいいところが、大きくクローズアップされて、凄く濃く滑らかに、より自然な実体感に変わってるように聞こえるのかなあ・・・

いやいや、ホント、快感部分たっぷりで、気持ちよく楽しませてもらいました!

ってわけで、まだまだ続きますが・・・今日はここで時間切れ・・・

続きは明日へ・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2228-c977e5ed