【2129】140430 決断!AVアンプとBDPをドナドナ準備・・・(^^; 

いやあ、ホントに我が家の家計は、もう手の打ちようがないほどの氷河期・・・アリでなければ生きて行けない身なのに・・・相変わらずの分不相応なキリギリス生活・・・

そりゃあ、氷河期にもなりますわ・・・(滝汗

とは言っても・・・一度味わった密の味・・・なかなか元へは戻れません・・・(^^;

ブログを始める前のシアター遍歴なので、もうあんまり覚えていませんが・・・

今から13~4年前に始まり・・・最初はヤマハのAVアンプの入門機・・・で、息つく間もなくデノンの中高級機へ・・・

で、今度はマランツの中堅機へ・・・で、またまた程なくマランツの上位機へと・・・確かここで今の8chパワーアンプを追加・・・

で、単身赴任先で、懲りずにマランツの型落ちフラッグシップ機の中古に飛びつき・・・間もなく、その勢い余ってパイオニアのフラッグシップ機へと・・・

っと、この間およそ8年余り・・・つまり、2年と経たない内に、次々乗り換え・・・まあ、ピュアオーディオと違い、AVアンプなので、そんなに大きな追金をしたわけではありませんが・・・正気の沙汰とは思えぬ、分不相応なキリギリス生活・・・

と言うわけで・・・一度はフラッグシップ機のPioneer SC-LX90まで行った我が家のAVアンプ遍歴は、ここから衰退の一途を辿り、今は同じパイオニアの中堅機?・・・

あれ?・・・SC-LX83って、定価ベースでは半額以下だけど・・・上位機がなかったってことは、これでもフラッグシップ機?・・・こんなにスカスカでペラペラなのに?・・・(^^;

と言うのも・・・SC-LX90が故障で新品交換となり、これがきっかけで、微妙にチープな部品に変わってたことや、デジタルアンプの癖に、スタンバイ時も異様な高温となるこの機種に不満が首をもたげ・・・

この頃、一大転換を図った映像系の影響もあって・・・3D対応がしたくて堪らなくなり・・・遂には、ほぼ物々交換ってこともあってSC-LX83乗換え・・・

っと、パイオニアのフラッグシップ機に拘ったのは・・・やはりカーオーディオ時代から長年培った自動音場補正機能のMCACC・・・

年々進化を遂げ、10分余りの測定・調整で、SPの距離やサイズ、周波数特性から群遅延の位相補正、さらには定在波の補正までと・・・もの凄くいろんな点で理想的なサラウンド環境を構築してくれる・・・

っと、特に、SPの群遅延まで踏み込んだ位相補正に異様な興味を持って導入していたんですが・・・ピュアオーディオの再生クオリティーの進展もあって・・・どうしても、補正をかけると、鮮度感や情報量が落ちることへの落胆が・・・

っと、ここへ来て、毎年モデルチェンジするパイオニアのAVアンプも3世代ほど進化し・・・目玉だったicePowerも独自のDクラスアンプへ・・・そして遂にはDACチップの変更によって、かなりいい感じのクオリティーに・・・

そう、DACチップを、シーラスロジックから、ESSに変えたんです・・・で、昨年のオーディオセッションでそのサウンドを聞いて、心穏やかでいられなくなって・・・

その後、Ray邸でで聞かせていただいたAITのDACで、ES9018Dualのサウンドにノックアウト・・・以来、ES9018のサウンドに興味津々で・・・

何か、出費無しにあの、ES9018サウンドを拙宅システムに取り入れることは出来ないか?って、あの手この手を考え、悶々とする日々が・・・

で、遂に氷河期財政の中で、ひとつの結論が・・・

【AVアンプとBDPをドナドナ】
2129-01AVアンプとBDPをドナドナ

とにかく、これで何が出来るか探ってみようと・・・AVアンプとBDPをドナドナするため、ラックから撤去して、元箱へ梱包・・・

さて、今回のドナドナ準備・・・一体どんな展開へ?・・・

ってわけで、このつづきは・・・っとその前に?・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

新たな旅の始まり

「あ、これいいな」と思うと、チップがES9018だったという経験、何度もしています。

もちろんすべての搭載機をチェックすればハズレもあるのでしょうが、概して当たりかな、と。

> さて、今回のドナドナ準備・・・一体どんな展開へ?・・・

大いに期待しております。

Re: 新たな旅の始まり

村井裕弥さん、いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
消費税が上がる前に決断してればよかったんですが・・・その時はまだ、障壁がありまして・・・
それに、実はまだこの時点では結論は出ていなかったんです・・・(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2203-cbb8d136