【2121】140420 ノンノンさん来阪・Ray邸再訪(2)SACDマルチを・・・(^^; 

さて、ノンノンさんを迎えて、σ(^^)私的には1ヶ月ちょっと振りのRay邸・・・まずは、このところ一気に調整をかけられていたPCオーディオの方から聞かせていただいて・・・

大佐の合流で、総勢6名のオフ会となったわけですが・・・この人数でもたっぷり楽しめるところがRay邸の懐の深さ?・・・(^^;

【総勢6名で】
2121-01総勢6名で

っとまあ、PCオーディオでもまあまあ聞けるかなってところまでは、来たかな・・・ってRayさんが・・・

いやいや、ご謙遜・・・まあまあって程度じゃなく、十二分に楽しめますよ!(^^;

この一番の立役者は、AIT DACで、Amanero Combo384を装備され、USB入力対応にバージョンアップされたことによるみたいで・・・

っと、おつぎは、サラウンドマルチをとのことで・・・

って、オーディオオフ会で意外に再生されることが少ないと、よく言われるんですが・・・再生環境をお持ちかと言う点では、σ(^^)私の周りって意外にいらっしゃるかも?・・・ただ、ピュアとほぼ同じレベルで楽しめるとなると・・・

【ユリアフィッシャーでバッハの無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータ】
2121-02ユリアフィッシャーでバッハの無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータ

おっ、やはり、機器の配置換えは、結構イメージの違いに繋がっているかも?・・・

高SNで中高域の伸びの方向へ徐々に変化し、クラシックも結構楽しめるようになって来たと仰っていた新生Ray邸サウンド・・・今回の配置換えは、ひょとするとより一層、クラシック向けのチューニングにされたのかな?・・・それともサラウンドマルチだからか?・・・(^^;

バイオリンのソロですが、弦の鳴りっぷり・・・特に低目の方の安定感が増して、豊かで優しくどっしりしたイメージが強くなったような気が・・・もちろん、マルチなので、響きに心地よく包まれるんですが・・・ステージセンターに立っての演奏の感じは、2chより強い感じで・・・フロント中心のサラウンドならではの、センターの存在感と、奥行き方向への展開の織り成すステージの立体感・・・

やはり、サラウンドマルチには、これぐらいのSPとの距離、とエアボリュームがないと・・・あ、あと天井高も大切かな?・・・この響きの上方への抜けというか広がりは、何ともここ地いいですもんね・・・

でも、ホントは、そんなに広くない空間でも、そんなに大きなシステムでなくても、あたかも大きな空間、大きなステージを感じられるようなサウンドが・・・その雰囲気だけは比較的容易に実現できるってのが、サラウンドのいいとこだと思ってるんですが・・・

こうも圧倒的な再生を目の当たり(耳当たり?)にしてしまうと・・・狭い部屋でチマチマやってる身には、あまりに道のり長さ険しさを痛感してしまって・・・(^^;

っと、ここで、ノンノンさんご持参のSACDマルチのソースをと言うことで・・・

【タベア・ツィマーマンでヴィオラとピアノのためのソナタ集】
2121-03タベア・ツィマーマンでヴィオラとピアノのためのソナタ集

ノンノンさんの愛聴盤の1つで、タベア・ツィマーマンでヴィオラとピアノのためのソナタ集から、1曲目を再生・・・

うわあ、音の胴体の安定感が凄い・・・そうか、やっぱりヴィオラだもんなあ・・・うっ、このピアノの低弦の響き・・・しっかりした床と、ピアノって言う重量級の楽器からの音なんだから、これの感じがあって当然!・・・

なるほどなあ・・・だから、うちは腰高で不安定なんだ・・・あ、ってことは、うちはきっとチェロもコントラバスも駄目てこと?・・・なるほどなあ・・・トホホ(;_;

って、家の話は置いといて・・・このピアノの豊かでどっしりした安定感と、ふわっと優しく包む響き・・・やはり、今回の機器の配置換えの狙いはこういうところに?・・・

で、曲が終わって、ノンノンさんからは・・・ハイ、素晴らしいです・・・いやあいいですねえ、うちで聞いてるのとは、スケール感が違いますねと・・・

っと、おつぎは、ヤンソンス指揮コンセルトヘボウ管で・・・11曲目からのラヴェル:ラ・ヴァルスを再生・・・

【ヤンソンス指揮コンセルトヘボウ管で】
2121-04ヤンソンス指揮コンセルトヘボウ管で

うわっ・・・凄い難しそうな低音・・・コントラバスやグランカッサの下から湧き上がる低域・・・うごめくような低音楽器と柔らかに流れるバイオリン、合間の優しく暖かな木管・・・グランカッサの迫力と盛り上がりが凄いですね・・・

っと、ノンノンんさんが・・・このディスクは、鳴らすのが難しくて・・・低音のもやもやっとしたとこを如何に上手く鳴らすかなんですが・・・素晴らしい・・・

じゃ、つぎは、バロックで・・・っと、残念、中途半端ですが、今日はここで時間切れ・・・

ってわけで、つづきは明日・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2194-ce4518b0