【2026】140126 DUSSUN X-1200にファインメットシートを・・・(^^; 

さて、そうてん邸で感じたSN感の良さ・・・集合住宅ってのは同じで、電源関係の梃入れ度合いは?って見て見ると・・・

そうてん邸が、タップやケーブル(クオリティーへの拘りはかなり高い)に加えて、仮想アースなどのコンセントに差し込む系統のアイテムを使われてた・・・

一方、拙宅は、200V⇒100Vのステップダウントランスだの、クリーン電源だの・・・まあ、梃入れ度合いとしては、手厚いと思われる・・・

にもかかわらず、情けない音なのは?・・・

感覚的に思うのは・・・使用アイテムに自作品などのクオリティーの低い?アイテムが混じってるのと・・・部屋にあれこれ雑多な物が溢れてるってのもあるかな?・・・

でも、それ以上に機材のクオリティが低いってことなんじゃないかな?・・・ってか、BMCのDACプリやパワーアンプが、かなり優秀ってのが一番大きい気がする・・・(^^;

つまり、SN感って点では、拙宅機材の根本的なポテンシャルが足りてないってことなんでしょうねえ・・・まあ、勿論、アンプの性能面でのSN比とかって話ではなくて、聴感上のSN感ってことだとは思うんですけどね・・・(^^;

で、それに加えて、同じ観点で機材のセッティングやアイテムの使いこなしをしてないことがその差を更に広げていると・・・(^^;

っと、思ってはいるんですが・・・ポリシーのない、興味本位のお試し実験大好きなσ(^^)私の性懲りも無い性格ゆえ・・・

本日のお題は、更に本末転倒?・・・蛇足のように無駄な話・・・

だって、電源系のノイズ除去が役目のクリーン電源・・・DUSSUN X-1200に、これまたノイズ除去のための素材・・・ファインメットシートを使ってみようと言うわけですから・・・(汗

ってわけで・・・施工してみました・・・

【クリーン電源内は2系統】1614-02
1614-02後は4口×2系統

えっと、DUSSUN X-1200は、2口×2系統(画像の縦2個が同じ系統)のコンセントを持ってまして・・・現状は、プリアンプ(CU80)とプレーヤー(UX-1)をそれぞれ別系統に接続してます・・・

で、今回の実験では・・・ファインメットシートの効果を聞き比べたいってことで・・・

【片系にファインメットシートを巻く】
2026-01片系にファインメットシートを巻く

1cm幅、20cm長ほどのテープ状にしたファインメットシートを、2系統の内の片方の系に巻いて見ましたが・・・上のコンセントは、したのコンセントの前にも巻いてるので、2段巻いていることになりますね・・・(^^;

ってわけで、まずは、ファインメットシート未施工の系統の下の方の2口コンセントに、プリ(CU80)が下、プレーヤー(UX-1)が上と、両方を繋いで、試聴曲を聞いて・・・

ちなみに、聞いたのは、レイチャールズのラストアルバムGenius Loves CompanyのSACDから、5曲目のナタリーコールデュエットで、Feverを・・・

でもって、比較のためファインメットシート2段巻きとなる、施工済み系統の上段のコンセントに、同じくプリ(CU80)が下、プレーヤー(UX-1)が上で接続して、試聴曲を再生・・・

おお!・・・冒頭、ベースの旋律はあまり変わらないけど、意外にも指ぱっちんが浮き上がり、ドラムが締まって音圧が少しアップ・・・ボーカルも少し澄んだ感じ・・・

SN感がアップして、少し音が立つ・・・サ行など空気の擦過音が少し強くなるからか、全体がハッキリする・・・低域もアタックがハッキリするんで少ししまった感じに聞こえる・・・だけど、弾力感と言うか、太さは、ノーマルの方がいいかな?・・・悩ましい(^^;

じゃ、念のため、もう一度ノーマルに戻して聞いて見ると・・・

う~ん・・・ボーカルや指ぱっちんは澄んでたのが、少し抜けが落ちる・・・ドラムは緩くなるからなのか?ノーマルの方が、勢い?エネルギー感と太さを感じる・・・

じゃあ、おつぎは、ファインメットシート1段巻きのコンセントに繋いで試聴・・・

お!・・・いいとこ取り?・・・いや、勢いはこっちの方がいいんじゃない?・・・透明感、締まりと立ち上がりもあって・・・って、実際は鼻くそレベルの違いですけどね(^^;

じゃおつぎは・・・ノイズの多そうなプレーヤー(UX-1)を、ファインメットシート2段巻きの方に、プリ(CU80)をファインメット無しのコンセントで試聴・・・

およ?、凄く大人しい・・・澄んで、締まるけど・・・勢いもゴッソリ無い・・・(^^;

じゃ、いっそのこと、逆を・・・プレーヤー(UX-1)をファインメット無し、プリ(CU80)をファインメット2段巻きで、試聴・・・

うん、これが一番よさげ?・・・勢いも弾力感もあるし・・・声も立つし・・・低域も高域もそれぞれ澄んで、締まった感じ・・・

拙宅の音の出方としては、この手の曲には、一番心地良い音の出方に感じられる・・・(^^;

ってわけで、この接続で、しばらく聞いてみることにしましょう・・・って、プラシーボ全開?予定調和的な話ですが・・・適量を適所に使えば効果ありってことで・・・

ま、ファインメットシートは、またいずれデジタル系?PCオデオ系ででも使うことにして・・・一旦これにて終了・・・

で、明日は・・・また、SPLに戻しての確認を・・・え?また?・・・ハハハ(^^;

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mtt2.blog60.fc2.com/tb.php/2098-9db6b1f3